ジュゼッペ・デ・サンティス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Giuseppe De Santis
ジュゼッペ・デ・サンティス
別名 ジーノ・デ・サンティス (Gino de Sanctis
ジョー・デ・サンティス (Joe de Santis
生年月日 1917年2月11日
没年月日 1997年5月16日(満80歳没)
出生地 イタリアの旗 イタリア ラツィオ州ラティーナ県フォンディ
死没地 イタリアの旗 イタリア ラツィオ州ローマ県ローマ
職業 映画監督脚本家
ジャンル ネオレアリズモ
活動期間 1940年 - 1995年
活動内容 1940年 脚本家デビュー
1945年 映画監督デビュー
家族 パスクァリーノ・デ・サンティス
公式サイト assodesantis.com
主な作品
にがい米

ジュゼッペ・デ・サンティスGiuseppe De Santis, 1917年2月11日 - 1997年5月16日)は、イタリア映画監督脚本家である[1][2]ジーノ・デ・サンティスGino de Sanctis)、ジョー・デ・サンティスJoe de Santis)ともクレジットされた[1]。監督作は13作である[1]

来歴・人物[編集]

1917年(大正6年)2月11日ラツィオ州ラティーナ県フォンディに生まれる[1][2]イタリア国立映画実験センター卒業。撮影監督のパスクァリーノ・デ・サンティスは10歳下の弟である[1]

1940年(昭和15年)、カミッロ・マストロチンクェ監督の映画『ドン・パスクヮーレ』に脚本家としてクレジットされたのが、もっとも古い記録である[1]。1945年(昭和20年)、マリオ・セランドレイマルチェッロ・パリエロルキノ・ヴィスコンティと共同でドキュメンタリー映画栄光の日々』を監督し、映画監督としてデビューする[1]。1947年(昭和22年)に監督した『荒野の抱擁』は、第12回ヴェネツィア国際映画祭に出品され、翌1948年(昭和23年)年のナストロ・ダルジェント監督賞を『ジョヴァンニ・エピスコーポの殺人』を監督したアルベルト・ラットゥアーダと分け合って受賞した[1]

1949年(昭和24年)に発表した監督作『にがい米』は、同年第3回カンヌ国際映画祭コンペティションに出品され、1951年(昭和26年)に行われた第23回アカデミー賞ではアカデミー原案賞にノミネートされた[1]。1955年(昭和30年)のサン・セバスティアン国際映画祭では、『恋愛時代』で銀の貝殻賞を受賞する[1]。『荒野の抱擁』、『にがい米』、『オリーヴの下に平和はない』、『恋愛時代』といった作品は、イタリフィルムが輸入し、日本でも同時代に商業公開された[3]

1988年(昭和63年)に行われた第45回ヴェネツィア国際映画祭ではピエトロ・ビアンキ賞を、1995年(平成7年)に行われた第52回ヴェネツィア国際映画祭では功労金獅子賞をそれぞれ受賞する[1]

1997年(平成9年)5月16日、ラツィオ州ローマ県ローマで心臓発作のため死去した[1][2]。満80歳没。

フィルモグラフィ[編集]

参考文献[編集]

関連事項[編集]

[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l Giuseppe De Santis, インターネット・ムービー・データベース (英語), 2011年2月1日閲覧。
  2. ^ a b c Giuseppe De Santis, allmovie (英語), 2011年2月1日閲覧。
  3. ^ ジュゼッペ・デ・サンティス、キネマ旬報映画データベース、2011年2月1日閲覧。

外部リンク[編集]