黄昏のチャイナタウン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
黄昏のチャイナタウン
The Two Jakes
監督 ジャック・ニコルソン
脚本 ロバート・タウン
製作 ロバート・エヴァンス
ハロルド・シュナイダー
ジャック・ニコルソン
出演者 ジャック・ニコルソン
ハーヴェイ・カイテル
音楽 ヴァン・ダイク・パークス
撮影 ヴィルモス・スィグモンド
編集 アン・グールソード
製作会社 パラマウント映画
配給 アメリカ合衆国の旗 パラマウント映画
日本の旗 UIP
公開 アメリカ合衆国の旗 1990年8月10日
日本の旗 1991年6月28日
上映時間 137分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $19,000,000[1]
興行収入 アメリカ合衆国の旗カナダの旗$10,005,969[2]
前作 チャイナタウン
テンプレートを表示

黄昏のチャイナタウン』(たそがれのチャイナタウン 原題:The Two Jakes)は、1990年アメリカ合衆国サスペンス映画

映画『チャイナタウン』の続編で、前作に引き続いて主演のジャック・ニコルソンが監督も兼任している。

ストーリー[編集]

1948年ロサンゼルス私立探偵のジェイク・ギテスは建設会社の経営者ジェイク・バーマンから妻キティの浮気調査を依頼される。

ジェイクはモーテルでキティの浮気の様子を盗聴して探っていたが、そこへバーマンが乱入、相手の男を有無を言わせず射殺してしまう。しかもその被害者は何と、バーマンの会社の共同経営者であるボディーンだった。

ところが、使用された拳銃はボディーンのものだったことなどから、バーマンは不起訴処分になる。だが、これに納得のいかないボディーンの妻リリアンは、バーマンとジェイクを訴えると息巻く。

それを避けるため調査を続けたジェイクは、ロサンゼルス最大の石油会社ローリー社に行き当たる。また浮気現場で盗聴していたテープには、かつての案件で出会った女性イヴリンの名とその娘のことが語られていた。

ジェイクは今回の依頼の背後に何か巨大な策謀を感じ取り、ローリー社の社長アールに接近、意外な事実を知る。

キャスト[編集]

その他の吹替:秋元羊介城山知馨夫大木民夫麦人

参考文献[編集]

外部リンク[編集]