天使の分け前 (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
天使の分け前
The Angels' Share
監督 ケン・ローチ
脚本 ポール・ラヴァーティ英語版
製作 レベッカ・オブライエン
製作総指揮 パスカル・コシュトゥー
ヴァンサン・マラヴァル
出演者 ポール・ブラニンガン英語版
ジョン・ヘンショウ英語版
ウィリアム・ルアン
ガリー・メイトランド
音楽 ジョージ・フェントン
撮影 ロビー・ライアン
編集 ジョナサン・モリス
製作会社 シックスティーン・フィルムズ
ホワイ・ノット・プロダクションズ
ワイルド・バンチ英語版
配給 イギリスの旗 エンターテインメント・ワン英語版
日本の旗 ロングライド
公開 フランスの旗 2012年5月22日CIFF
イギリスの旗 2012年6月1日
日本の旗 2013年4月13日
上映時間 106分
製作国 イギリスの旗 イギリス
フランスの旗 フランス
ベルギーの旗 ベルギー
イタリアの旗 イタリア
言語 英語
興行収入 $6,687,338[1]
テンプレートを表示

天使の分け前』(てんしのわけまえ、The Angels' Share)は、2012年イギリスフランスベルギーイタリア合作のコメディ・ドラマ映画。ケン・ローチ監督。

あらすじ[編集]

恵まれない環境に生まれ育った青年ロビーは、暴力沙汰を起こして、裁判所から300時間の社会奉仕活動を言い渡された。

社会奉仕活動の対象者たちを指揮するのはウイスキー愛好家のハリーで、ロビーはハリーによってウィスキーの魅力に引き込まれていった。

そして、ロビーは自らにテイスティングの才能があることに気付く。

キャスト[編集]

製作[編集]

シックスティーン・フィルムズ、ホワイ・ノット・プロダクションズ、ワイルド・バンチ英語版が製作した。BFI、Les Films du Fleuve、ウラニア、フランス2シネマが経済的にバックアップを行った[2]。撮影は2011年4月25日よりグラスコーとエディンバラで行われた[3]

公開[編集]

第65回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門で上映され[4][5]、ローチが審査員賞を受賞した[6]

日本では2013年4月13日に公開された。また2013年5月に閉館する予定の銀座テアトルシネマのクロージング作品に選ばれている[7]

参考文献[編集]

  1. ^ The Angels' Share”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2012年11月13日閲覧。
  2. ^ Lodderhose, Diana (2011年4月21日). “eOne nabs Loach's 'Angel's Share'”. Variety. 2012年2月15日閲覧。
  3. ^ The Angels' Share”. Screenbase. Screen International. 2012年2月15日閲覧。
  4. ^ 2012 Official Selection”. Cannes. 2012年4月19日閲覧。
  5. ^ Cannes Film Festival 2012 line-up announced”. timeout. 2012年4月19日閲覧。
  6. ^ Awards 2012”. Cannes. 2012年5月27日閲覧。
  7. ^ 巨匠ケン・ローチ監督の最新作『天使の分け前』公開決定!銀座テアトルシネマのクロージングを飾る!”. シネマトゥデイ (2012年10月31日). 2012年11月13日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]