マリオ・ソルダーティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

マリオ・ソルダーティ(Mario Soldati、1906年11月17日 - 1999年6月19日)は、イタリア小説家映画監督脚本家トリノ生まれ。

1929年、短編集『サルマーチェ』(Salmace)で小説家デビュー。1954年には長編小説『偽られた抱擁』(原題『カプリからの手紙』 Le lettere da Capri)でイタリア最高の文学賞であるストレーガ賞を受賞している。

その作品はイギリスのロバート・ルイス・スティーヴンソンヘンリー・ジェイムズの影響が指摘されている。[1]

日本語訳作品[編集]

長編
中短編

脚注[編集]

  1. ^ 参考文献1および2より

参考文献[編集]

  • 1 現代推理小説全集第14巻『牝狼/窓』(1957年、東京創元社)巻末、飯島正「窓について」
  • 2 マリオ・ソルダーティ『偽られた抱擁』(1959年、講談社)訳者あとがき(清水三郎治)