アルマンド・トロヴァヨーリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アルマンド・トロヴァヨーリ
基本情報
出生 1917年9月2日
学歴 聖チェチーリア音楽院
出身地 イタリアの旗 イタリア ラツィオ州ローマ県ローマ
死没 2013年2月28日(満95歳没)
ジャンル ジャズ映画音楽
職業 作曲家指揮者
担当楽器 ピアノ指揮
活動期間 1940年代 - 2013年
公式サイト trovajoli.it
Armando Trovajoli
アルマンド・トロヴァヨーリ
アルマンド・トロヴァヨーリ
1951年
生年月日 1917年9月2日
没年月日 2013年2月28日(満95歳没)
出生地 イタリアの旗 イタリア ラツィオ州ローマ県ローマ
職業 作曲家指揮者
ジャンル イタリア式コメディ
活動期間 1949年 - 2013年
配偶者 ピア・アンジェリ 1969年離婚
マリア・パオラ・サピエンツァ
家族 ハワード・アンドリュー・ルガンティーノ 長男
ジョルジョ・トロヴァヨーリ 次男
公式サイト trovajoli.it
主な作品
ふたりの女
昨日・今日・明日
あゝ結婚
あんなに愛しあったのに

アルマンド・トロヴァヨーリArmando Trovajoli, 1917年9月2日 - 2013年2月28日)は、イタリア作曲家指揮者である[1][2][3]ジャズの分野で、200作を超える映画音楽を手がけている[1][2]。『ふたりの女』、『昨日・今日・明日』、『あゝ結婚』、『あんなに愛しあったのに』の作曲で知られる[1]

来歴・人物[編集]

1917年9月2日、イタリアのラツィオ州ローマ県ローマで生まれる[1][2]。父はヴァイオリン奏者で、アルマンドもヴァイオリンを学び、のちにピアノと作曲を聖チェチーリア音楽院に学んだ[3]

1962年2月14日、女優のピア・アンジェリと結婚、翌1963年1月8日、ふたりの間にハワード・アンドリュー・ルガンティーノが生まれる[1][4]。1966年、マルコ・ヴィカリオ監督の『黄金の七人』でナストロ・ダルジェント作曲賞を初受賞する[1]。1969年、妻ピア・アンジェリと離婚、ピアは2年後にバルビツール酸系薬物の過剰摂取で死去している[4]

1972年6月7日、歌手のマリア・パオラ・サピエンツァと正式に結婚、のちに次男ジョルジョが生まれる[1]。1978年、エットーレ・スコラ監督の『特別な一日』でナストロ・ダルジェント作曲賞を二度目受賞する[1]。同年、マルコ・ヴィカリオ監督の Mogliamanteダヴィド・ディ・ドナテッロ賞音楽賞を受賞する[1]

1984年、エットーレ・スコラ監督の『ル・バル』でダヴィド・ディ・ドナテッロ賞音楽賞を受賞する[1]。1987年、エットーレ・スコラ監督の『ラ・ファミリア』でナストロ・ダルジェント作曲賞を三度目受賞する[1]

1995年、フライアーノ賞映画功労賞を受賞する[1]

2000年代に入り、90歳を迎えてからも現役として活動していた[1]。2007年、ダヴィド・ディ・ドナテッロ賞功労賞を受賞する[1]

2013年3月2日、イタリアのANSA通信社がトロヴァヨーリの死亡を報道[5]。2月28日死去とされる[6]

フィルモグラフィ[編集]

1940年代[編集]

1950年代[編集]

1960年代[編集]

1970年代[編集]

1980年代[編集]

1990年代[編集]

2000年代[編集]

参考文献[編集]

関連事項[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n Armando Trovajoli, インターネット・ムービー・データベース (英語), 2011年1月14日閲覧。
  2. ^ a b c Armando Trovajoli, allmovie (英語), 2011年1月14日閲覧。
  3. ^ a b trovajoli.it, 公式ウェブサイト (イタリア語) / (英語) / (フランス語), 2011年1月14日閲覧。
  4. ^ a b Pier Angeli - インターネット・ムービー・データベース(英語), 2011年1月14日閲覧。
  5. ^ 伊の作曲家、A.トロバヨーリ氏が死去 日刊スポーツ 2013年3月3日閲覧
  6. ^ Armando Trovajoli: Composer best known for his ode to Rome's romantic magic インデペンデント 2013年3月5日

外部リンク[編集]