ネレトバの戦い (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ネレトバの戦い
Bitka na Neretvi
監督 ヴェリコ・ブライーチ
脚本 ステバン・ブライーチ
ヴェリコ・ブライーチ
ラトコ・デュロヴィッチ
ウーゴ・ピロ
製作 スティーヴ・プレヴィン
製作総指揮 アンソニー・B・アンガー
ヘンリー・T・ウェインステイン
出演者 セルゲイ・ボンダルチュク
ユル・ブリンナー
アンソニー・ドーソン
シルヴァ・コシナ
フランコ・ネロ
オーソン・ウェルズ
音楽 バーナード・ハーマン
ヴラディミル・クラウス=ライテリッチ
撮影 トミスラヴ・ピンター
編集 ヴォイスラヴ・ビェニャス
ロベルト・ペルピニャーニ
製作会社 ユナイテッド・ユーゴスラヴィア・プロデューサーズ
アイヒベルク・フィルム
イゴール・フィルム 他
配給 イタリアの旗 International Film Company (IFC)
西ドイツの旗 Columbia Film-Verleih
日本の旗 日本ヘラルド映画
公開 ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗 1969年10月7日
日本の旗 1969年12月20日
上映時間 175分
製作国 ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗 ユーゴスラビア
イタリアの旗 イタリア
西ドイツの旗 西ドイツ
言語 セルビア・クロアチア語
英語
イタリア語
ドイツ語
製作費 $71,015,000[1]
テンプレートを表示
ネレトヴァ川にかかる橋

ネレトバの戦い(ネレトバのたたかい、セルビア・クロアチア語Bitka na Neretvi、英:The Battle of Neretva)は1969年ユーゴスラビア戦争映画。脚本はステバン・ブライーチとヴェリコ・ブライーチ、監督はヴェリコ・ブライーチ。第二次世界大戦に実際に行われた戦闘「ネレトヴァの戦い」に基づいている。アカデミー外国語映画賞にノミネートされた。

戦闘[編集]

ネレトヴァの戦いは、1943年、ユーゴスラビアのパルチザンに対してドイツイタリアクロアチアの枢軸側が合同で行った戦略的な掃討計画に基づく作戦の中で起きた。これは第4次攻勢としても知られ、現ボスニア・ヘルツェゴビナネレトヴァ川流域で戦われた。

この戦いでパルチザン部隊は圧倒的多数の枢軸軍を出しぬいて壊滅を免れ、最終的な勝利への道を開いた。

ストーリー[編集]

1943年、枢軸軍は合同でユーゴスラビアのパルチザンを根絶する作戦を企てた。ドイツ軍、イタリア軍、クロアチア独立国(ウスタシャ)軍と、セルビア王党派(チェトニック)からなる15万の軍隊は、避難民を加えて総勢約3万人のパルチザンをネレトヴァ川西岸の谷間に追い詰めた。

圧倒的に劣勢のパルチザンは、負傷者・病人もすべて連れていく、というチトー元帥の方針のもと、多数の負傷者をかかえた野戦病院を伴っていた。それは、彼らが敵の手にかかるとすべて処刑されてしまうからである。しかしその病院にもチフスが発生するなど、状況は絶望的だった。

枢軸側はパルチザンをネレトヴァ川の両岸から攻撃する態勢を取っていたが、パルチザンは自ら東岸に渡る橋を爆破してしまう。これを、西岸の敵への自殺攻撃の前兆と判断した枢軸側は兵力を集中すべく大規模な配置換えを開始した。しかしそれはパルチザンの計略だった。彼らはいったん破壊した橋に仮橋を架け、手薄になった東岸に一気に渡った。ドイツ空軍による爆撃も狭隘な谷間には効果がなかった。こうしてパルチザンは苦境を脱したのだった。

キャスト[編集]

トリビア[編集]

  • ヴラド役のユル・ブリンナーとチェトニク評議員役のオーソン・ウェルズは1985年10月10日、同じ日に死亡した。
  • この映画の英語版のためのポスターの1枚はパブロ・ピカソが制作した。

DVD[編集]

過去、1973年4月2日.9日、TBS月曜ロードショー」で前後編テレビ初放送されたが、日本では長らくDVD化されてこなかった。

2010年イギリスのArrow Films社から、"The Battle of Neretva"として、英語字幕版のDVDがに発売され、日本からはAmazon.co.ukなどを通して入手が可能である。なお、イギリスのDVDリージョンコードは日本と同じであるが、テレビはPAL方式であるため、NTSC変換機能のあるプレイヤーを使わない限り、本作のDVDは、日本ではPC上でしか再生できない。

2013年7月26日、株式会社アネックより日本語字幕の付いたDVDが、デジタルリマスター版(144分)とインターナショナル版(105分)の2枚組セットで発売された[2]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]