星空の用心棒

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
星空の用心棒
I lunghi giorni della vendetta/ Long Days of Vengeance
監督 スタン・ヴァンス
(フロレスタノ・ヴァンチーニ)
脚本 フェルナンド・ディ・レオ
アウグスト・カミニート
原作 アレクサンドル・デュマ・ペール
モンテ・クリスト伯」より
マーナヘン・ベラスコ(原案)
製作 ルチアーノ・エルコリ
出演者 ジュリアーノ・ジェンマ
音楽 アルマンド・トロヴァヨーリ
撮影 フランシスコ・マリン
配給 東和
公開 イタリアの旗 1967年2月23日
日本の旗 1968年10月5日
上映時間 102分
123分(イタリア版)
製作国 イタリアの旗 イタリア
スペインの旗 スペイン
言語 イタリア語
テンプレートを表示

星空の用心棒』(ほしぞらのようじんぼう、原題:: I lunghi giorni della vendetta / : Long Days of Vengeance)は、1967年制作のマカロニ・ウェスタンジュリアーノ・ジェンマ主演。

アレクサンドル・デュマ・ペールの小説『モンテ・クリスト伯』を西部劇化した作品[1]

あらすじ[編集]

テッド・バーネットは策略によって無実の罪をさせられ、30年の強制労働を宣言されていた。テキサスの山奥の牢獄から脱獄する。自分を牢獄に送りこんだチャールスタウンの大地主コッブ、部下のゴメス、保安官のダグラス、その妻ドリーに復讐する一念だった。ゴメスは手下にテッドを殺させようとしたが、逆襲される。ゴメスの家を訪ね、真犯人を聞き出し、抵抗したゴメスを射殺。チャールスタウンに向かう途中、イカサマ師とその娘ダルシーを苦境から救い、馬車に乗せてもらう。町でコッブが鉄道を利用し、武器の密売をしようとしているのを聞き、列車を横取りする。夜、テッドはダグラスの家に押し入り、ダグラスがテッドの父親を殺したと吐かせて射殺。コッブは武器の取引をするためメキシコ人を待ち合わせたが、到着した列車の中はカラッポ。テッドの仕業であることを感知したコッブは、怒るメキシコ人をなだめ、引きあげた。その直後にテッドが現われ、隠した武器を餌にメキシコ人たちのコッブに対する憎しみを煽りたてようとする。が失敗、逆にテッドは殴られ、ダルシーたちに助けられる。ケガが治ったテッドは町の判事のもとに行き、コッブの罪状を告げ、判事の正義感に訴え、無実を証明しようとする。判事は証拠をつかむことはできず逆にテッドの有罪を信じてしまう。翌日、テッドは絞首刑に。間一髪で、判事が到着。彼はテッドの無実を証明すると同時にコッブの罪状を暴露した。コッブは、拳銃を乱射。その弾にあたってドリーが倒れ、判事は傷つき、ダルシーが人質に。息づまるような銃撃戦。二人の対決の時がきたが、テッドの銃には一発の弾も残っていない。ゆっくりとコッブが近づいた時、テッドの右手が宙を切った。うめき声をあげてたおれるコッブの喉にダグラスがつけていた保安官の星形バッチが刺さっていた。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
NET TBS フジテレビ
テッド・バーネット ジュリアーノ・ジェンマ 野沢那智 柴田侊彦 大出俊
コッブ コンラード・サン・マルティン 仁内建之
ポルフィリオ将軍 フランコ・コビアンキ・デステ 村越伊知郎
ダグラス保安官 フランシスコ・ラバル 中田浩二
ドリー ニエベス・ナバロ 清水良英
判事 ペドロ・バウサリ 千葉耕市
パハリト医師 マヌエル・ムニス 藤本譲
ダルシー ガブリエラ・ジョルジェリ 来路史圃

TBS版その他、大場健二長谷俊夫細井重之青野武野本礼三徳丸完前川哲男安原義人

脚注[編集]

  1. ^ Marco Giusti. Dizionario del western all'italiana. Mondadori, 2007. ISBN 88-04-57277-9. 

外部リンク[編集]