猿の惑星・征服

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
猿の惑星・征服
Conquest of the Planet of the Apes
監督 J・リー・トンプソン
脚本 ポール・デーン
製作 アーサー・P・ジェイコブス
出演者 ロディ・マクドウォール
ドン・マレー
リカルド・モンタルバン
音楽 トム・スコット
撮影 ブルース・サーティース
編集 マージョリー・ファウラー
アラン・L・ジャッグス
製作会社 APJACプロダクションズ
配給 20世紀フォックス
公開 アメリカ合衆国の旗 1972年6月29日
日本の旗 1972年7月22日
上映時間 87分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $1,700,000
興行収入 アメリカ合衆国の旗カナダの旗 $9,043,472[1]
前作 新・猿の惑星
次作 最後の猿の惑星
テンプレートを表示

猿の惑星・征服』(さるのわくせい・せいふく、Conquest of the Planet of the Apes)は、1972年アメリカ合衆国の映画ピエール・ブールによるSF小説『猿の惑星』を原作とする『猿の惑星』シリーズ全5作の第4作。

公民権運動の影響が随所に見られる。

あらすじ[編集]

コーネリアスの語ったとおり、疫病によりイヌ・ネコは死滅し、サルが第一位のペットとなった。1991年、日々深まるサルたちの奴隷としての扱い、コーネリアスの息子シーザーの養父も同然だった人間アルマンドの死をきっかけに、コーネリアスは反乱を決意。高度の知能とテレパシーを武器に猿たちのリーダーとなり、ついに反乱を起こす。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
シーザー/マイロ ロディ・マクドウォール 近石真介
ブレック知事 ドン・マレー 田口計
リサ ナタリー・トランディ
マクドナルド ハリー・ローズ 小林清志
コルプ セヴァーン・ダーデン 千葉耕市
助手 ルー・ワグナー
委員長 ジョン・ランドルフ
ライリー夫人: エイサ・メイナー
ホスキンズ H・M・ワイナント
アルドー デイヴィッド・チャウ
フランク (ゴリラ) バック・カータリアン
警官 ジョン・デニス
アルマンド リカルド・モンタルバン 中村正
字幕翻訳
吹替翻訳 トランスグローバル
演出 田島荘三
調整 杉原日出弥
制作 トランスグローバル

参考文献[編集]

  1. ^ Conquest of the Planet of the Apes”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2011年5月4日閲覧。

外部リンク[編集]