マニトウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マニトウ
The Manitou
監督 ウィリアム・ガードラー
脚本 ジョン・セダー
トーマス・ポープ
ウィリアム・ガードラー
原作 グレアム・マスタートン
製作 ウィリアム・ガードラー
製作総指揮 メルヴィン・G・ゴーディ
デヴィッド・シェルダン
出演者 トニー・カーティス
スーザン・ストラスバーグ
音楽 ラロ・シフリン
撮影 ミシェル・ユーゴー
編集 バブ・アスマン
配給 日本の旗 日本ヘラルド映画
公開 アメリカ合衆国の旗 1978年4月28日
日本の旗 1978年4月15日
上映時間 103分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $3,000,000[1]
テンプレートを表示

マニトウ』(原題: The Manitou)は、1978年制作のアメリカ合衆国オカルトホラー映画

概要[編集]

インディアンに伝わる悪霊をモチーフにしたグレアム・マスタートンの小説を原作に、リチャード・エドランドによる特殊効果特殊メイクを駆使して描いたホラー映画。

1970年代、『エクソシスト』が大ヒットした影響で、悪魔払いを描いたオカルト映画がいくつも製作された。この作品もその一つだが、一神教ではなく多神教アニミズムシャーマニズムを素材としているうえ、後半部分はSF映画的な展開となる個性的な作風であった。しかし、あまりにも奇想天外なストーリーのため、「『エクソシスト』のような話だがクライマックスは『スター・ウォーズ』だ」と失笑されるなどした。ただし、B級映画ファンにはカルト的人気を誇っている。

監督のウィリアム・ガードラー1978年1月21日フィリピンで次回作のロケハンヘリコプターで行っている最中に墜落死し、これが遺作となった。まだ30歳の若さだった。

あらすじ[編集]

サンフランシスコのある病院にカレンという女性が入院してくる。首の後ろに出来た腫瘍が時々動くという不思議な現象が起こるというのである。医師は外科手術でこの腫瘍を切除しようとするが、見えざる不思議な力によって妨げられる。

カレンの元恋人で心霊研究家のハリーは、祈祷師や専門家の協力を得て調査した結果、この腫瘍は400年前のインディアンの祈祷師の霊であり、対話は同じインディアンの祈祷師にしか出来ないという事が分かる。

ハリーが何とか説得して連れて来たインディアンの祈祷師ジョンにより、その霊はインディアンに伝わる悪霊の中でも最恐の悪霊“ミスカマカス”である事が判明する。

ハリーとジョンはインディアンに伝わる精霊マニトウ”の力を総結集させて、ミスカマカスとの対決に挑む。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ハリー・アースキン トニー・カーティス 筈見純
カレン・タンディ スーザン・ストラスバーグ 浅井淑子
ジャック・ヒューズ医師 ジョン・セダー 仁内建之
アメリア・クルーソー ステラ・スティーヴンス 藤夏子
カーマン アン・サザーン 近藤多佳子
スノー教授 バージェス・メレディス 松村彦次郎
ジョン・シンギング・ロック マイケル・アンサラ 千葉耕市
マッケヴォイ ポール・マンティー 木原抄二郎

その他、堀越節子有馬瑞子片岡富枝秋元羊介藤本譲小島敏彦

日本語吹替:初回放送1979年8月8日 日本テレビ水曜ロードショー/マニトウ ~怪奇!首に胎児が・・・・彼女は最強悪魔の権化を生んでしまった!!」※スティングレイ発売のDVDに収録

トリビア[編集]

  • 映画の最後に、「1969年東京の15歳の少年の胸に腫瘍が発生。腫瘍は膨張し、鮮明ではないが、明らかに人間の胎児であった。」というテロップが出る(もちろん、事実ではない)。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]