京都記念

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
京都記念
Desperado IMG 5388 20140216.JPG
2014年京都記念
主催者 日本中央競馬会
開催地 日本の旗京都競馬場
施行時期 2月上旬 - 中旬
(原則2回京都6日目)
格付け GII
1着賞金 6000万円
賞金総額 1億1400万円
距離 芝2200m
出走条件 サラブレッド系4歳以上(国際)
出走資格も参照
負担重量 グレード別定(本文に記載
第1回施行日 1942年5月17日
テンプレートを表示

京都記念(きょうときねん)とは日本中央競馬会 (JRA) が京都競馬場2200メートルで施行する中央競馬重賞 (GII) 競走である。農林水産省が賞を提供しており、正式名称は「農林水産省賞典 京都記念」と表記している。

概要[編集]

1942年に京都競馬場のハンデキャップの芝3500mの重賞競走京都記念として創設され、春と秋の年2回施行された。春の競走は出走条件が5歳(現4歳)以上、秋の競走は4歳(現3歳)以上と決められていた。

1944年から1947年春までは太平洋戦争の影響により開催中止、1947年の秋の競走から再開、秋の競走は芝3200mに変更された。しかし春の競走も翌年に芝3000mに変更、秋の競走も1949年に芝3000mに変更した。

1951年には春の競走を芝2400mに変更。春・秋ともに負担重量を別定に変更したが翌年には再びハンデキャップに戻し、春は芝2200m、秋は芝2000mに変更。しかし1953年には再び春・秋ともに負担重量を別定にし秋の競走も芝2200mに変更したが、1954年の秋の競走は再びハンデキャップに戻され混合競走に指定、1955年には春の競走も指定され、芝2000mに変更した。1956年の春の競走から混合競走から除外、1959年の秋の競走は開催中止となった。

1964年には春の競走を芝2200mに変更、1969年からは春・秋ともに芝2400mとなった。1984年にはグレード制施行によりGIIに格付け、再び混合競走に指定、現在の年1回制に変更となった。1994年には日経新春杯と開催時期はそのままで競走条件を入れ替える形で現在の別定の芝2200mに変更され、1996年には地方所属の騎手が騎乗可能となり、2005年には混合競走から国際競走に変更された。

2000年はGI競走であるフェブラリーステークス東京競馬場)と同じ日に施行され、以降はフェブラリーステークス開催の前日である土曜日に組まれていたが、2011年からはダイヤモンドステークスと日程を入れ替える形で11年ぶりに日曜開催に戻った。

関西圏では日経新春杯に続く古馬の芝のGII競走であるが負担重量が別定なのでGI級の有力馬が年明け後の始動のレースとして出走するケースも多く、本競走から阪神大賞典大阪杯をステップとして天皇賞(春)に向かう傾向がある。また、日程的にドバイミーティングドバイデューティーフリードバイシーマクラシックなど)、クイーンエリザベス2世カップのステップレースとなり、2007年にはアドマイヤムーンがこのレースとドバイデューティーフリーで連勝を飾った。

現在の優勝レイの配色は緑色の地に銀色文字となっている。

出走資格サラ系4歳(旧5歳)以上のJRA所属の競走馬及び出走登録を行った外国調教馬(8頭まで)。

負担重量は4歳は55kg、5歳以上は56kg、牝馬は2kg減を基本とし、

  • 施行日当日から1年前の開催週以降のGI競走(牝馬限定競走を除く)1着馬は2kg増
  • 施行日当日から1年前の開催週以降の牝馬限定GI競走またはGII競走(牝馬限定競走を除く)1着馬は1kg増
  • 施行日当日から1年前の開催週より過去のGI競走(牝馬限定競走を除く)1着馬は1kg増

以上の条件で斤量が課せられる。ただし2歳時の成績を除く。なお2007年までは賞金別定で行われており、2002年にはナリタトップロードが60kgを背負って優勝している。2008年からは有力馬の出走を促すためグレード別定重量に変更となった。

歴史[編集]

以下は、京都記念(春)と(秋)と年1回制に分けて記載する。

京都記念(春)[編集]

  • 1942年 - 京都競馬場の芝3500mの5歳以上のハンデキャップの重賞競走「京都記念」(春)として創設。
  • 1943年 - 武田文吾騎手として史上初の連覇。
  • 1944年 - 1947年 - 太平洋戦争の影響で開催中止。
  • 1948年 - 施行距離を芝3000mに変更。
  • 1951年
    • 重量条件を別定重量に変更。
    • 施行距離を芝2400mに変更。
  • 1952年
    • 負担重量をハンデキャップに戻す。
    • 施行距離を芝2200mに変更。
  • 1953年 - 負担重量を別定に戻す。
  • 1955年
    • 混合競走に指定。
    • 負担重量をハンデキャップに再び戻す。
    • 施行距離を芝2000mに変更。
  • 1957年 - 混合競走から除外。
  • 1959年 - 名称を「農林省賞典京都記念」(春)に変更。
  • 1960年 - 前年の9月1日から日本競馬の時計表示が変更になったのに伴い、時計が1/5秒表示から1/10秒表示に変更。
  • 1965年 - 京都競馬場の改修工事により阪神競馬場の芝2200mで施行。
  • 1966年 - 施行距離を芝2200mに再び戻す。
  • 1969年 - 施行距離を芝2400mに再び戻す。
  • 1979年 - 農林省の名称変更により「農林水産省賞典京都記念」(春)に変更。
  • 1980年 - 京都競馬場の改修工事により中京競馬場の芝2400mで施行。
  • 1983年 - この年をもって、年2回制廃止。

歴代優勝馬[編集]

回数 施行日 優勝馬 性齢 勝時計 優勝騎手 管理調教師 馬主
第1回 1942年5月17日 マルエス 牡6 3:57 1/5 武田文吾 高橋政次郎 灰谷勝治
第3回 1943年5月23日 ハヤタケ 牡4 3:51 0/5 武田文吾 岩井健吉 伊藤祐之
第6回 1948年4月18日 マツミドリ 牡4 3:15 0/5 田中康三 茂木為二郎 松末博光
第8回 1949年5月29日 ハマカゼ 牝4 3:12 0/5 松本実 増本勇 相部藤次郎
第10回 1950年4月16日 ニシタツプ 牡5 3:13 2/5 杉村繁盛 杉村政春 松井時之助
第12回 1951年5月13日 オーエンス 牡5 2:30 0/5 土門健司 松田由太郎 桶谷辰造
第14回 1952年6月29日 サチホマレ 牡4 2:19 3/5 上田三千夫 上田武司 上田清次郎
第16回 1953年5月17日 キヨストロング 牡4 2:19 0/5 蛯名武五郎 藤本冨良 (株)東北牧場 
第18回 1954年4月04日 フアイナルスコア 牡4 2:19 1/5 伊藤修司 伊藤勝吉 仁木清七
第20回 1955年6月19日 セカイイチ 牝4 2:13 3/5 大根田裕也 日迫清 工藤久子
第22回 1956年6月10日 セカイオー 牡4 2:03 3/5 島崎宏 加藤清一 吉木三郎
第24回 1957年5月12日 タカクラオー 牡4 2:11 2/5 玉田一彦 橋田俊三 平島尚一
第26回 1958年5月11日 ライジングウイナー 牡4 2:06 2/5 田所秀雄 小川佐助 谷水信夫
第28回 1959年5月17日 イリユウ 牡4 2:05 2/5 宇田明彦 長浜彦三郎 浅野国次郎
第29回 1960年5月08日 フサリユウ 牡4 2:05.0 栗田勝 武田文吾 新子政勇貴
第31回 1961年5月14日 タイゴンオー 牡4 2:04.1 大根田裕也 諏訪佐市 佐藤庄平
第33回 1962年5月13日 マルニロール 牡4 2:05.9 杉村一馬 杉村政春 藤田芳夫
第35回 1963年5月12日 モトイチ 牡4 2:10.5 須貝彦三 橋田俊三 塚本元一
第37回 1964年5月10日 リユウフオーレル 牡5 2:05.0 宮本悳 橋本正晴 三好笑子
第39回 1965年5月09日 ヤングヒーロー 牡4 2:17.5 新井仁 福島角一 吉田久博
第41回 1966年5月08日 ハツライオー 牡4 2:19.8 松本善登 伊藤修司 大久保常吉
第43回 1967年3月05日 ヤマニリユウ 牡4 2:21.4 高橋成忠 柏谷富衛 北沢元男
第45回 1968年3月17日 ニホンピローホマレ 牡4 2:16.7 宮本悳 田所秀雄 小林百太郎
第47回 1969年3月16日 タケシバオー 牡4 2:34.6 古山良司 三井末太郎 小畑正雄
第49回 1970年3月08日 ヨコズナ 牡4 2:31.8 武邦彦 伊藤修司 渡辺重夫
第51回 1971年2月21日 コンチネンタル 牡5 2:33.9 津田昭 野平富久 アサヒ牧場
第53回 1972年2月20日 シュンサクリュウ 牡4 2:32.8 飯田明弘 小林稔 岩佐俊策
第55回 1973年2月11日 ハマノパレード 牡4 2:28.6 田島良保 坂口正二 (株)ホースタジマ
第57回 1974年2月11日 スカイリーダ 牡4 2:30.9 高橋成忠 佐藤勇 武用安弘 
第59回 1975年2月09日 タニノチカラ 牡6 2:30.0 田島日出雄 島崎宏 谷水雄三
第61回 1976年2月08日 ナラサンザン 牡4 2:30.1 福永洋一 武田文吾 大西楢次
第63回 1977年2月13日 テンポイント 牡4 2:27.2 鹿戸明 小川佐助 高田久成
第65回 1978年2月19日 エリモジョージ 牡6 2:28.8 福永洋一 大久保正陽 山本慎一
第67回 1979年2月18日 コウイチサブロウ 牡6 2:26.9 松本善登 庄野穂積 桂土地(株)
第69回 1980年2月17日 アグネスレディー 牝4 2:27.8 河内洋 長浜彦三郎 渡辺孝男
第71回 1981年2月15日 ロビンソンシチー 牡4 2:27.1 本田優 星川薫 (株)友駿ホースクラブ
第73回 1982年2月21日 アリーナオー 牡4 2:30.1 猿橋重利 湯浅三郎 山本信行
第75回 1983年2月20日 マサヒコボーイ 牡4 2:28.7 久保敏文 久保道雄 宮本貞雄

京都記念(秋)[編集]

  • 1942年 - 京都競馬場の芝3500mの4歳以上のハンデキャップの重賞競走「京都記念」(秋)として創設。
  • 1944年 - 1946年 - 太平洋戦争の影響で開催中止。
  • 1947年 - 施行距離を芝3200mに変更。
  • 1949年
  • 1951年 - 重量条件を別定重量に変更。
  • 1952年
    • 負担重量をハンデキャップに戻す。
    • 施行距離を芝2000mに変更。
  • 1953年
    • 負担重量を別定に戻す。
    • 施行距離を芝2200mに変更。
  • 1954年
    • 混合競走に指定。
    • 負担重量をハンデキャップに戻す。
  • 1956年 - 混合競走から除外。
  • 1959年 - 開催中止。
  • 1960年
    • 名称を「農林省賞典京都記念」(秋)に変更。
    • 前年の9月1日から日本競馬の時計表示が変更になったのに伴い、時計が1/5秒表示から1/10秒表示に変更。
  • 1961年
    • ヘリオスが史上初の連覇。
    • 大久保正陽が騎手として2人目の連覇。
  • 1966年 - 高橋成忠が騎手として3人目の連覇。
  • 1969年 - 施行距離を芝2400mに変更。
  • 1978年 - 農林省の名称変更により「農林水産省賞典京都記念」(秋)に変更。
  • 1979年 - 京都競馬場の改修工事により阪神競馬場の芝2400mで施行。
  • 1983年 - 年2回制廃止に伴い、廃止。

歴代優勝馬[編集]

回数 施行日 優勝馬 性齢 勝時計 優勝騎手 管理調教師 馬主
第2回 1942年11月01日 シヨウワミンド 牡4 3:49 4/5 稗田十七二 高橋直三 村上芳太郎
第4回 1943年11月07日 ドトウ 牝4 3:53 2/5 梅内慶蔵 新堂捨蔵 中村菊一
第5回 1947年10月17日 オーライト 牡4 3:31 2/5 元石正雄 伊藤勝吉 伊藤由五郎
第7回 1948年11月28日 アスカヤマ 牡4 3:31 2/5 近藤武夫 伊藤勝吉 渡辺小左衞門
第9回 1949年11月23日 カツフジ 牡6 3:24 2/5 近藤武夫 伊藤勝吉 伊藤由五郎
第11回 1950年11月03日 ツキヒサ 牝4 3:15 0/5 梶与四松 美馬信次 米原誠一
第13回 1951年11月25日 サチホマレ 牡3 3:11 3/5 上田三千夫 上田武司 上田清次郎
第15回 1952年12月01日 トキデンコー 牡4 2:05 1/5 松本実 増本勇 増本孝一
第17回 1953年10月18日 レダ 牝4 2:18 4/5 佐藤勇 武田文吾 熊谷新太郎
第19回 1954年10月17日 フアイナルスコア 牡4 2:21 1/5 近藤武夫 伊藤勝吉 仁木清七
第21回 1955年10月09日 ダイナナホウシユウ 牡5 2:16 4/5 上田三千夫 上田武司 上田清次郎
第23回 1956年12月30日 ユウチヨウ 牡3 2:19 2/5 矢倉義勇 坂本勇次郎 上田清次郎
第25回 1957年12月01日 サールス 牝5 2:18 4/5 清田十一 伊藤勝吉 松本英吉
第27回 1958年11月30日 メイジミドリ 牡3 2:21 4/5 清水久雄 増本勇 中野忠雄
第30回 1960年11月27日 ヘリオス 牡3 2:23.3 大久保正陽 大久保亀治 加藤弘
第32回 1961年11月26日 ヘリオス 牡4 2:18.5 大久保正陽 大久保亀治 加藤弘
第34回 1962年11月18日 イーグル 牡4 2:18.2 清水久雄 増本勇 河端豊次
第36回 1963年11月24日 ゴウカイ 牡4 2:19.7 栗田勝 武田文吾 伊藤由五郎
第38回 1964年11月29日 オーヒメ 牝3 2:19.9 田所稔 小川佐助 堀内正男
第40回 1965年11月28日 ヒカルポーラ 牡6 2:19.9 高橋成忠 佐藤勇 坪田喜之助
第42回 1966年11月27日 ヤマニリユウ 牡3 2:17.2 高橋成忠 柏谷富衛 北沢元男
第44回 1967年11月26日 フイニイ 牡3 2:17.6 保田隆芳 尾形藤吉 永田賢介
第46回 1968年12月01日 シバフジ 牡4 2:16.4 四位満教 浅見国一 内芝伝一
第48回 1969年11月30日 ランドエース 牡4 2:40.3 川端義雄 高橋直 木村善一
第50回 1970年11月29日 リュウスパーション 牡4 2:33.9 宮本悳 橋本正晴 三好諦三
第52回 1971年11月28日 キームスビィミー 牡5 2:27.5 小野幸治 小林稔 木村昭子
第54回 1972年11月05日 ヤマニンウエーブ 牡5 2:31.5 福永洋一 中村覚之助 土井宏二
第56回 1973年11月04日 メジロスイセイ 牡5 2:30.0 梅内忍 梅内慶蔵 木村孝
第58回 1974年11月03日 スカイリーダ 牡4 2:28.7 高橋成忠 佐藤勇 武用安弘
第60回 1975年11月02日 メジロジゾウ 牝5 2:29.5 池江泰郎 浅見国一 メジロ商事(株)
第62回 1976年11月07日 エリモジョージ 牡4 2:25.8 福永洋一 大久保正陽 山本慎一
第64回 1977年11月06日 ホクトボーイ 牡4 2:28.1 久保敏文 久保道雄 森滋
第66回 1978年11月05日 ハシコトブキ 牡4 2:26.8 河内洋 内藤繁春 (株)シンザンクラブ
第68回 1979年11月04日 グレートタイタン 牡4 2:26.5 稲葉的海 吉田三郎 長底定治郎
第70回 1980年11月02日 グレートタイタン 牡5 2:26.1 田原成貴 吉田三郎 長底定治郎
第72回 1981年11月01日 メトロジャンボ 牡6 2:30.2 田島良保 玉谷敬治 太田美津子
第74回 1982年11月07日 ロングワーズ 牡5 2:28.3 飯田明弘 小林稔 中井長一
第76回 1983年11月06日 エリモローラ 牡4 2:28.5 猿橋重利 大久保石松 山本慎一

京都記念[編集]

  • 1984年
    • 年1回制に変更。
    • グレード制施行によりGIIに格付け。
    • 混合競走に再び指定。
  • 1990年 - 阪神競馬場の改修工事による振替開催により阪神競馬場の芝2500mで施行。
  • 1993年 - 田原成貴が騎手として年1回制での史上初の連覇。
  • 1994年
    • 負担重量を別定に再び変更。
    • 施行距離を芝2200mに戻す。
    • 京都競馬場の改修工事のため阪神競馬場で施行。
  • 1996年 - この年から地方所属の騎手が騎乗可能となる。
  • 2001年 - 馬齢表示の国際基準への変更に伴い、出走条件が「5歳以上」から「4歳以上」に変更。
  • 2005年 - 混合競走から国際競走に変更され、外国調教馬は4頭まで出走可能となる。
  • 2007年
    • 日本のパートI国昇格に伴い、外国調教馬の出走枠が8頭に拡大。
    • 武豊が騎手として年1回制となって以後、2人目の連覇。
  • 2008年 - 負担重量が賞金別定からグレード別定に変更になる。
  • 2011年 - 施行日をダイヤモンドステークスと交換し、土曜日施行から日曜日施行に変更。
  • 2012年 - 基本負担重量を4歳56kg、5歳以上57kg(牝馬は2kg減)から4歳55kg、5歳以上56kg(牝馬は2kg減)に変更。
  • 2013年 - 武豊が2度目の連覇。

歴代優勝馬[編集]

第103回優勝馬ブエナビスタ
第104回優勝馬トゥザグローリー
第105回優勝馬トレイルブレイザー
第106回優勝馬トーセンラー

国際競走となった2005年以降は優勝馬の国旗を表記する。

回数 施行日 優勝馬 性齢 勝時計 優勝騎手 管理調教師 馬主
第77回 1984年2月19日 キョウエイアセント 牡5 2:31.0 伊藤清章 工藤嘉見 松岡正雄
第78回 1985年2月17日 メジロトーマス 牡4 2:27.9 村本善之 池江泰郎 (有)メジロ牧場
第79回 1986年2月16日 スダホーク 牡4 2:30.3 田原成貴 古山良司 須田松夫
第80回 1987年2月22日 シンチェスト 牡4 2:29.3 岩元市三 布施正 林幸雄
第81回 1988年2月21日 カシマウイング 牡5 2:27.5 的場均 飯塚好次 松浦安雄
第82回 1989年2月19日 ダイナカーペンター 牡5 2:27.5 加用正 増本豊 (有)社台レースホース
第83回 1990年2月18日 ナイスナイスナイス 牡4 2:32.8 河内洋 長浜博之 誓山正伸
第84回 1991年2月17日 プリンスシン 牡4 2:25.7 田島良保 安田伊佐夫 (株)デルマークラブ
第85回 1992年2月23日 オースミロッチ 牡5 2:28.4 田原成貴 中尾正 山路秀則
第86回 1993年2月21日 パリスハーリー 牡4 2:26.0 田原成貴 加藤敬二 滝井慶一
第87回 1994年2月13日 ビワハヤヒデ 牡4 2:16.8 岡部幸雄 浜田光正 (有)ビワ
第88回 1995年2月12日 ワコーチカコ 牝5 2:11.8 O.ペリエ 伊藤雄二 石田隆夫
第89回 1996年2月11日 テイエムジャンボ 牡5 2:14.0 河内洋 布施正 竹園正繼
第90回 1997年2月09日 ユウトウセイ 牡7 2:14.6 四位洋文 田中章博 (株)アイテツ 
第91回 1998年2月15日 ミッドナイトベット 牡4 2:16.3 O.ペリエ 長浜博之 (有)社台レースホース
第92回 1999年2月14日 エモシオン 牡4 2:15.2 四位洋文 小林稔 根岸治男
第93回 2000年2月20日 テイエムオペラオー 牡4 2:13.8 和田竜二 岩元市三 竹園正繼
第94回 2001年2月17日 マックロウ 牡4 2:12.3 安田康彦 松田博資 吉田勝己
第95回 2002年2月16日 ナリタトップロード 牡6 2:11.8 渡辺薫彦 沖芳夫 山路秀則
第96回 2003年2月22日 マイソールサウンド 牡4 2:16.5 本田優 西浦勝一 佐野清
第97回 2004年2月21日 シルクフェイマス 牡5 2:12.8 四位洋文 鮫島一歩 (有)シルク
第98回 2005年2月19日 日本の旗 ナリタセンチュリー 牡6 2:15.7 田島裕和 藤沢則雄 山路秀則
第99回 2006年2月18日 日本の旗 シックスセンス 牡4 2:13.5 武豊 長浜博之 (有)社台レースホース 
第100回 2007年2月17日 日本の旗 アドマイヤムーン 牡4 2:17.2 武豊 松田博資 近藤利一
第101回 2008年2月23日 日本の旗 アドマイヤオーラ 牡4 2:13.6 安藤勝己 松田博資 近藤利一
第102回 2009年2月21日 日本の旗 アサクサキングス 牡5 2:14.6 四位洋文 大久保龍志 田原慶子
第103回 2010年2月20日 日本の旗 ブエナビスタ 牝4 2:14.4 横山典弘 松田博資 (有)サンデーレーシング
第104回 2011年2月13日 日本の旗 トゥザグローリー 牡4 2:13.9 U.リスポリ 池江泰郎 (有)キャロットファーム
第105回 2012年2月12日 日本の旗 トレイルブレイザー 牡5 2:12.4 武豊 池江泰寿 前田幸治
第106回 2013年2月10日 日本の旗 トーセンラー 牡5 2:12.5 武豊 藤原英昭 島川隆哉
第107回 2014年2月16日 日本の旗 デスペラード 牡6 2:16.0 横山典弘 安達昭夫 市川義美

京都記念の(春・秋)連覇[編集]

年2回施行されていた1983年の秋・第76回までに5頭が春・秋両競走の制覇をしている。

馬名 性齢 優勝回
1 サチホマレ 牡3
牡4
秋・第13回
春・第14回
2 フアイナルスコア 牡4 春・第18回
秋・第19回
3 ヤマニリユウ 牡3
牡4
秋・第42回
春・第43回
4 スカイリーダ 牡4 春・第57回
秋・第58回
5 エリモジョージ 牡4
牡6
秋・第62回
春・第65回

関連項目[編集]

外部リンク[編集]