デッドフォール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
デッドフォール
Tango & Cash
監督 アンドレイ・コンチャロフスキー
脚本 ランディ・フェルドマン
製作 ジョン・ピーターズ
ピーター・グーバー
製作総指揮 ピーター・マクドナルド
出演者 シルヴェスター・スタローン
カート・ラッセル
音楽 ハロルド・フォルターメイヤー
撮影 ドナルド・E・ソーリン
編集 ハバート・C・デ・ラ・ブリエリ
ロバート・A・フェレッティ
配給 ワーナー・ブラザーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 1989年12月22日
日本の旗 1990年3月3日
上映時間 106分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 $63,408,614[1] アメリカ合衆国の旗カナダの旗
テンプレートを表示

デッドフォール』(Tango & Cash)は、1989年に公開されたシルヴェスター・スタローン主演のアメリカ合衆国の映画。日本公開は1990年

本来はアーノルド・シュワルツネッガーとスタローンの共演作として企画されたが、ギャラの都合でシュワルツネッガーが辞退したため、カート・ラッセルが代役を務めることとなった[2]

ストーリー[編集]

ロサンゼルス市警察でそれぞれ別の分署に所属するレイモンド・タンゴとガブリエル・キャッシュは、片やスリーピース・スーツでスマートに、片や強行突破も辞さないファンキーそのもののカジュアルスタイルと、服装も捜査の手法も正反対だが、共に市警No.1を競うライバル同士の麻薬取締担当刑事である。そんなタンゴとキャッシュから散々煮え湯を飲まされた犯罪組織のボスのイブ・ペレは、2人を抹殺できないまでも失脚させるべく罠を仕掛け、押収品を横流しする悪徳刑事として、果てにはFBI捜査官殺しにまで仕立て上げた。

こうして投獄されてしまったタンゴとキャッシュは、冤罪であることを知っている刑務所長に支援されて脱獄し、上司からマスコミの追及を抑えておける猶予期間として与えられた、24時間以内に無実を証明すべく、協力して組織に立ち向かっていく。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹き替え
VHSDVDBD テレビ朝日
WOWOW追加録音)
“レイ”レイモンド・タンゴ シルヴェスター・スタローン 玄田哲章 ささきいさお
“ゲイブ”ガブリエル・キャッシュ カート・ラッセル 安原義人
イブ・ペレ ジャック・パランス 千葉耕市 大塚周夫
“キキ”キャサリン・タンゴ(レイの妹) テリー・ハッチャー 平野文 相沢恵子
シュローダー署長 ジェフリー・ルイス 石井敏郎 阪脩
レカン ブライオン・ジェームズ 広瀬正志 麦人
フェイス ロバート・ツダール 朝戸鉄也 谷口節
クワン ジェームズ・ホン 小島敏彦 辻親八
ロペス マルク・アレイモ 西村知道 千田光男
オーウェン マイケル・J・ポラード 吉水慶 上田敏也
スキナー マイケル・ジェッター 鈴木勝美 田原アルノ
マット副所長 フィル・ルーベンスタイン 石井敏郎 伊井篤史
中国人のガンマン フィリップ・タン 子安武人 成田剣
ワイラー ルイス・アークエット 小野健一 小島敏彦
デイヴィスFBI捜査官 ロイ・ブロックスミス 牛山茂
スリンキー クリント・ハワード 伊藤和晃
巡査 グレン・モーシャワー 朝戸鉄也
役不明又はその他 滝沢久美子
幹本雄之
さとうあい
吉田美保
磯辺万沙子
幹本雄之
仲野裕
品川徹
宝亀克寿
稲葉実
小室正幸
中田和宏
麻生侑里
岡村恭子
翻訳 トランスグローバル 宇津木道子
演出 田島荘三 松川陸
調整 兼子芳博
効果 南部満治
録音 トランスグローバルスタジオ
東京テレビセンター
プロデューサー 小川政弘 福吉健
制作 ワーナー・ホーム・ビデオ
トランスグローバル
ニュージャパンフィルム
初回放送 1993年6月20日
日曜洋画劇場

※また、テレビ朝日版は2014年6月21日にWOWOWで放映される際に、初回放送時にカットされた箇所を同一声優で追加録音される事となった。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

  • ポリス・ストーリー/香港国際警察 - 警察故事(冒頭の麻薬トラック停車のシークエンスはこの映画からの流用)
  • 大脱出 - 本作でシュワルツネッガー&スタローンが共演に至らなかった後に、本作を元に制作された作品(刑務所脱獄の題材は本作から生まれた企画)。

外部リンク[編集]