アントニオ・ピエトランジェリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アントニオ・ピエトランジェリAntonio Pietrangeli, 1919年1月19日 ローマ - 1968年7月12日 ガエータ)は、イタリア脚本家映画監督。「イタリア式コメディ」の重要人物である。

来歴・人物[編集]

1919年1月19日、イタリアの首都ローマに生まれる。

『ビアンコ・エ・ネロ』(Bianco e nero)や『チネマ』(Cinema)といった有名雑誌で映画批評を書き始める。ルキノ・ヴィスコンティ監督の『郵便配達は二度ベルを鳴らす』(1942年)、アレッサンドロ・ブラゼッティ監督の『ファビオラ』(1948年)、ロベルト・ロッセリーニ監督の『ヨーロッパ一九五一年』(1952年)あるいはアルベルト・ラットゥアーダ監督の『La Lupa』(1952年)といった作品の脚本を、イタリア特有の集団脚本執筆体制のなかで15本ほどに参加する。

1953年、34歳のとき、長篇劇映画『眼の中の太陽』で監督としてデビューした。自作の脚本づくりにルッジェーロ・マッカリエットーレ・スコラを多く起用した。

1968年7月12日ラツィオ州ラティーナ県ガエータで映画『Come, quando, perché』の撮影中に自動車事故で死去。49歳没。同作はヴァレリオ・ズルリーニ監督が完成させ、翌1969年7月31日に封切られた。アントニオ・ピエトランジェリは、映画監督で俳優のパオロ・ピエトランジェリの父である。

フィルモグラフィ[編集]

脚本家時代
テレビシリーズ『The Doctor』の第10話
監督デビュー以降
オムニバス『半世紀の愛』(Amori di mezzosecolo、参加監督マリオ・キアリピエトロ・ジェルミグラウコ・ペレグリーニ、ロベルト・ロッセリーニ)の一篇
オムニバス『Le fate』(参加監督マウロ・ボロニーニマリオ・モニチェリルチアーノ・サルチェ)の一篇

関連項目[編集]

外部リンク[編集]