アッバス・キアロスタミ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アッバス・キアロスタミ
Abbas Kiarostami
Abbas Kiarostami
生年月日 1940年6月22日(73歳)
出生地 テヘラン
国籍 イランの旗 イラン

アッバス・キアロスタミAbbas Kiarostami, 1940年6月22日 - )はイラン映画監督脚本家写真家ペルシア語表記はعباس کيارستمیで、アッバース・キヤーロスタミーと発音する。

略歴[編集]

テヘランに生まれ、テヘラン大学芸術学部で学んだ。1970年より映画監督の道に入り、現代イラン映画を代表する多くの作品を撮影。1997年には『桜桃の味』でカンヌ国際映画祭パルム・ドールを、1999年には『風が吹くまま』でヴェネツィア国際映画祭・審査員賞などを受賞した他、映画祭での受賞作品は数多い。

作風[編集]

『オリーブの林をぬけて』では、気が遠くなるほどのロングショットを分単位で用いるラストシーンなど、ショットの移り変わりの速すぎる西欧的視点への反感が込められている。小津安二郎のファンでもある。

主な監督作品[編集]

外部リンク[編集]