特攻サンダーボルト作戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
特攻サンダーボルト作戦
Raid on Entebbe
監督 アーヴィン・カーシュナー
脚本 バリー・ベッカーマン
製作 ダニエル・H・ブラット
エドガー・J・シェリック
出演者 ピーター・フィンチ
マーティン・バルサム
ホルスト・ブッフホルツ
ジョン・サクソン
シルヴィア・シドニー
ジャック・ウォーデン
ヤフェット・コットー
チャールズ・ブロンソン
音楽 デヴィッド・シャイア
撮影 ビル・バトラー
編集 ニック・アーチャー
バッド・S・アイザックス
アート・サイド
製作会社 エドガー・J・シェリック・アソシエーツ
20世紀フォックステレビジョン
配給 アメリカ合衆国の旗 NBC
日本の旗 日本ヘラルド映画
公開 アメリカ合衆国の旗 1977年1月9日(テレビ放送)[1]
日本の旗 1987年6月20日[2]
上映時間 150分(オリジナル版)
126分(日本公開版)
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
ドイツ語
フランス語
テンプレートを表示

特攻サンダーボルト作戦』(とっこうサンダーボルトさくせん、原題:Raid on Entebbe)は、1977年に公開されたアメリカ合衆国テレビ映画。監督はアーヴィン・カーシュナー

概要[編集]

本作は、1976年6月27日に発生したエールフランス機のハイジャック事件から、7月4日に実行されたエンテベ空港奇襲作戦で人質が救出されるまでの8日間を描いた作品である。

日本では当初「エンテベ急襲」という邦題で劇場公開される予定だったが、当時日本政府が親アラブ的姿勢を保っていたこともあり「政治的理由」で中止となり、10年後に「特攻サンダーボルト作戦」に改題し公開された。後にテレビ放送された際は、固有名詞が架空のものに変更されフィクションとされた[3]

ストーリー[編集]

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
イツハク・ラビン首相 ピーター・フィンチ 中村正
ダニエル・クーパー マーティン・バルサム 宮川洋一
ヴィルフリード・ブエーゼ (Wilfried Böse ホルスト・ブッフホルツ 安原義人
ベニー・ペレド少将 (Benny Peled ジョン・サクソン 千田光男
ドーラ・ブロッホ シルヴィア・シドニー 京田尚子
モルデカイ・グル参謀長 (Mordechai Gur ジャック・ウォーデン 寺島幹夫
イディ・アミン大統領 ヤフェット・コットー 玄田哲章
ダン・ショムロン准将 (Dan Shomron チャールズ・ブロンソン 大塚周夫
シモン・ペレス ティグ・ アンドリュース 糸博
ミケル・バーコス機長 (Michel Bacos エディ・コンスタンティーヌ 加藤正之
ガッド・ヤコビ (Gad Yaakobi ウォーレン・J・ケマーリング 仁内建之
イーガル・アロン ロバート・ロッジア 上田敏也
メナヘム・ベギン デイヴィッド・オパトシュ 加藤正之
ヨナタン・”ヨニ”・ネタニヤフ スティーブン・マクト 牛山茂
アリス キム・リチャーズ
サミー・バーグ ジェームズ・ウッズ 江原正士
バー・レフ (Haim Bar-Lev ルー・ギルバート 藤本譲
イーライ・メルニック アラン・アーバス
ガブリエレ・クリーガー マリクレア・コステロ
ハーヴェイ氏 ハーヴェイ・レンベック
レイチェル・セイガー ダイナ・マノフ
その他:長島涼子秋元千賀子峰あつ子高宮俊介山口健小野健一大塚明夫井上喜久子松岡洋子羽村京子池本小百合

スタッフ[編集]

  • 監督:アーヴィン・カーシュナー
  • 製作:ダニエル・H・ブラット、エドガー・J・シェリック
  • 脚本:バリー・ベッカーマン
  • 撮影:ビル・バトラー
  • 音楽:デヴィッド・シャイア
  • 編集:ニック・アーチャー、バッド・S・アイザックス、アート・サイド
  • 衣裳:パティ・ウッダード
日本語版スタッフ
  • 吹替演出:清水勝則
  • 吹替翻訳:宇津木道子
  • 吹替制作:ザック・プロモーション

脚注[編集]

  1. ^ Release dates for Raid on Entebbe”. IMDb. 2012年8月8日閲覧。
  2. ^ 特攻サンダーボルト作戦”. キネマ旬報. 2012年8月8日閲覧。
  3. ^ 特攻サンダーボルト作戦”. allcinema. 2012年8月8日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]