ポーリン・ケイル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ポーリン・ケイル (Pauline Kael, 1919年6月19日 - 2001年9月3日) はアメリカ合衆国出身の映画批評家。1968年から1991年まで執筆したザ・ニューヨーカー誌の映画評で有名であり、アメリカでも最も影響力のある評論家として知られていた[1][2]

経歴[編集]

カリフォルニア州ペタルマ出身。カリフォルニア大学バークレー校で哲学や文学を学ぶが、中退。

1953年、雑誌City Lightsの編集者に誘われて映画評を書くようになる[1]。その後w:McCall'sw:The New Republicで働く。

1965年に出版した初の映画批評集 I Lost It at the Movies 150,000部を売り上げ、ベストセラーとなる。

1968年からザ・ニューヨーカーで映画批評を書くようになる。最初の作品は『俺たちに明日はない』であった[3]

著書[編集]

  • スキャンダルの祝祭 (ポーリーン・ケール名義 1987、新書館)
  • 映画辛口案内 私の批評に手加減はない (1990年、晶文社)
  • 今夜も映画で眠れない (1992年、東京書籍)
  • 明かりが消えて映画がはじまる (2003年、草思社)

参照[編集]

  1. ^ a b Van Gelder, Lawrence (2001年9月4日). “Pauline Kael, Provocative and Widely Imitated New Yorker Film Critic, Dies at 82”. The New York Times. http://query.nytimes.com/gst/fullpage.html?res=9E04E2D61639F937A3575AC0A9679C8B63 2008年3月25日閲覧。 
  2. ^ Remembering Pauline Kael”. New Yorker. 2006年9月1日閲覧。
  3. ^ Thomson, David (2002). "Pauline Kael." The New Biographical Dictionary of Film. New York: Alfred A. Knopf. ISBN 0-3757-0940-1. p. 449-50.

外部リンク[編集]