ラウル・ルイス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ラウル・ルイス
Raúl Ruiz
本名 Raúl Ernesto Ruiz Pino
生年月日 1941年7月25日
没年月日 2011年8月19日(満70歳没)
出生地 プエルト・モント
死没地 パリ
国籍 チリの旗 チリ

ラウル・ルイスRaúl Ruiz, 1941年7月25日 - 2011年8月19日) は、チリ映画監督作家。48年のキャリアの中で100本以上の作品を製作した[1][2]

来歴[編集]

1941年7月25日チリプエルト・モントで生まれる[3]。父親は船長、母親は教師。神学と法律を学びながら、1956年から1962年の間にロックフェラー財団の支援を受けて100本もの戯曲を執筆した。1962年にアルゼンチンのサンタフェ映画学校に入学するも一年で中退。1963年にチリのテレビ局で編集スタッフとして働く傍ら、同年に最初の短編『La maleta』を製作する。1965年からはメキシコのテレビ局にも勤務した。その後、チリに帰国し、1967年に長編処女作『El tango del viudo』を発表。2作目の『Tres tristes tigres』(1968年)は翌1969年ロカルノ国際映画祭金豹賞を受賞した。

その後も長編・短編を問わず矢継ぎ早に作品を発表していたが、1973年でチリでクーデターが発生するとフランスへ亡命。以後、パリを拠点に映画製作を行う。1999年にはマルセル・プルーストの『失われた時を求めて』の最終篇となる『見出された時』をジョン・マルコビッチカトリーヌ・ドヌーヴエマニュエル・ベアールらを起用して映画化した。2010年の『ミステリーズ 運命のリスボン』は4時間を超える大作であった。

2011年8月19日、パリにて70歳で死去した[4]

作品[編集]

長編劇映画のみ記載。短編、ドキュメンタリー、テレビ映画なども多数製作。
  • El tango del viudo (1967年)
  • Tres tristes tigres (1968年)
  • ¡Qué hacer! (1970年)
  • La colonia penal (1970年)
  • Nadie dijo nada (1971年)
  • Palomita blanca (1973年)
  • Palomilla brava (1973年)
  • El realismo socialista (1973年)
  • La expropiación (1974年)
  • Diálogos de exiliados (1975年)
  • La vocation suspendue (1978年)
  • L'hypothèse du tableau volé (1978年)
  • Jeux (1979年)
  • Images de débat (1979年)
  • Teletests (1980年)
  • Musée Dali (1980年)
  • Le borgne (1980年)
  • The Territory (1981年)
  • Het dak van de Walvis (1982年)
  • 水夫の3クラウン Les trois couronnes du matelot (1983年)
  • 海賊の街 La Ville de Pirates (1983年)
  • La ville de Paris (1983年)
  • Bérénice (1983年)
  • Point de fuite (1984年)
  • La présence réelle (1984年)
  • ロック公国/ジャゾンIII世 Régime sans pain (1985年)
  • アルマ橋で目覚めた男 L'éveillé du pont de l'Alma (1985年)
  • Treasure Island (1985年)
  • Mammame (1986年)
  • Richard III (1986年)
  • Dans un miroir (1986年)
  • 盲目の梟 La chouette aveugle (1987年)
  • Mémoire des apparences (1987年)
  • Le professeur Taranne (1987年)
  • Derrière le mur (1989年)
  • The Golden Boat (1990年)
  • La novela errante (1990年)
  • Basta la palabra (1991年)
  • L'oeil qui ment (1992年)
  • Miroirs de Tunisie (1993年)
  • ファドの調べ Fado majeur et mineur (1994年)
  • Viaggio clandestino - Vite di santi e di peccatori (1994年)
  • 三つの人生とたった一つの死 Trois vies & une seule mort (1996年)
  • 犯罪の系譜 Généalogies d'un crime (1997年)
  • 悪夢の破片 Shattered Image (1998年)
  • 見出された時-「失われた時を求めて」より- Le temps retrouvé, d'après l'oeuvre de Marcel Proust (1999年)
  • 夢の中での愛の闘い Combat d'amour en songe (2000年)
  • 無邪気さの喜劇 Comédie de l'innocence (2000年)
  • Les âmes fortes (2001年)
  • ある日 Ce jour-là (2003年)
  • Une place parmi les vivants (2003年)
  • Vertige de la page blanche (2003年)
  • Responso (2004年)
  • Días de campo (2004年)
  • Le domaine perdu (2005年)
  • クリムト Klimt (2006年)
  • 贈り物 Le Don (2007年) オムニバス『それぞれのシネマ』の一篇
  • Agathopedia (2008年)
  • La maison Nucingen (2008年)
  • El pasaporte amarillo (2009年)
  • A Closed Book (2010年)
  • ミステリーズ 運命のリスボン Mistérios de Lisboa (2010年)
  • 向かいにある夜 La noche de enfrente (2012年)

脚注[編集]