バニシングin60″

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バニシングin60″
Gone in 60 Seconds
監督 H・B・ハリッキー
脚本 H・B・ハリッキー
製作 H・B・ハリッキー
出演者 H・B・ハリッキー マリオン・プシア
音楽 ロナルド・ハリッキー
フィリップ・カチャトリアン
エブ・ジャンセン
撮影 スコット・ロイド=ディヴィス
ジャック・ヴァセック
編集 ワーナー・E・レイトン
P・J・ウェッブ
配給 H・B・ハリッキー・ジャンクヤード・アンド・マーチャンタイル・カンパニー
公開 アメリカ合衆国の旗 1974年10月28日
日本の旗 1975年6月
上映時間 98分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 $1,000,000 アメリカ合衆国の旗
テンプレートを表示

バニシング in 60』(Gone in 60 Seconds)は、1974年に公開されたアメリカ合衆国カーアクション映画H・B・ハリッキー製作、監督、脚本、主演、スタント。どんな車でも60秒で盗む(原題)という車の窃盗団を題材にしている。

ちなみに「ばにしんぐ・いん・ろくじゅう」が正しい読み方。現在はリメイク版(後述)にならって「ばにしんぐ・いん・しくすてぃ・せかんず」と読まれることが多い。

原題の「Gone in 60 Seconds」は「60秒有ればあなたの車は走り去っている」つまり盗まれていると云う意味。カーチェイスの派手さを誇示するように、当時のキャッチコピーは「“ぶっ壊した車93台”」であった。

ストーリー[編集]

主人公・メインドリアン・ペイスは元カーレーサーで、今は交通事故や車両窃盗を取り扱っている保険会社の属託調査員であるがそれは表の顔。本業は依頼を受けて目的の車を非合法に入手する、つまり窃盗によって取りそろえる窃盗団のボス。ただし、盗難保険に入ってるクルマしか狙わないというポリシーをもっている。

ある日某国のディーラーから高価で希少な車の手配を頼まれる。対象のクルマにそれぞれ女性の名前を付けてその依頼を着々とこなしていくが、黄色のフォード・マスタング・マックワン『エレノア』にだけは何故か手こずっていた。そんなある時、ルールをめぐって諍いのあった仲間の密告に遭い、警察に待ち伏せされて追われる羽目になる。ペイスは最後の一台『エレノア』を駆ってロサンゼルスを舞台に一大カーチェイスを展開する。

作品について[編集]

  • 上映時間の半分を割いた約40分にわたる前代未聞のカーチェイスは語りぐさとなっている。製作から30年以上を経ても、このロングカーチェイスの記録は破られていない。
  • 作品中のテロップでは主役は“ELEANOR(エレナ エレノア又はエレナーとの記載もあり)”とだけ記されている。これは主役はあくまで「車」なのだ、というハリッキーのメッセージである。
  • カーチェイスは、ロケーションも含めて、ドキュメンタリータッチで撮影されており、主人公の車が通過後の被害処理にあたる警察やヤジ馬などの描写など、独特の雰囲気をもっている。
  • ペイスの車がハイウェイから強引に出ようとする際、後続車と接触しスピンしながら鉄柱に激突するシーンが出てくるが、これはアクシデントによる実際の事故ショット。ハリッキーは負傷しながらも、カメラマンに「おい、ちゃんと撮ったか?」と聞いたというエピソードは有名。
  • スタントマン出身のハリッキーが自らハンドルを握る、カーアクション映画のカリスマ的作品である。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹き替え
VHSDVD 日本テレビ
メインドリアン・ペイス H・B・ハリッキー 家中宏 中尾彬
パンプキン マリオン・ブシア 園田恵子 北島マヤ
ユージーン ジェリー・ドージラーダ 宗矢樹頼 津嘉山正種
スターシュ ジェームズ・マッキンタイア 木下浩之 東富士郎
アトリー・ジャクソン ジョージ・コール 水内清光 亀井三郎
コーリス ロナルド・ハリッキー 津久井教生 秋元羊介
ジョー マルコス・コシコス
ペイスの乗る黄色い車 マスタング「ELEANOR」
  • VHS・DVD版
その他の声の出演:杉本ゆう桜澤凛石住昭彦滝沢久美子金子由之西前忠久遠藤純一樫井笙人斉藤瑞樹北斗誓一児玉孝子
  • 日本テレビ版 - 初回放送:1977年9月14日 日本テレビ「水曜ロードショー/スーパーカー、パトカー93台大激突!バニシング IN 60”~ムスタング、マセラーティ、フェラーリ、ロータス、ランボルギーニほか総登場」
その他の声の出演:新井和夫浅井淑子高橋ひろ子北川智繪仁内建之峰恵研、ほか
演出:福永莞爾、翻訳:榎あきら、調整:栗林秀年、効果:PAG、監修:切誉徹、解説:水野晴郎、制作:日本テレビグロービジョン

続編[編集]

監督第2作『ジャンクマン』ののち、冒頭のカーアクションシーンや未使用カットなどを使用した『バニシングin60 デッドライン』(原題:デッドラインオートシフト)」を製作。日本国内では未公開だが『デッドライン』の題でビデオ販売された。内容としては、本編冒頭に『ジャンクマン』の冒頭カーチェイスシーンを付け加え、追跡する警察側のシーンを増やした他はストーリーラインもほぼ『バニシングin60』そのものである。

ちなみに『ジャンクマン』は、『バニシングin60』(とおぼしき作品)を撮影した監督がトラブルに巻き込まれる、という内容となっている。もちろん、創作ではあるものの、ハリッキー自身のオフィス、カーコレクション、プライベートショットが満載の半自伝的内容となっている。

正式の続編『バニシングin60 PART2』は1989年より製作が開始されたが、撮影中のスタントでの事故によりハリッキー本人が不慮の死をとげてしまい、作品自体は未完となってしまった。 フィルムの一部は公式サイト上で見られる他、現在でもDVDで観られる(日本でも2008,11、DVDーBOXとして発売される)。

1978年4月22日公開、松竹富士配給『新バニシングin60 スピードトラップ』という邦題の作品がある(1980年6月18日、日本テレビ「水曜ロードショー」TV放映、ビデオ化もあり)が、日本の配給会社がヒットに便乗してつけたタイトルで続編ではなく、泥棒が出てくること以外ストーリー、製作スタッフに関連性はまったくない。

リメイク[編集]

2000年ニコラス・ケイジ主演で『60セカンズ』としてリメイクされた。両作の顕著な相違点として、後者には暴力的な組織犯罪が色濃く絡むのに対して、前者にはそのような毛色はない。また『60セカンズ』では発達したVFXを利用し、アクションシーンの一部にCGが使われている。
短期間で大量の車を盗む窃盗団、盗んだ車で包囲網を突破すること以外、ストーリーは全く別物。期待と不安半分だった「バニシング」ファンの失望と批判を呼んだと言う。

オリジナルとリメイクの相違点[編集]

  • 物語開始時点での主人公の立場
前者は現役の自動車泥棒だが、後者では既に引退して伝説の存在になっている。
  • 犯行の動機
前者は飽くまで自分の窃盗稼業として行っていた。後者では犯罪組織のボスに脅され、窃盗団を率いる弟を助ける為に嫌々ながらもビジネスを再開した。
  • 最後の仕事に臨む主人公の対応
カツラや付け髭で変装し、さらに別に偽造ナンバーも携帯していた。後者はとくにそのような対処はしていない。
  • 警察の扱い
前者では、主人公がロングビーチから高速道路に入って別の町へ逃げるのに応じて、各地域を管轄する警察が次々に追跡に参加する。マスタングが盗まれた場所を管轄するロングビーチ市警察が最初に追跡を開始し、高速道路に入ればカリフォルニア・ハイウェイパトロール(加州警察)が、高速道路を降りた先でロサンゼルス郡保安官が加わっていく。また各警察の通信指令の様子やヘリの出動場面も描かれている。後者ではロス市警の刑事を中心に追跡を描き、モブキャラとしてのパトカーが増えていくだけで、特に追跡する側を細かく描くことはしていない。
  • 事故の扱い
前者では主人公の逃亡に伴い様々な事故が発生し、その様子も描かれている。事故で負傷した人々、壊れた一般車両、被害者を救助しようとする消防や警察、追跡現場に居合わせた人々をマスコミが取材する様子など。後者でも付随被害は発生しているが、それを主人公とは別の視点で見る描写はない。
  • 最後に盗まれるムスタング
前者は黄色の2代目ムスタングだが、後者はシルバーのシェルビー・GT500である。
  • ムスタングの扱い
前者では逃走中の事故で壊れたために、洗車場で同型・同色のムスタングを盗み出している。後者では壊れながらもそのまま最後まで乗り続ける。
  • 主人公の逃げ方
前者は上記のような方法で車を乗り換え、さらに洗車場のオーナーが窃盗犯と間違われて誤認逮捕された事も功を奏し、主人公は堂々と警察の検問を通過して逃亡した。後者では、ボスが定めた期限を守れなかった為に主人公はギャングに殺されそうになるものの、仲間が助けにやってきて九死に一生を得る。解放された主人公はボスの事務所へ殴りこみ、二人の戦闘が始まる。格闘で戦う主人公に対しボスは銃を取り出したために不利になるが、そこに主人公を追う刑事が現れ、ある意味において協力してボスを倒す。刑事は捜査によって事件の背景を知ったことから、主人公を見逃してやる。主人公もその礼として、盗まれた49台が隠されている場所を教えた。
  • 刑事と主人公の関係
前者では単に追う側と追われる側である。後者では刑事は主人公の逮捕に執念を持ち、主人公も刑事を警戒しているものの、互いに相手の能力を認め合っている。アニメ版ルパン三世における、ルパンと銭型警部のようなもの。
  • 主人公が逃げた後
前者では現役の泥棒なので、逃げて終わりである。後者は元々自動車窃盗から足を洗っていたために堅気に戻り、弟の一味も自動車窃盗からは足を洗うという、更生ハッピーエンドになっている。

クエンティン・タランティーノ監督作品『デス・プルーフ』では、黄色いムスタングや、劇中登場人物のセリフに、リメイク版ではなくオリジナルを支持する内容のものがでてくるなど、本作へのリスペクトが見られる。

ソフト[編集]

『60セカンズ』公開に合わせて、ビデオ、DVDが発売されたが、著作権の関係から音楽を全面的に差し替え、エンディングをカット(代わりにハリッキー夫人が劇中で使用されたマスタングの助手席に同乗して走行するメモリアルシーンを挿入)した、ファンからすれば改悪版ともいえる内容となっている。

ちなみに日本でもハリッキー作品が全作DVDとしてリリースされたが、同様にハリッキーファンへのメッセージクレジットの挿入、音楽差し替え版となっている(パッケージ表記はオリジナル版表記に準拠してある)ので要注意)。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]