金子真人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

金子 真人(かねこ まこと、1945年3月15日 - )は、電子機器設計・製造関連ソフトウェア開発を主とする株式会社図研代表取締役社長ハワイの会員制ゴルフ場「キングカメハメハ・ゴルフ・クラブ」のオーナーでもある。

競走馬馬主としても知られ、七冠馬ディープインパクトをはじめ、牝馬三冠馬アパパネなど数々のスターホースを所有している。

本項では法人馬主としても活動する「金子真人ホールディングス株式会社」についても記述する。

経歴[編集]

馬主としての金子真人[編集]

金子は社長兼馬主として競馬界では有名な存在である。馬名には冠名を使わず、ハワイ関連や色関連などを含む多様なものをつける。国内外の重賞競走で活躍する所有馬も数多いことから競馬ファンからの人気を有しており、所有馬が重賞競走で勝利した翌日には彼が社長をつとめる図研(東京証券取引所1部上場)の株に「ご祝儀買い」が入るほどである。

池江泰郎松田国英国枝栄をはじめ、預託する中央競馬の厩舎は栗東美浦を問わず多岐に渡る。勝負服は黒・青袖・黄鋸歯形。これは自身の会社である図研のロゴカラーと同じ色を採用している。

所有馬の初出走は1995年10月8日、ノーバディエルスの新馬戦。このレースは8着に敗れた。1996年1月5日、ニーニャデガルチの新馬戦での勝利が初勝利となる。このニーニャデガルチは同年にニュージーランドトロフィー4歳ステークスに出走、これが重賞初挑戦となるが、16着に敗れた。重賞初勝利は、ブラックホークが優勝した1998年ダービー卿チャレンジトロフィー。同年にはアマロがNHKマイルカップに出走し、GI初出走を果たす。単勝12番人気の伏兵であったが、5着と健闘した。そしてGI初勝利は、前述のブラックホークが優勝した、1999年スプリンターズステークスであった。 ちなみに1996年5月12日に第1回NHKマイルカップを勝ったタイキフォーチュン大樹ファームからの一口馬主募集されたクラブの馬であったが、金子も購入所有していた。

2004年キングカメハメハ2005年にはディープインパクトで東京優駿(日本ダービー)の連覇を果たした。これは、馬主として史上初めての快挙である。また、ディープインパクトはナリタブライアン以来11年ぶり(無敗馬としてはシンボリルドルフ以来21年ぶり)となる中央競馬クラシック三冠皐月賞、日本ダービー、菊花賞)を達成した。

2004年、ハワイのマウイ島にあるゴルフ場を1250万ドルで購入し、4000万ドルをかけて改装し、愛馬の名前を冠した「キングカメハメハ・ゴルフ・クラブ」をオープン(開業は2006年)[1]

2005年8月4日付けで、個人だった馬主名義を、法人である金子真人ホールディングス株式会社に変更した。

2006年3月のドバイミーティングでは、ユートピアゴドルフィンマイルを制して日本初の国外ダート重賞優勝を達成し、またカネヒキリドバイワールドカップで4着に入る好走を見せた。同年10月1日にはディープインパクトが凱旋門賞に挑戦して大きな話題となったが、3着(のちに禁止薬物の使用によって失格)に敗れた。なお、前日のダニエルウィルデンシュタイン賞フランスG2)では、日本ではオープン勝ちすらしていなかったピカレスクコートが2着に入った。

2010年アパパネによる桜花賞優駿牝馬の勝利により五大クラシック競走完全制覇(個人名義時代含む)を達成した。天皇賞(秋)を制覇すれば八大競走完全制覇となる。さらに、アパパネが秋華賞を勝ち、史上初となる牡馬・牝馬両方で三冠馬を持つオーナーとなった。 2011年10月時点で、未勝利のJRA平地GIは高松宮記念、天皇賞(秋)、マイルチャンピオンシップ朝日杯フューチュリティステークスのみである。

おもな所有馬[編集]

個人名義[編集]

※*印は後に金子真人ホールディングス名義となった馬。GI勝ち鞍・JRA賞は名義変更前のもののみ記述。

統一GIは斜字で表記。

金子真人ホールディングス名義[編集]

※*印は名義変更以前からの所有馬で成績は名義変更後の成績を表示。

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]