ロドルフォ・ソネゴ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ロドルフォ・ソネゴRodolfo Sonego1921年2月27日 カヴァルツァノ - 2000年10月15日 ローマ)は、イタリア脚本家である。「イタリア式コメディ」の重要人物である。

来歴・人物[編集]

1921年2月27日、イタリア・ヴェネト州ベッルーノ県カヴァルツァノに生まれる。

1947年、26歳のとき、ジョルジョ・フェローニ監督の『Tombolo, paradiso nero』の共同脚本に参加してデビュー、以来、80本近い脚本に参加した。

2000年10月15日、ローマで死去。79歳没。遺作はトニーノ・チェルヴィ製作・監督による『Il Quaderno della spesa』でチェルヴィにとっても遺作になり、両名の死後、2003年3月7日にイタリアで公開され、同年の第56回カンヌ国際映画祭でも上映された。

おもなフィルモグラフィ[編集]

脚本
  • Tombolo, paradiso nero 1947年
監督ジョルジョ・フェローニ、音楽アメデオ・エスコバール、主演アルド・ファブリッツィ
脚本ジョルジョ・フェローニ、インドロ・モンタネッリグラウコ・ペレグリーニ、ロドルフォ・ソネゴ、ピエロ・テッリーニ
  • 海岸 La Spiaggia 1954年
監督アルベルト・ラトゥアーダ、音楽ピエロ・モルガン、主演マルティーヌ・キャロル
脚本アルベルト・ラトゥアーダ、ルイジ・マレルバ、ロドルフォ・ソネゴ
監督ステーノ、撮影マリオ・バーヴァ、音楽アンジェロ・フランチェスコ・ラヴァニーノ、主演ブリジット・バルドー
脚本サンドロ・コンチネンツァディエゴ・ファッブリウーゴ・グエッラ、ロドルフォ・ソネゴ、ステーノ
  • 青い海岸 / コート・ダジュール Costa Azzurra 1959年
監督ヴィットリオ・サラ、音楽ロベルト・ニコロッシ、主演エルザ・マルティネリ
脚本オッタヴィオ・アレッシ、ウーゴ・グエッラ、ロドルフォ・ソネゴ、ヴィットリオ・サラ
監督ティント・ブラス、音楽ピエロ・ピッチオーニ、製作ディノ・デ・ラウレンティス
出演アルベルト・ソルディモニカ・ヴィッティエレオノラ・ロッシ=ドラゴシルヴァーナ・マンガーノ
監督ルイジ・フィリッポ・ダミーコ、音楽アルマンド・トロヴァヨーリ、主演アルベルト・ソルディ
脚本アルベルト・ソルディ、ロドルフォ・ソネゴ
オムニバス『おとぼけ紳士録 I complessi』(参加監督ディノ・リージフランコ・ロッシ、ルイジ・フィリッポ・ダミーコ)の一篇 
監督マリオ・モニチェリ、音楽ペッピノ・デ・ルーカ、主演モニカ・ヴィッティ
脚本ロドルフォ・ソネゴ、ルイジ・マーニ
監督ジャン・ルイジ・ポリドロ、原作ペトロニウス、音楽カルロ・ルスティケリ、製作アルフレード・ビニ
出演ティナ・オーモンドン・バッキーフランコ・ファブリッツィグラッツィエラ・グラナータヴァレリー・ラグランジェ、ウーゴ・トニャッツィ
  • 鏡の向う側 L'Attenzione 1987年
監督ジョヴァンニ・ソルダーティ、原作アルベルト・モラヴィア、音楽ピノ・ドナッジオ、主演ステファニア・サンドレッリ
脚本ロドルフォ・ソネゴ、レナーネ・コロッナ、ジョヴァンニ・ソルダーチ
監督・製作トニーノ・チェルヴィ(遺作)、音楽ヴィンチェ・テンペラ、主演ガブリエーレ・ラヴィア
脚本トニーノ・チェルヴィ、チェザーレ・フルゴーニ、ロドルフォ・ソネゴ、脚本協力アントネッロ・リナルディ

外部リンク[編集]