中山大障害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
中山大障害
The 133rd Nakayama Daishogai 20101225.jpg
第133回中山大障害
主催者 日本中央競馬会
開催地 日本の旗中山競馬場
施行時期 12月下旬
(原則5回中山7日目)
格付け J・GI
1着賞金 6500万円
賞金総額 1億2330万円
距離 障害・芝4100m
出走条件 サラブレッド系3歳以上(国際)
出走資格も参照
負担重量 定量(3歳61kg、4歳以上63kg、牝馬2kg減)
第1回施行日 1934年12月5日
テンプレートを表示

中山大障害(なかやまだいしょうがい)とは日本中央競馬会(JRA)が中山競馬場障害4100メートルで施行する中央競馬重賞J・GI競走である。農林水産省が賞を提供しているため、正式名称は農林水産省賞典 中山大障害と表記される。

以前は「大障害」を「おおしょうがい」と呼んでいたが、現在は「だいしょうがい」が正式な読み方となっている。

春に施行される中山グランドジャンプとともに、大竹柵障害や赤レンガと呼ばれる大生垣障害を飛越する中山競馬場の大障害コースが用いられる。

正賞は農林水産大臣賞、日本馬主協会連合会会長賞。

概要[編集]

初期の走路図
大竹柵障害を飛越するレツドサンド(右)とキンテン
(1934年大障碍特別)

中山競馬倶楽部肥田金一郎1932年に創設された東京優駿競走に匹敵する競走を中山競馬場でも開催したいと考え、イギリスのグランドナショナルにならった障害競走を創設するため同年に障害コースの整備を開始。1934年8月27日に大障碍特別競走を創設する旨を各倶楽部に通知した。

それは距離4100メートル、高さ160センチメートルの大竹柵、高さ140センチメートル幅220センチメートルの大土塁、高さ150センチメートル幅270センチメートルの大生垣の三大障害を含め計10回の飛越、加えて高低差4メートルを超える坂路を6回昇降するというものであり、ほとんどが中距離で障害も120センチメートル以下の競走しかなかった当時としては非常に過酷なものであった。

競馬関係者からは軍馬の改良の必要性などから長距離を耐え抜く有能な実役馬を選定できるという賛成意見もあったが、将来種牡馬となる良血馬、高額馬の出走が望めない少頭数となり競走興味が薄れるなどの理由で時期尚早とする反対意見が圧倒的となった。

しかし肥田は断固として施行を主張。12月5日大障碍特別競走を行うことを決定した。1着賞金は1万円であり、これは東京優駿競走と並び当時最高の賞金額を誇るレースであった。第1回の優勝馬は肥田の所有馬のキンテンである。

戦前期では負担重量が賞金によっておよそ60キログラムから70キログラムの間で行われ第8回に出走したチカラは73キログラムの負担重量で出走したが、戦後は馬資源の不足と軍馬育成の必要性がなくなったこともあり基本負担重量が大幅に引き下げられ障害の難易度も若干緩和された。また当初は天皇賞と同じく勝ち抜き制が採られていたが、戦後は1950年をのぞき過去の優勝馬も出走が可能となった。

1965年秋から現在のコースとなる1972年秋までは施行条件が幾度か変更された。平地外回りコース拡張およびダートコース新設のため、スタンド前内回りコースとそこに設置されていた大生垣が廃止。またスタート位置が第3、第4コーナー中間の土塁障害の前方から後方に移され飛越回数が10回から11回に増加、そして大竹柵をのぞくすべての障害の規模が拡大した。

ほかの著名な重賞競走は1990年代半ばが売上のピークとなっているが中山大障害が最も売上を伸ばしたのは1974年秋であり、総売上は25億9774万3200円である。

秋の競走は1979年までは「有馬記念(中山グランプリ)」の翌週に開催され、中央競馬の1年納めの重賞として開催されていたが、1980年から有馬記念を名実ともに「古馬日本一決定戦」にふさわしい1年納めの重賞とするために、それを1年の開催の最終日に移行させ、本レースは前日である最終週の土曜日に開催することになった(ただし、2012年2013年については有馬記念の翌日に阪神カップが行われる)。

1999年より障害競走改革のためグレード制が導入され、日本中央競馬会によりジャンプグレードワン(J・GI=ジェージーワン)に格付けされ、定量戦となる。優勝賞金額は5700万円から8000万円に大幅増となった。同時に春の中山大障害は中山グランドジャンプに衣替えし、年1回秋だけの開催となった。当初は春の大障害を「中山スプリングジャンプ」、秋の大障害を「中山グランドジャンプ」とする計画であったが競馬サークルの内外から「伝統のレース名は残すべき」という声が上がり、また春の競走を国際招待レースとする計画が立ち上がったため、春を「中山グランドジャンプ」、秋を「中山大障害」として実施することとなった。ファンファーレはそれまでは東京・中山用の重賞ファンファーレを使用していたが、同年より三枝成彰作曲によるJ・GIファンファーレが使用されている。2011年からは国際競走ともなる。

J・GIに格付けされて2度目の2000年以降、有馬記念の前日土曜日の開催が基本となっている。ただし2014年はその1週前の土曜日に開催される(2015年は再び有馬前日となる)。またレースは第10レースとして行われ、日本の競馬で行われるGI級競走では、同日に複数のGI(JpnI含む)が開催される場合を除き、唯一メインレースとはされていない。

出走資格[編集]

  • 原則としてサラ系4歳(旧5歳)以上のJRA所属の競走馬及び出走登録を行った外国調教馬8頭以内。出走枠は16頭まで。
  • 「通算の収得賞金」+「過去1年の収得賞金」+「過去2年のJ・GI競走の収得賞金」で決める。

負担重量[編集]

  • 定量で3歳61kg、4歳以上63kg、牝馬は2kg減である。
    • 第1〜121回は別定重量だった。

賞金[編集]

グレード制が施行された第122回(1999年)以降
回(施行年) 総額賞金 1着 2着 3着 4着 5着
第122回(1999年) 1億5,200万円 8,000万円 3,200万円 2,000万円 1,200万円 800万円
第123回(2000年)
第124回(2001年)
第125回(2002年)
第126回(2003年)
第127回(2004年)
第128回(2005年)
第129回(2006年)
第130回(2007年)
第131回(2008年)
第132回(2009年)
第133回(2010年) 1億4,250万円 7,500万円 3,000万円 1,900万円 1,100万円 750万円
第134回(2011年) 1億3,400万円 7,000万円 2,800万円 1,800万円 700万円
第135回(2012年) 1億2,330万円 6,500万円 2,600万円 1,600万円 980万円 650万円

コース[編集]

第3コーナーからスタートし、時計回りに4分の3周。向正面から襷コースに入り大竹柵へ、その後第4コーナーから第3コーナーを通ってふたたび襷コースに入って大生垣へ。その後第1コーナーから第2、第3コーナーを経由して第4コーナーから芝コースへ進入。芝コースの直線を通ってゴールを目指す。

障害飛越数は11回と4100メートルという距離にもかかわらず3900メートルで行われる阪神スプリングジャンプの14回、3930メートルの京都ハイジャンプの18回と比べて少ないが6度のバンケット昇降がある。春に行われる中山グランドジャンプより150メートル短い距離だが、バンケットの回数が多いためにスタミナの問われるコースとなっている。

大障害[編集]

中山競馬場の襷コースおよび大竹柵・大生垣の各障害は「大障害コース」とも呼ばれ、本競走と中山グランドジャンプでのみ使用される。春は皐月賞、年末は有馬記念の午後は馬場が開放される。

大竹柵[編集]

1938年の大竹柵
2007年の大竹柵

中山競馬場第6号障害。スタートから5番目に飛越する障害であり高さ160センチメートル幅205センチメートル(1990年代以前は高さ160センチメートル、幅190センチメートル)、土台部分の高さは85センチメートルとなっている。1980年代はこの障害で転倒、落馬をする馬が非常に多く1981年春より1985年秋までの10回で出走馬延べ80頭のうち19頭の転倒、落馬を引き起こした[1]。その後1991年から1996年までは89頭中13頭と相変わらず高確率で落馬が起きていたが、その後竹柵をしまりが緩くかき分けやすいものに変更したことに伴い大幅に易化し2003年から2012年までの計10回の競走で落馬した馬は140頭の出走馬のうちジュレップただ1頭のみである。

主な出来事[編集]

  • 1970年秋 - 1番人気インターヒカリ、2番人気スイノソレイユ、5番人気フォースターフの3頭が転倒。
  • 1980年秋 - 1番人気ナカミショウグン、2番人気ジョーアルバトロスなど4頭が騎手落馬により競走中止。
  • 1983年春 - ヤクモファントムの騎手・田中剛とサビアスポートの騎手・菅沼輝正は落馬のあとに再騎乗を行い、それぞれ7位、8位に入線(8頭立て)。中山大障害での落馬再騎乗はこれを最後に行われていない。
  • 1985年春 - バウンスポート、ナックルフォンテン、エイティレオ、ダイナドルフィンの4頭が転倒。中山大障害2勝のオキノサキガケとスマッシングダイナの騎手が落馬したため、計6頭競走中止。中山大障害の最多記録となっている。
  • 1992年春 - 中山大障害優勝馬のワカタイショウパンフレットなど4頭が競走中止。不利を受けなかったシンボリクリエンスが2着に8秒6差の独走で優勝した。
  • 1998年春 - 当時の障害重賞4場グランドスラム(中山大障害、京都大障害東京障害特別阪神障害ステークス)がかかっていた1番人気アワパラゴンが転倒。

大生垣[編集]

1938年の大土塁
2007年の大生垣

中山競馬場第7号障害。スタートから7番目に飛越する障害であり高さ160センチメートル、幅240センチメートル、土塁の高さは80センチメートルであり、大障害創設当初より20センチメートル高くなっている。大竹柵から見て逆周りをしてもう1回、襷に戻ってくるという仕組み。かつては大土塁(おおどるい)と呼ばれたが、当時の大生垣の廃止後1990年代に入ってこちらが大生垣と呼ばれるようになった。前面土塁部分に赤レンガ模様のデザインが施されているため「赤レンガ」という通称も用いられる。以前より競走中止となることは少ないが、ときおり有力馬の落馬を引き起こしている。また、大竹柵の難易度低下に伴って近年では中止率が逆転している。

おもな出来事[編集]

各種記録[編集]

記録[編集]

3連覇以上の優勝馬[編集]

  • フジノオー(4回・4回連続・1963年秋から1965年春)
  • グランドマーチス(4回・4回連続・1974年春から1975年秋)
  • バローネターフ(5回・3回連続・1977年春から1977年秋、1978年秋から1979年秋)
  • ポレール(3回・3回連続・1996年春から1997年春)

ほかにゴーカイの3年連続2着(1999年から2001年)、メルシーエイタイムの5年連続連対(2005年から2009年)という記録も存在する。

エピソード[編集]

競走のエピソード[編集]

  • 1944年春の競走は競馬の一時停止と中山競馬場閉鎖のため、同年6月11日に東京競馬場で能力検定競走「農商省賞典障碍」を距離4050メートルで施行。7歳以上の馬は出走不可のため5、6歳馬のみで争われた。9頭立てで行われイマカゼが5分3秒のタイムで優勝したが、中山大障害の回数としてはカウントされていない。秋は京都競馬場で行われる予定だったが、戦局の悪化に伴い4歳馬競走のみ行われたため障害競走はすべて取り止めとなった。
  • 1957年春の競走でカツプスターに騎乗した本田昌雄騎手は大土塁(現・大生垣)飛越着地の際に落馬したが直ちに再騎乗を行い鐙を踏まずに大生垣(廃止)を飛越して完走(出走馬8頭・8着)したため、裁決委員からその敢闘ぶりを表彰された。
  • 1960年春の競走でガーナードに騎乗した加賀武見騎手は落馬後再騎乗の際に他人の助けを借り、また競走に要した時間が規定時間を越えたため(参考タイム 9分31秒2)タイムオーバーでガーナードは失格、加賀武見は戒告を受けた。
  • 1972年春の競走ではナスノセイランが前年春に続いて連覇(前年秋は開催せず)したがこのときの2着馬は全弟であるナスノヒエンであり、GI(級)レースにおいて初めて(2010年6月現在、いまだに唯一)となる全姉弟による1・2着を記録した。なお、ナスノヒエンは1973年春の競走を勝利している。

その他のエピソード[編集]

  • 阿部幸太郎が『中央競馬ワイド中継』のレギュラー時代、中山大障害コース4100メートルを自分の足で走ってさらには障害は乗り越えて完走するという特集VTRが制作された。のちに競馬開催台風降雪などで中止となった際に穴埋めとして放映された。
  • 有馬記念などの大レース開催日に大障害コースの一部を観客席として開放するケースや、ファンサービスの一環として実際に大障害コースの一部に入れる機会を設けるケースもある。

歴史[編集]

  • 1934年秋 - 「大障碍特別競走」の名称で別定戦として創設。出走馬4頭中3頭が完走した。
  • 1935年 - この年より年2回施行される(1947年1956年をのぞく)。同年春にレース名が「中山大障碍特別」に改められ、秋からは農林省賞典が下賜され、「農林省賞典障碍」となる。
  • 1938年秋 - 「小倉農林省賞典障碍」創設に伴い、「中山農林省賞典障碍」に改称される。
  • 1943年秋 - 農林省と商工省の一部が合併し「農商省」が設置されたことに伴い、「中山農商省賞典障碍」に改称される。
  • 1944年春 - 中山競馬場閉鎖に伴い、春季に東京で能力検定競走「農商省賞典障碍」として施行される。
  • 1947年秋 - 戦後「小倉農林省賞典障碍」が廃止、およびふたたび農林省が設置されたことに伴い名称が「農林省賞典障碍」にもどる。
  • 1948年
    • 春 - 過去の優勝馬が出走可能となる。
    • 秋 - 競走名が「中山大障碍」に変更される。
  • 1950年 - この年のみ過去の優勝馬が出走不可となる。
  • 1951年春 - 過去の優勝馬の斤量は2kg増となる。
  • 1953年春 - NHKによってテレビ中継され、日本初の競馬のテレビ中継となった。
  • 1954年秋 - 競走名が「農林省賞典中山大障碍」に変更される。
  • 1957年 - 秋の競走に限り4歳馬(現・3歳馬)の出走が可能となる。
  • 1966年春 - 中山大障碍1勝ごとに2kg増に変更される[2]
  • 1969年春 - 出走馬ロイタンの実質的な馬主が出走馬バスターに禁止薬物のカフェインを含む抹茶を摂取させようと企み、バスターが出走取消に追い込まれる事件が起こった(バスター事件)。
  • 1970年 - 「障碍」から「障害」へ漢字表記が変更され「農林省賞典中山大障害」となる。
  • 1971年秋 - 馬インフルエンザ蔓延の影響で開催中止。
  • 1972年
  • 1972年秋 - 向正面障害専用コース新設に伴い距離が4100mに短縮される。
  • 1976年春 - ふたたび中山大障害1勝ごとに2kg増に変更される。
  • 1978年秋 - 農林省の名称変更により「農林水産省賞典中山大障害」となる。
  • 1988年春 - 中山競馬場の改修工事で東京競馬場で行われたため東京大障害として施行された。東京大障害は過去に使用されたことがない距離4000mで施行され、第3コーナーから逆回りで1周したあとに襷コースに入り第2コーナーから順回りで直線に向かった。障害飛越数は17。
  • 1989年春 - 混合競走に指定。
  • 1993年秋 - 混合競走に指定。
  • 1999年
    • グレード制導入によりJ・GIに格付け。
    • 負担重量を定量として年1回施行。春のレースを中山グランドジャンプに移行。
  • 2000年 - 創設以来初めて出走可能頭数上限の16頭で行われる。
  • 2001年 - 馬齢表示の国際基準への変更に伴い、出走条件が「4歳以上」から「3歳以上」に変更。
  • 2002年 - ギルデッドエージが優勝し、ニュージーランドから短期免許で騎乗したロシェル・ロケットがJRA史上初の女性騎手による重賞制覇を果たした。
  • 2003年 - 積雪のため中止・2004年1月に代替開催。このため2004年は1月と12月で2回行われた。
  • 2005年 - テイエムドラゴンが1着となり、1968年のタジマオーザ以来37年ぶりに3歳馬が優勝した(2着も3歳馬のメルシーエイタイム)。
  • 2009年 - キングジョイがJ・GIに格付けおよび年1回施行において史上初の連覇。
  • 2011年 - 国際競走に変更され、外国調教馬は8頭まで出走可能となる。
  • 2014年 - 開催時期を1週早め、朝日杯フューチュリティステークスの前日開催となる予定と同時に第11競走で実施予定。
  • 2015年 - 施行日を5回7日目に変更し、有馬記念の前日開催となる予定[3][4]

歴代優勝馬[編集]

中山大障害(春)[編集]

回数 施行日 優勝馬 性齢 勝時計 優勝騎手 管理調教師 馬主
第2回 1935年4月07日 イサハヤ 牡6 5:09 4/5 秋山辰治 川崎敬次郎 真藤慎太郎
第4回 1936年4月05日 ジユピターユートピア 牡5 5:01 4/5 中口儀一郎 大久保房松 小林国威
第6回 1937年4月04日 フソウ 牡4 4:57 1/5 平井寅雄 稲葉秀男 中村勝五郎
第8回 1938年4月10日 トクタカ 牡5 4:59 0/5 内藤潔 尾形景造 山中清兵衛
第10回 1939年4月09日 コクオー 牝5 5:03 4/5 松永光雄 土田順三 村上菊松
第12回 1940年4月19日 キヨクジツ 牡6 4:55 4/5 古賀嘉蔵 尾形景造 高杉晋
第14回 1941年4月20日 ライハルオン 牝6 4:53 1/5 中野才一 佐藤重治 伊藤盛治
第16回 1942年4月26日 ホウカツピータ 牡5 5:07 2/5 本田昌雄 稗田虎伊 経塚彌三
第18回 1943年5月02日 モトクマ 牡5 5:03 4/5 平井稔 稲葉幸夫 門井鍋四郎
第21回 1948年4月03日 フクレイ 牡5 4:08 1/5 田畑志郎 古賀嘉蔵 西博
第23回 1949年5月01日 カミカゼ 牡4 4:50 3/5 高松三太 柏谷富衛 小野ムメ
第25回 1950年5月05日 エイシヤイン 牡6 5:00 2/5 小森園正義 久保田彦之 伊藤市平
第27回 1951年5月20日 ツキヤス 牝4 4:43 4/5 古山良司 上村大治郎 高須銀次郎
第29回 1952年6月08日 カツシロ 牡4 4:44 4/5 富田六郎 見上恒芳 松村政雄
第31回 1953年6月28日 ハクオー 牡4 4:45 3/5 斉藤義美 松元正雄 西村光之助
第33回 1954年6月20日 ギンザクラ 牡4 4:50 3/5 富田六郎 見上恒芳 鈴江チヨ
第35回 1955年6月26日 キタノイヅミ 牡4 4:43 1/5 勝尾竹男 久保田金造 田中留治
第38回 1957年6月30日 クロシオ 牡4 4.52 0/5 長池辰三 大久保末吉 渡辺美弥子
第40回 1958年6月29日 ケニイモア 牝5 4:47 0/5 目時重男 武輔彦 ジョー・エス
第42回 1959年6月28日 オータジマ 牡4 4:43 0/5 高屋次郎 古賀嘉蔵 田島将光
第44回 1960年6月26日 ロールメリー 牝5 4:49.5 古賀一隆 古賀嘉蔵 豊島美王麿
第46回 1961年4月23日 クニハヤ 牡6 4:45.0 加賀武見 阿部正太郎 日下邦雄
第48回 1962年4月22日 フエニツクス 牡5 4:54.2 田村駿仁 二本柳俊夫 河野魁
第50回 1963年6月23日 ゴールデンオーザ 牡4 4:46.2 関口薫 中村広 川俣トシエ
第52回 1964年3月15日 フジノオー 牡5 4:45.5 横山富雄 橋本輝雄 藤井一雄
第54回 1965年4月11日 フジノオー 牡6 4:49.2 横山富雄 橋本輝雄 藤井一雄
第56回 1966年4月24日 アドミラル 牡4 5:04.0 小泉明東 尾形藤吉 永田雅一
第58回 1967年6月11日 クニハヤヒメ 牝4 4:52.1 関口健太郎 阿部正太郎 日下邦雄
第60回 1968年4月07日 フジノホマレ 牡8 4:53.4 横山富雄 橋本輝雄 藤井一雄
第62回 1969年6月29日 ホンマルシロー 牡4 4:58.9 千田能照 勝又忠 原田享
第64回 1970年4月05日 ハセタカラ 牡4 4:50.9 法理弘 阿部正太郎 長南鶴雄
第66回 1971年5月05日 ナスノセイラン 牝5 4:48.6 金井国男 稲葉秀男 那須野牧場
第68回 1972年6月04日 ナスノセイラン 牝6 4:53.0 柴崎勇 稲葉秀男 那須野牧場
第70回 1973年4月08日 ナスノヒエン 牡5 4:45.1 金井国男 稲葉秀男 那須野牧場
第72回 1974年4月07日 グランドマーチス 牡5 4:48.4 寺井千万基 伊藤修司 大久保興産(株)
第74回 1975年4月06日 グランドマーチス 牡6 4:40.3 寺井千万基 伊藤修司 大久保興産(株)
第76回 1976年4月11日 エリモイーグル 牡5 4:38.9 渡辺修一 大久保末吉 井上芳春
第78回 1977年4月10日 バローネターフ 牡5 4:44.3 三浦春美 矢野進 (有)ターフ・スポート
第80回 1978年4月09日 ファンドリナイロ 牡6 4:42.1 広松孝司 須貝彦三 水戸富雄
第82回 1979年4月08日 バローネターフ 牡7 4:38.5 根本康広 矢野進 (有)ターフ・スポート
第84回 1980年4月06日 オキノサコン 牡6 4:49.5 星野忍 八木沢勝美 沖崎エイ、沖崎藤吉郎
第86回 1981年4月05日 ナカミショウグン 牡5 4:47.4 根本康広 八木沢勝美 中村美俊
第88回 1982年4月11日 キングスポイント 牡5 4:44.1 小島貞博 小川佐助 高田久成
第90回 1983年4月10日 オキノサキガケ 牡5 4:41.8 星野忍 佐藤林次郎 沖崎エイ、沖崎藤吉郎
第92回 1984年4月08日 メジロジュピター 牡6 4:41.9 池添兼雄 大久保洋吉 メジロ商事(株)
第94回 1985年4月07日 ブルーフラール 牝5 4:43.1 成田均 大久保勝之 栗林英雄
第96回 1986年4月06日 ライバコウハク 牡7 4:44.9 大江原哲 松元正雄 坂本盛正、上水清氏
第98回 1987年4月12日 メジロアンタレス 牡8 4:44.2 成田均 大久保洋吉 メジロ商事(株)
第100回 1988年4月10日 メジロアイガー 牡5 4:34.6 臼井武 尾形充弘 (有)メジロ牧場
第102回 1989年4月09日 キョウエイウオリア 牡10 4:46.8 星野忍 中村均 松岡正雄
第104回 1990年4月07日 パンフレット 牡5 4:39.5 嘉堂信雄 田中良平 小田切有一
第106回 1991年4月06日 シンコウアンクレー 牡5 4:38.1 田中剛 二本柳俊一 安田修
第108回 1992年4月11日 シンボリクリエンス 牡7 4:41.7 大江原哲 境征勝 シンボリ牧場
第110回 1993年4月10日 メジログッテン 牡6 4:38.5 押田年郎 大久保正陽 (有)メジロ牧場
第112回 1994年4月09日 ブロードマインド 牡6 4:40.7 牧之瀬幸夫 矢野進 吉田照哉
第114回 1995年4月08日 ダイカツストーム 牡5 4:44.1 中竹和也 中村好夫 志賀泰吉
第116回 1996年4月06日 ポレール 牡5 4:41.2 星野忍 岩元市三 林進
第118回 1997年4月12日 ポレール 牡6 4:43.1 出津孝一 岩元市三 林進
第120回 1998年4月18日 ノーザンレインボー 牡8 4:46.2 田中剛 鈴木康弘 吉田照哉

以後、中山グランドジャンプに移行。

中山大障害(秋)[編集]

回数 施行日 優勝馬 性齢 勝時計 優勝騎手 管理調教師 馬主
第1回 1934年12月05日 キンテン 牡5 5:21 1/5 稲葉幸夫 稲葉秀男 肥田金一郎
第3回 1935年10月20日 オーシス 牡4 5:02 2/5 佐藤修 杉浦照 石川義明
第5回 1936年10月18日 トーナメント 牡4 4:57 1/5 中野吉太郎 杉浦照 石川義明
第7回 1937年10月17日 キンテキ 牡4 5:01 0/5 古賀嘉蔵 尾形景造 高井治兵衛
第9回 1938年11月27日 リードアン 牝4 5:06 0/5 稲葉幸夫 藤本冨良 大川義雄
第11回 1939年12月03日 シヤインモア 牝4 4:55 1/5 内藤潔 尾形景造 土田荘助
第13回 1940年12月08日 スタミナ 牝5 4:59 0/5 岩下密政 田村仁三郎 豊島美王麿
第15回 1941年12月07日 ゼーアドラー 牡5 4:55 0/5 古賀嘉蔵 尾形景造 片山哲雄
第17回 1942年11月29日 バイエル 牝4 5:08 3/5 富田竹次郎 布施季三 高橋錬逸
第19回 1943年11月28日 カミワカ 牡5 5:05 1/5 岩下密政 田村仁三郎 豊島美王麿
第20回 1947年12月14日 ニユージヤパン 牡4 4:07 3/5 小桧山悦雄 鈴木信太郎 豊島美王麿
第22回 1948年11月03日 ブルーホマレ 牡4 4:47 0/5 吉野勇 大久保房松 久保邦造
第24回 1949年12月04日 ブランドライト 牡5 4:58 3/5 坂内光雄 尾形藤吉 川内安忠
第26回 1950年12月07日 アシガラヤマ 牡4 4:54 1/5 吉野勇 平井寅雄 川島政子
第28回 1951年12月16日 ミツタヱ 牝5 4:51 0/5 渡辺正人 東原玉造 河野信一
第30回 1952年12月21日 サチヒカリ 牡4 4:50 3/5 坂本栄三郎 小西喜蔵 石原利貞
第32回 1953年11月01日 モモタロウ 牡5 4:49 4/5 野平幸雄 田中和一郎 舟橋聖一
第34回 1954年11月03日 アラワシ 牡4 4:54 1/5 伊藤英治 望月与一郎 高橋なつ
第36回 1955年11月03日 シマユキ 牡5 4:47 1/5 飯塚好次 松山吉三郎 小野仁助
第37回 1956年11月18日 ハクレイ 牝4 4:54 4/5 目時重男 尾形藤吉 西博
第39回 1957年10月20日 ヤマカブト 牝5 4:46 1/5 坂本栄三郎 小西喜蔵 山之内喜代子
第41回 1958年10月12日 ケニイモア 牝5 4:44 4/5 目時重男 武輔彦 ジョー・エス
第43回 1959年10月11日 ハルボー 牡4 4:43.8 本田昌雄 田中朋次郎 加藤春雄
第45回 1960年10月09日 ロールメリー 牝5 4:46.9 古賀一隆 古賀嘉蔵 豊島美王麿
第47回 1961年10月15日 トサキング 牡4 4:48.4 瀬戸口勉 上田武司 上田清次郎
第49回 1962年10月07日 ライトリア 牡6 4:43.1 坂内光雄 藤本冨良 伊藤久雄
第51回 1963年10月20日 フジノオー 牡4 4:46.9 横山富雄 橋本輝雄 藤井一雄
第53回 1964年10月11日 フジノオー 牡5 4:49.7 横山富雄 橋本輝雄 藤井一雄
第55回 1965年10月17日 ミスハツクモ 牝5 4:54.4 前田禎 鈴木清 勝又豊次郎
第57回 1966年12月04日 ホウラン 牝4 4:56.1 金井国男 稲葉秀男 河野通
第59回 1967年12月03日 ヤマニンダイヤ 牡5 4:48.1 鶴留明雄 諏訪佐市 土井宏二
第61回 1968年12月29日 タジマオーザ 牡3 4:56.6 津田昭 佐藤勝美 (株)田島牧場
第63回 1969年12月28日 マウントブゼン 牝4 4:55.1 山田広士 野平省三 山田福太郎
第65回 1970年12月27日 リクオー 牡4 4:58.4 千田能照 勝又忠 矢沢註二
第67回 1971年12月25日 開催中止
第69回 1972年12月24日 マスヒロ 牝4 5:02.8 成島正規 阿部正太郎 増山栄一
第71回 1973年12月23日 クリユタカ 牡5 4:44.7 法理弘 阿部正太郎 栗林友二
第73回 1974年12月22日 グランドマーチス 牡5 4:40.2 寺井千万基 伊藤修司 大久保興産(株)
第75回 1975年12月21日 グランドマーチス 牡6 4:42.5 法理弘 伊藤修司 大久保興産(株)
第77回 1976年12月26日 サクラオンリー 牡8 4:45.1 平井雄二 久保田彦之 (株)さくらコマース
第79回 1977年12月25日 バローネターフ 牡5 4:39.7 三浦春美 矢野進 (有)ターフ・スポート
第81回 1978年12月24日 バローネターフ 牡6 4:43.6 小柳由春 矢野進 (有)ターフ・スポート
第83回 1979年12月23日 バローネターフ 牡7 4:43.7 根本康広 矢野進 (有)ターフ・スポート
第85回 1980年12月20日 カチウマタロー 牡5 4:49.4 田中剛 柄崎義信 島崎竜五郎
第87回 1981年12月19日 テキサスワイポン 牡7 4:42.1 今岡正 二分久男 渡辺孝男
第89回 1982年12月25日 キングスポイント 牡5 4:42.6 小島貞博 小川佐助 高田久成
第91回 1983年12月24日 オキノサキガケ 牡5 4:41.9 星野忍 佐藤林次郎 沖崎エイ、沖崎藤吉郎
第93回 1984年12月22日 メジロアンタレス 牡5 4:39.1 牧之瀬幸夫 大久保洋吉 メジロ商事(株)
第95回 1985年12月21日 オンワードボルガ 牡4 4:46.9 田中剛 二本柳俊夫 樫山純三
第97回 1986年12月20日 ハッピールイス 牡4 4:45.6 中竹和也 吉田三郎 マエコウファーム(有)
第99回 1987年12月26日 シノンシンボリ 牡8 4:39.4 牧之瀬幸夫 大和田稔 和田共弘
第101回 1988年12月24日 ヤマニンアピール 騸5 4:39.0 岡冨俊一 中村均 土井宏二
第103回 1989年12月23日 メジロマスキット 牝4 4:39.0 臼井武 尾形充弘 (有)メジロ牧場
第105回 1990年12月22日 ワカタイショウ 牡5 4;38.9 星野忍 嶋田功 渡辺喜八郎
第107回 1991年12月21日 シンボリモントルー 牡6 4:37.2 成田均 田中和夫 シンボリ牧場
第109回 1992年12月26日 シンボリクリエンス 牡7 4:38.3 大江原哲 境征勝 シンボリ牧場
第111回 1993年12月25日 ブロードマインド 牡5 4:42.0 牧之瀬幸夫 矢野進 吉田照哉
第113回 1994年12月17日 ローズムーン 牝5 4:40.6 五十嵐久 田村駿仁 (株)大東牧場
第115回 1995年12月16日 フジノスラッガー 牡5 4:44.9 臼井武 和田正道 中村寛俊
第117回 1996年12月14日 ポレール 牡5 4:44.0 星野忍 岩元市三 林進[要出典]
第119回 1997年12月13日 ケイティタイガー 牡8 4:45.5 嘉堂信雄 吉岡八郎 瀧本和義[要出典]
第121回 1998年12月19日 ビクトリーアップ 騸5 4:44.1 横山義行 吉永正人 (有)池ばた[要出典]

※出典:第1〜115回は中央競馬全重賞競走成績集、障害・廃止重賞編(H9.日本中央競馬会)P6〜132より(一部昭和29年競馬統計P136〜143含)

J・GIに格付けされてからの歴代優勝馬[編集]

回数 施行日 優勝馬 性齢 勝時計 優勝騎手 管理調教師 馬主[要出典]
第122回 1999年12月18日 ゴッドスピード 牡5 4:42.6 西谷誠 瀬戸口勉 坪野谷和平
第123回 2000年12月23日 ランドパワー 牡5 4:40.7 金折知則 福島勝 木村善一
第124回 2001年12月22日 ユウフヨウホウ 牡4 4:44.1 今村康成 松元茂樹 (株)アイテツ
第125回 2002年12月21日 ギルデッドエージ 牡5 4:51.6 R.ロケット 松元茂樹 (有)ノースヒルズマネジメント
第126回 2004年01月10日 ブランディス 騸7 4:40.9 大江原隆 藤原辰雄 (有)サンデーレーシング
第127回 2004年12月25日 メルシータカオー 騸5 4:37.6 出津孝一 武宏平 永井康郎
第128回 2005年12月24日 テイエムドラゴン 牡3 4:39.9 白浜雄造 小島貞博 竹園正繼
第129回 2006年12月23日 マルカラスカル 牡4 4:41.0 西谷誠 瀬戸口勉 河長産業(株)
第130回 2007年12月22日 メルシーエイタイム 牡5 4:39.7 横山義行 武宏平 永井康郎
第131回 2008年12月27日 キングジョイ 牡6 4:45.0 高田潤 増本豊 松岡隆雄
第132回 2009年12月26日 キングジョイ 牡7 4:41.7 西谷誠 増本豊 松岡隆雄
第133回 2010年12月25日 バシケーン 牡5 4:46.1 蓑島靖典 高橋義博 石橋英郎
第134回 2011年12月24日 日本の旗マジェスティバイオ 牡4 4:44.2 山本康志 田中剛 バイオ(株)
第135回 2012年12月22日 日本の旗マーベラスカイザー 牡4 4:48.8 熊沢重文 柴田政見 笹原貞生
第136回 2013年12月21日 日本の旗アポロマーベリック 牡4 4:45.8 五十嵐雄祐 堀井雅広 アポロサラブレッドクラブ

(参考)農商省賞典障碍[編集]

施行日 優勝馬 性齢 勝時計 優勝騎手 管理調教師 馬主
1944年6月11日 イマカゼ 牝5 5:03 0/5 石澤秀二
  • 競走名:第1回 「大障碍特別」、第2回「中山大障碍特別」、第3 - 8、20、21回 「農林省賞典障碍」、第9 - 18回 「中山農林省賞典障碍」、第19回 「中山農商省賞典障碍」、第100回 「東京大障害」
  • 距離:第16 - 19回 4240m、第20、21回 3350m、第55 - 68回 4200m、第100回 4000m
  • 勝時計:第1 - 42回 1/5秒表示、第43回 - 1/10秒表示

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 再騎乗および転倒した他馬に触れたものも含む。
  2. ^ 当初はふたたび過去の優勝馬の出走を禁止することを発表していたが、撤回された。
  3. ^ 平成27年度の重賞競走の主な変更点について – 日本中央競馬会、2014年10月20日閲覧
  4. ^ 平成27年開催日割 – 日本中央競馬会、2014年10月20日閲覧

外部リンク[編集]