バー・モウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バー・モウ(1937年)
大東亜会議に参加した各国首脳。左からバー・モウ、張景恵汪兆銘東條英機ナラーティップポンプラパンホセ・ラウレルスバス・チャンドラ・ボース

バー・モウ(ラテン文字転写:Ba Maw, バーモウ、バモウ、バモー、バーモーとも、1893年2月8日 - 1977年5月29日)はビルマ(現ミャンマー)の独立運動家、政治家

生涯[編集]

当時イギリス植民地だったビルマの裕福な法律家の家庭に生まれた。ラングーンで中等教育を受けた後、1924年に、留学先のフランスボルドー大学博士号を取得した。

1934年にはビルマ州政府(当時はイギリス領インドの一州)の教育相、1937年にビルマがインドから分離されて別個の植民地になると、初代植民地政府首相となるが、退任後、反乱のかどで投獄された。

太平洋戦争開戦後の1941年12月16日に、アウン・サンらは日本軍南機関の支援を得てバンコクに「ビルマ独立義勇軍」を創設。日本軍と共にイギリス軍と戦い、1942年3月にラングーンを陥落させ、同年7月ビルマからイギリス軍を駆逐することに成功し、ビルマ独立義勇軍をビルマ国防軍に改組した。南機関はバー・モウを中央行政府長官に据えビルマに軍政を敷き、1943年8月、ビルマ国独立を宣言、国家元首に就任し、対連合国への宣戦布告を行う。

1943年11月には東京で開かれた大東亜会議にビルマ国首班として参加した。1944年に日本の敗色が濃くなると、4月25日、南方軍ビルマ方面軍磯村武亮参謀副長の示唆を受けた参謀部情報班所属の浅井得一に暗殺されそうになるが、ビルマ兵が警戒して事なきを得る[1]。その後、ビルマ国民軍クーデターを起こしてイギリス側に寝返り、日本軍は1945年5月にイギリス軍やアメリカ軍に放逐され、ラングーン(現ヤンゴン)から撤退した。

1945年8月に日本亡命し、新潟県南魚沼郡塩沢町(現南魚沼市)の薬照寺陸軍中野学校出身の将校たちの協力により身を潜める。当地では英語を教授するいっぽう、日本語を覚えたという。12月に自ら連合国の占領軍(イギリス軍)に出頭した。翌年に特赦されビルマに帰国した。

1948年1月にイギリスからビルマが独立した後に一時政界に復帰するが、1950年代以降のネ・ウィン将軍の軍事政権下では拘禁された。その後釈放され、1977年にラングーンの自宅で死去。

脚注[編集]

  1. ^ 『ビルマの夜明け - バー・モウ(元国家元首)独立運動回想録』373頁。

関連項目[編集]