街のあかり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
街のあかり
Laitakaupungin valot
監督 アキ・カウリスマキ
脚本 アキ・カウリスマキ
製作 アキ・カウリスマキ
撮影 ティモ・サルミネン
編集 アキ・カウリスマキ
配給 ユーロスペース
公開 フィンランドの旗 2006年2月3日
日本の旗 2007年7月7日
上映時間 78分
製作国 フィンランドの旗 フィンランド
言語 フィンランド語
テンプレートを表示

街のあかり』(フィンランド語Laitakaupungin valot英語Lights in the Dusk)は、2007年公開のフィンランド映画。 『浮き雲』、『過去のない男』に続く、アキ・カウリスマキ敗者三部作の完結編。 2006年カンヌ国際映画祭コンペティション部門正式出品作品。

キャスト[編集]

  • コイスティネン:ヤンネ・フーティアイネン
  • ミルヤ:マリア・ヤルヴェンヘルミ
  • リンドストロン:イルッカ・コイヴラ
  • アイラ:マリア・ヘイスカネン
  • 少年:ヨーナス・タポラ
  • 刑事:ペルッティ・スヴェホルム
  • ディスコのバンド:メルローズ 
  • スーパーのレジ係:カティ・オウティネン
  • 犬:パユ

ストーリー[編集]

ヘルシンキのビジネス街で夜警員として働く孤独な主人公が、ある日魅力的な女と出会う。 しかし彼女は、彼を利用して警備の厳しい宝石店荒らしを働こうとする悪党たちが送り込んできた罠だった。女に惚れ込んだ彼は、警察の尋問でも彼女のことを明かさない。悪党たちはそこまで読んで彼を利用したのだ。刑期を終え、社会復帰を目指す彼は、女が彼を利用したことを知り・・・。

外部リンク[編集]