レイモン・ドゥパルドン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

レイモン・ドゥパルドン(Raymond Depardon, 1942年7月6日 - )はフランスヴィルフランシュ=シュル=ソーヌ出身の写真家映画監督ジャーナリスト

パリで写真家のアシスタントからはじめ、フリーカメラマンとしてアルジェリアチャドを訪れる。1966年に数人の写真家と共にエージェンシーGammaを設立。1973年にアメリカ海外記者クラブとライフ社が創設したロバート・キャパ賞を受賞。1979年からマグナム・フォトの会員となる。1963年から映画製作にも乗り出し、主にドキュメンタリー作品で高い評価を得ている。

Raymond Depardon (2012)

写真[編集]

映画[編集]

  • アフリカ、痛みはいかがですか? Afriques: Comment ca va avec la douleur? (1996年)
  • 夏の映画館 Cinéma d'été (2007年)
  • モダン・ライフ La Vie moderne (2008年)
  • レイモン・ドゥパルドンのフランス日記 Journal de France (2012年)