アボットとコステロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アボット(左)、コステロ(右)。1940年代に撮影。

アボットとコステロ(Abbott and Costello)は、バッド・アボット(Bud Abbott)とルウ・コステロ(Lou Costello)の二人組からなるアメリカ合衆国のお笑いコンビ(Double act)。

1936年ヴォードヴィル芸人として舞台に立ち、翌1937年にはラジオに進出。1940年ユニバーサル・ピクチャーズの映画『One Night in the Tropics』に脇役出演して話題となり、 同社と契約。その後、1950年代までの間、このコンビを主人公に据えたフィクションのコメディ映画シリーズが製作された[1]。日本ではそのうち22本が公開されたという[1][2]

テレビにおいては、1952年 - 1954年にシチュエーション・コメディThe Abbott and Costello Show』が、1967年 - 1968年にはアニメThe Abbott and Costello Cartoon Show』(ハンナ・バーベラ・プロダクションの制作)が、放送された。なお日本では、前者は『凸凹劇場 アボット・コステロ』(でこぼこげきじょう - )というタイトルで、1958年10月から1959年4月まで日本テレビ系列の毎週木曜20:00 - 20:30JST)で放送、後者は東京12チャンネル(現:テレビ東京)の『まんがキッドボックス』や『マンガのくに』などで放送された。

メンバー[編集]

どちらも生年には諸説ある。

映画[編集]

タイトル 邦題[2] 役名
(コステロ)
役名
(アボット)
製作
配給
ノート
1940 One Night in the Tropics Costello Abbott 映画デビュー作
1 1941 Buck Privates 凸凹二等兵の巻[3] Herbie Brown Slicker Smith 初のコメディ作品[4]
2 1941 In the Navy 凸凹海軍の巻 Pomeroy Watson Smokey Adams
3 1941 Hold That Ghost 凸凹お化け騒動 Ferdinand Jones Chuck Murray
4 1941 Keep 'Em Flying 凸凹空中の巻 Heathcliffe Blackie Benson
5 1942 Ride 'Em Cowboy 凸凹カウボーイの巻 Willoughby Duke
6 1942 Rio Rita 凸凹スパイ騒動 Wishy Dunn Doc MGM
7 1942 Pardon My Sarong 凸凹宝島騒動 Wellington Phlug Algy Shaw
8 1942 Who Done It? 凸凹探偵の巻 Mervyn Milgrim Chick Larkin
9 1943 It Ain't Hay Wilbur Hoolihan Grover Mickridge
10 1943 Hit the Ice 凸凹スキー騒動 Tubby McCoy Flash Fulton
11 1944 In Society Albert Mansfield Eddie Harrington
12 1944 Lost in a Harem 凸凹ハレムの巻 Harvey Garvey Peter Johnson MGM MGM配給・製作2作目
13 1945 Here Come the Co-Eds Oliver Quackenbush Slats McCarthy
14 1945 The Naughty Nineties Sebastian Dinwiddie Dexter Broadhurst Who's On First?というスケッチは、アメリカ野球殿堂で聞くことができる。
15 1945 Abbott and Costello in Hollywood 凸凹ハリウッドの巻 Abercrombie Buzz Kurtis MGM MGM配給・製作はこれが最後
16 1946 Little Giant Benny Miller John Morrison
Tom Chandler
17 1946 The Time of Their Lives 凸凹幽霊屋敷 Horatio Prim Cuthbert
Dr. Greenway
18 1947 Buck Privates Come Home Herbie Brown Slicker Smith 凸凹二等兵の巻英語版の続篇
19 1947 The Wistful Widow of Wagon Gap 凸凹西部の巻 Chester Wooley Duke Egan
20 1948 The Noose Hangs High 凸凹持逃げ騒動 Tommy Hinchcliffe Ted Higgins イーグル=ライオン英語版
21 1948 Abbott and Costello Meet Frankenstein 凸凹フランケンシュタインの巻 Wilbur Gray Chick Young
22 1948 Mexican Hayride 凸凹闘牛の巻 Joe Bascom
Humphrey Fish
Harry Lambert
23 1949 Africa Screams 凸凹猛獣狩 Stanley Livington Buzz Johnson UA
24 1949 Abbott and Costello Meet the Killer 凸凹殺人ホテル Freddie Phillips Casey Edwards
25 1950 Abbott and Costello in the Foreign Legion 凸凹外人部隊 Lou Hotchkiss Bud Jones
26 1951 Abbott and Costello Meet the Invisible Man 凸凹透明人間 Lou Francis Bud Alexander
27 1951 Comin' Round the Mountain Wilbert Smith Al Stewart
28 1952 Jack and the Beanstalk 凸凹巨人退治 Jack Mr. Dinklepuss ワーナー セピア版のほかにカラー版もある
29 1952 Lost in Alaska George Bell Tom Watson
30 1952 Abbott and Costello Meet Captain Kidd 凸凹海賊船 Oliver "Puddin' Head" Johnson Rocky Stonebridge ワーナー カラー映画
31 1953 Abbott and Costello Go to Mars 凸凹火星探検 Orville Lester
32 1953 Abbott and Costello Meet Dr. Jekyll and Mr. Hyde Tubby Slim
33 1955 Abbott and Costello Meet the Keystone Kops Willie Piper Harry Pierce
34 1955 Abbott and Costello Meet the Mummy Costello[注 1] Abbott[注 2]
35 1956 Dance with Me Lou Henry Bud Flick UA コンビとしては最後の出演
36 1959 The 30 Foot Bride of Candy Rock - Artie Pinsetter コロンビア コステロのみ出演
37 1965 The World of Abbott and Costello 本人 本人 コンピレーション映画

脚注[編集]

出典
  1. ^ a b c d e f g h 「外国映画人名事典 男優篇」 p.12-13 (キネマ旬報社 1997、北島明弘)
  2. ^ a b 「映画大全集 増補改訂版」(メタモル出版 2002)
  3. ^ 映画 凸凹二等兵の巻<未> - allcinema
  4. ^ “Abbott, Bud; and Costello, Lou”. Encyclopedia Britannica. I: A-Ak - Bayes (15th ed.). Chicago, IL: Encyclopedia Britannica, Inc.. (2010). pp. 13. ISBN 978-1-59339-837-8. 
  1. ^ erroneously listed in the film as "Freddie Franklin"
  2. ^ erroneously listed in the film as "Pete Patterson"

外部リンク[編集]