SWEET SIXTEEN

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
SWEET SIXTEEN
Sweet Sixteen
監督 ケン・ローチ
脚本 ポール・ラヴァーティ
製作 レベッカ・オブライエン
出演者 マーティン・コムストン
ウィリアム・ルアン
ゲイリー・マコーマック
音楽 ジョージ・フェントン
撮影 バリー・アクロイド
編集 ジョナサン・モリス
配給 日本の旗 シネカノン
公開 フランスの旗 2002年5月21日CIFF
イギリスの旗 2002年10月4日
日本の旗 2002年12月28日
上映時間 106分
製作国 イギリスの旗 イギリス
ドイツの旗 ドイツ
スペインの旗 スペイン
言語 英語
興行収入 $316,319[1]
テンプレートを表示

SWEET SIXTEEN』(原題: Sweet Sixteen)は、2002年制作のイギリス映画ケン・ローチ監督。

第55回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門で上映され、脚本賞を受賞した。

あらすじ[編集]

もうすぐ16歳になるリアムは、学校にも行かず、毎日親友のピンボールと遊んで暮らしていた。リアムの母ジーンは、麻薬の売人でもある恋人スタンの犯罪を庇ったために刑務所に入っていた。そんな彼の夢は、父親とおじを除いた家族のみんなで湖畔にある新しい家に住むことだった。なんとか数週間後の母親の出所までに手付金を稼ごうと頑張るリアムだったが、必死のあまりスタンの麻薬を盗んで捌くようになる。

キャスト[編集]

反応[編集]

この作品では"fuck" や "cunt" といった俗語が数多く出てくるため、イギリスでは全英映像等級審査機構により18禁となった。この決定を受けて、ケン・ローチと脚本家のポール・ラヴァーティは全英映像等級審査機構に対して抗議を行った[2][3]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]