ホウ・シャオシェンのレッド・バルーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ホウ・シャオシェンのレッド・バルーン
Le Voyage du ballon rouge
監督 侯孝賢
脚本 侯孝賢
フランソワ・マルゴラン
出演者 ジュリエット・ビノシュ
シモン・イテアニュ
イポリット・ジラルド
撮影 李屏賓
編集 ジャン=クリストフ・イム
廖慶松
公開 フランスの旗 2007年5月17日CIFF
フランスの旗 2008年1月30日
上映時間 115分
製作国 フランスの旗 フランス
台湾の旗 台湾
言語 フランス語
テンプレートを表示

ホウ・シャオシェンのレッド・バルーン』(: Le Voyage du ballon rouge: 紅氣球之旅: Flight of the Red Balloon)は2007年のフランス・台湾合作映画。

悲情城市』『好男好女』の侯孝賢(ホウ・シャオシェン)監督が、1956年に作られカンヌ国際映画祭パルム・ドールを受賞したアルベール・ラモリスの『赤い風船』にオマージュを捧げたヒューマンドラマ。

スタッフ[編集]

  • 監督・脚本:侯孝賢
  • 製作・脚本:フランソワ・マルゴラン
  • 製作総指揮:リャオ・チン・スン
  • 撮影:リー・ピンビン

キャスト[編集]

外部リンク[編集]