誇り高き戦場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
誇り高き戦場
Counterpoint
監督 ラルフ・ネルソン
脚本 ジェームズ・リー
ジョエル・オリアンスキー
原作 アラン・シリトー
製作 リチャード・バーグ
出演者 チャールトン・ヘストン
マクシミリアン・シェル
音楽 ブロニスラウ・ケイパー
撮影 ラッセル・メティ
編集 ハワード・エプスタイン
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ
公開 日本の旗 1968年1月13日[1]
アメリカ合衆国の旗 1968年3月13日[2]
上映時間 107分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
ドイツ語
テンプレートを表示

誇り高き戦場』(ほこりたかきせんじょう、Counterpoint)は、1967年公開のアメリカ合衆国戦争映画

ストーリーはアラン・シリトーの小説『誇り高き戦場』(The General)を原作としている。

ストーリー[編集]

第二次世界大戦が終結する直前の1944年12月、名指揮者ライオネル・エヴァンス率いる交響楽団は、米軍慰問協会(United Service Organizations)主催のコンサートのためにベルギーに向かった。

しかし、演奏中にドイツ軍が反撃をはじめ楽団は移動を余儀なくされる。だが、移動中に楽団員が乗るバスがドイツ軍に攻撃され囲まれてしまい、楽団はドイツ軍の指令本部に連れて行かれた。そこで、処刑が趣味であるアーント大佐によって処刑されそうになるが、司令官であるシラー将軍により阻止される。シラー将軍は、エヴァンスに兵士の士気を高めるために演奏するように頼むがエヴァンスは拒否し、楽団は地下に監禁される。楽団員は、演奏を拒み続けるエヴァンス抜きでリハーサルをはじめ、コンサートマスターであるヴィクター・ライスが代わりに指揮した。そこに将軍が来て、エヴァンスの指揮でないと意味はないと言い捨てる。ヴィクターの妻であるアナベルがエヴァンスを呼び戻し、エヴァンスはリハーサルの指揮をすることにした。彼は、楽団員とともに計画を立て脱出しようとしたが、計画は失敗してしまう。

翌日、エヴァンスは時間稼ぎのため、シラー将軍にコンサートで演奏することを受け入れ、その日の夜、楽団は演奏を始めた。演奏が終わると、楽団員はアーント大佐によって墓の前に立たされ、処刑される直前にパルチザンが駆けつけ、処刑を免れた。そして、楽団員はバスに乗り脱出に成功したが、エヴァンスは残りアーント大佐と対決する。そこに、シラー将軍が現れ大佐を射殺する。ドイツ軍は去り、エヴァンスら楽団員は生還した。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
新TBS版 フジテレビ版 旧TBS版
ライオネル・エヴァンス チャールトン・ヘストン 納谷悟朗
シラー将軍 マクシミリアン・シェル 西沢利明 瑳川哲朗
アナベル・ライス キャスリン・ヘイズ 弥永和子 鈴木弘子 谷育子
ヴィクター・ライス レスリー・ニールセン 村越伊知郎 中村正 中田浩二
アーント大佐 アントン・ディフリング 仁内達之 戸浦六宏 千葉耕市
ロング中尉 リンデン・チャイルズ 屋良有作 伊武雅之 青野武
キャロウェイ軍曹 ピーター・マスターソン 仲木隆司
クリンガーマン大尉 カート・ローウェンズ 平林尚三 中田浩二 北村弘一
ジョーダン グレゴリー・モートン 糸博 大木民夫 野本礼三

スタッフ[編集]

  • 監督:ラルフ・ネルソン
  • 製作:リチャード・バーグ
  • 脚本:ジェームズ・リー、ジョエル・オリアンスキー
  • 原作:アラン・シリトー
  • 撮影:ラッセル・メティ
  • 音楽:ブロニスラウ・ケイパー
  • 美術:カール・アンダーソン、アレクサンダー・ ゴリツィン
  • 編集:ハワード・エプスタイン

脚注[編集]

  1. ^ 誇り高き戦場”. キネマ旬報社. 2012年1月10日閲覧。
  2. ^ Release dates for Counterpoint”. IMDb. 2012年1月10日閲覧。

外部リンク[編集]