ショウワモダン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ショウワモダン
Showa Modern 20100606P1.jpg
2010年6月6日 東京競馬場
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 2004年3月31日
死没 2011年12月2日(7歳没)
登録日 2006年6月8日
抹消日 2011年6月8日
エアジハード
ユメシバイ
生国 日本の旗 日本北海道千歳市
生産 社台ファーム
馬主 山岸桂市
調教師 杉浦宏昭美浦
競走成績
生涯成績 47戦10勝
獲得賞金 3億5405万円
テンプレートを表示
第60回安田記念(2010年6月6日)

ショウワモダン日本競走馬である。おもな勝ち鞍は2010年安田記念。同競走の勝利は父エアジハードとの父仔制覇であり、祖父サクラユタカオーから続いての内国産父仔3代連続のGI勝利でもある。名前の由来は「昭和を偲んで」(昭和モダンを片仮名書きとしたもの)。

戦績[編集]

仕上がりは早く2006年7月にデビューしたものの、3戦連続2着など勝ち切れないレースが続く。

2007年の年明け初戦で6戦目にして初勝利を挙げる。中1週で若竹賞を連勝し、スプリングステークスに挑戦。後方から追い込むものの4着に敗れ、皐月賞の優先出走権獲得はならなかった[1]。その後はクラシック路線には進まず、ニュージーランドトロフィー(8着)、ラジオNIKKEI賞(11着)に出走している。2カ月の休養をはさみ、自己条件である1000万下の紅葉特別に勝利。準オープンを8着、2着で3歳のシーズンを終える。

2008年は年明け2戦目の斑鳩ステークスを1番人気で勝ってオープン入りを果たすが、その後重賞を3戦してすべて着外に終わり、夏季開催時の降級で準オープンに戻る。新潟日報賞(13着)後、夏バテのため休養に入り、復帰戦のノベンバーステークスで勝利して再度オープン入り。しかし次走の鳴尾記念では先行するものの直線でまったく伸びず16着と大敗する。

2009年は得意とする道悪[2]の東風ステークスに勝ち、福島テレビオープンで2着はするものの、それ以外は振るわず、特に秋以降は3戦連続で二桁着順に敗れる。しかしディセンバーステークスで人気薄ながらハナ差で制する。

2010年はニューイヤーステークス、根岸ステークスに続く3戦目に中山記念に出走した。不良馬場となったこのレースでは従来の先行策ではなく、中団から4コーナーで押し上げる好位差しの戦法で3着に入った。東風ステークス3着をはさみ、3年連続の出走となったダービー卿チャレンジトロフィーで終始2番手から直線で逃げるマイネルファルケをかわして重賞初勝利を挙げる。そしてメイステークスを59kgの斤量ながら中団後方から差し切り勝ち[3]し、中1週で安田記念に臨む。8番人気で迎えた安田記念では、入りの3ハロンが33.6秒、その後も11秒台のラップが続くよどみのない流れを中団から追走。直線に入って残り1ハロンでコース中央から一気に伸びて先頭に立ち、外から伸びてきたスーパーホーネットを1/2馬身抑えてG1初勝利[4]を飾った。勝ちタイム1:31.7は安田記念レコードであった[5]。秋緒戦の毎日王冠ではペルーサに次いで2番人気に支持された。中団からレースを進めるも直線では全く伸びずブービーの9着に敗れた。中1週で臨んだ富士ステークスでは先団追走も直線では全く伸びず14着、連闘で急きょ参戦した天皇賞(秋)では後方追走も直線で大きな不利があって16着、マイルチャンピオンシップでは見せ場なく17着と大敗した。

2011年の初戦は東京新聞杯、中団追走も直線では全く伸びず15着と大敗。4年連続の出走となったダービー卿チャレンジトロフィーでは好位追走も直線で伸び切れず7着、マイラーズカップでは好位から脚を伸ばしたが5着に終わった。京王杯スプリングカップは好位追走も直線で一杯になり14着と大敗した。その後連覇がかかった安田記念に出走を予定していたが、追い切り後に鼻出血を発症したため引退することとなった。6月8日付けで競走馬登録を抹消され、引退後は馬事公苑乗馬となったが[6]、登録抹消から約半年後の12月2日に馬事公苑内の馬房で事故により窒息死した[7]

競走成績[編集]

年月日 競馬場 競走名 距離(馬場) 頭数 オッズ
(人気)
着順 タイム
(上り3F)
着差 騎手 斤量
(kg)
1着馬(2着馬)
2006. 7. 1 福島 2歳新馬 芝1200m(稍) 15 4.0 (2人) 6着 1:12.2 (36.6) 1.4 大野拓弥 51 ピンクカメオ
7. 15 新潟 2歳未勝利 ダ1200m(不) 13 3.7 (2人) 3着 1:13.2 (37.2) 0.3 中舘英二 54 ムラマサノヨートー
11. 5 東京 2歳未勝利 ダ1600m(良) 13 8.6 (6人) 2着 1:39.0 (38.3) 0.3 松岡正海 55 ニードルポイント
11. 19 東京 2歳未勝利 ダ1600m(良) 16 2.0 (1人) 2着 1:39.7 (39.4) 0.8 的場勇人 52 プロミスフェアー
12. 10 中京 2歳未勝利 ダ1700m(稍) 13 1.3 (1人) 2着 1:49.1 (38.7) 0.0 大野拓弥 53 ツルマルキセキ
2007. 1. 7 中山 3歳未勝利 芝1600m(重) 15 3.6 (2人) 1着 1:36.7 (36.9) -0.3 大野拓弥 54 (ジャックローズ)
1. 21 中山 若竹賞 芝1800m(良) 14 4.8 (2人) 1着 1:50.3 (35.4) -0.1 松岡正海 56 (トウカイファイン)
3. 18 中山 スプリングS JpnII 芝1800m(良) 11 22.9 (7人) 4着 1:49.5 (37.2) 0.5 勝浦正樹 56 フライングアップル
4. 7 中山 ニュージーランドT JpnII 芝1600m(良) 16 25.5 (9人) 8着 1:34.3 (35.3) 0.4 横山典弘 56 トーホウレーサー
7. 1 福島 ラジオNIKKEI賞 JpnIII 芝1800m(良) 16 38.7 (12人) 11着 1:48.3 (36.0) 0.6 大野拓弥 54 ロックドゥカンブ
10. 27 東京 紅葉特別 芝1600m(不) 15 10.0 (5人) 1着 1:37.1 (36.5) -0.2 勝浦正樹 54 (スズノオオゴン)
12. 8 中山 冬至S 芝1800m(良) 16 14.7 (7人) 8着 1:40.1 (35.4) 0.3 勝浦正樹 56 リキッドノーツ
12. 15 中山 仲冬S 芝1600m(良) 16 15.9 (6人) 2着 1:34.1 (35.7) 0.2 大野拓弥 54 リザーブカード
2008. 2. 4 東京 早春S 芝1800m(良) 16 5.9 (3人) 4着 1:47.5 (35.2) 0.5 勝浦正樹 56 マイネルキッツ
2. 24 京都 斑鳩S ダ1400m(良) 16 4.5 (1人) 1着 1:24.7 (37.8) -0.4 C.ルメール 55 (ダノンムロー)
4. 6 中山 ダービー卿CT GIII 芝1600m(良) 16 30.5 (12人) 6着 1:34.5 (34.3) 0.3 勝浦正樹 54 サイレントプライド
4. 19 阪神 マイラーズC GII 芝1600m(良) 15 21.6 (9人) 10着 1:34.2 (35.1) 0.6 岩田康誠 57 カンパニー
6. 15 東京 エプソムC GIII 芝1800m(良) 18 31.7 (8人) 6着 1:46.3 (35.6) 0.4 蛯名正義 56 サンライズマックス
8. 2 新潟 新潟日報賞 芝1600m(良) 16 7.1 (4人) 13着 1:33.7 (34.6) 0.9 蛯名正義 57 バトルバニヤン
11. 16 東京 ノベンバーS 芝1800m(良) 16 10.9 (4人) 1着 1:48.2 (34.0) -0.0 村田一誠 57 (キタノリューオー)
12. 6 阪神 鳴尾記念 GIII 芝1800m(良) 17 38.3 (9人) 16着 1:48.2 (38.5) 2.5 村田一誠 56 サクラメガワンダー
2009. 1. 10 中山 ニューイヤーS OP 芝1600m(良) 14 9.3 (5人) 2着 1:34.9 (35.6) 0.0 後藤浩輝 55 マヤノツルギ
1. 31 東京 東京新聞杯 GIII 芝1600m(不) 16 12.2 (6人) 9着 1:38.1 (38.2) 1.2 勝浦正樹 56 アブソリュート
3. 14 中山 東風S OP 芝1600m(不) 16 4.3 (2人) 1着 1:36.5 (36.7) -0.6 藤田伸二 55 タケミカヅチ
4. 5 中山 ダービー卿CT GIII 芝1600m(良) 15 7.5 (5人) 8着 1:34.0 (34.9) 0.3 蛯名正義 56 タケミカヅチ
5. 10 京都 都大路S OP 芝1600m(良) 18 6.8 (4人) 9着 1:33.9 (34.9) 0.9 藤田伸二 56 ライブコンサート
5. 30 東京 欅S OP ダ1400m(不) 16 6.7 (4人) 6着 1:22.8 (34.8) 0.7 松岡正海 56 ダイショウジェット
6. 21 福島 福島テレビOP OP 芝1800m(重) 15 3.7 (1人) 2着 1:48.9 (36.3) 0.0 松岡正海 56 トーホウレーサー
9. 13 中山 京成杯AH GIII 芝1600m(良) 16 26.6 (8人) 10着 1:32.7 (34.7) 0.6 村田一誠 56 ザレマ
10. 4 阪神 ポートアイランドS OP 芝1600m(良) 18 29.5 (8人) 12着 1:34.5 (35.8) 1.1 中舘英二 56 クラウンプリンセス
11. 21 福島 福島記念 GIII 芝2000m(良) 16 60.6 (15人) 11着 1:59.4 (36.6) 0.8 勝浦正樹 56 サニーサンデー
12. 19 中山 ディセンバーS OP 芝1800m(良) 9 18.1 (7人) 1着 1:48.5 (34.4) -0.0 横山典弘 56 (タガノサイクロン)
2010. 1. 16 中山 ニューイヤーS OP 芝1600m(良) 16 20.7 (7人) 9着 1:34.0 (36.6) 1.0 勝浦正樹 57 レッドスパーダ
1. 31 東京 根岸S GIII ダ1400m(良) 16 90.0 (15人) 16着 1:26.1 (38.4) 2.4 江田照男 56 グロリアスノア
2. 28 中山 中山記念 GII 芝1800m(不) 16 17.5 (5人) 3着 1:52.5 (38.1) 0.8 後藤浩輝 57 トーセンクラウン
3. 14 中山 東風S OP 芝1600m(良) 14 11.1 (5人) 3着 1:34.1 (34.5) 0.2 後藤浩輝 57 フィフスペトル
4. 4 中山 ダービー卿CT GIII 芝1600m(良) 16 16.6 (7人) 1着 1:34.3 (33.7) -0.2 後藤浩輝 56 (マイネルファルケ)
5. 22 東京 メイS OP 芝1800m(良) 16 14.7 (6人) 1着 1:45.7 (34.5) -0.3 後藤浩輝 59 (シルポート)
6. 6 東京 安田記念 GI 芝1600m(良) 18 13.9 (8人) 1着 1:31.7 (34.6) -0.1 後藤浩輝 58 スーパーホーネット
10. 10 東京 毎日王冠 GII 芝1800m(良) 10 4.9 (2人) 9着 1:47.2 (35.5) 0.8 後藤浩輝 59 アリゼオ
10. 23 東京 富士S GIII 芝1600m(良) 17 8.9 (3人) 14着 1:33.6 (35.1) 0.8 後藤浩輝 59 ダノンヨーヨー
10. 31 東京 天皇賞 (秋) GI 芝2000m(稍) 18 48.9 (12人) 16着 2:00.6 (36.1) 2.4 柴田善臣 58 ブエナビスタ
11. 21 京都 マイルCS GI 芝1600m(良) 18 30.9 (11人) 17着 1:32.9 (35.1) 1.1 後藤浩輝 57 エーシンフォワード
2011. 2. 6 東京 東京新聞杯 GIII 芝1600m(良) 16 44.0 (9人) 15着 1:34.0 (35.1) 1.5 後藤浩輝 60 スマイルジャック
4. 3 阪神 ダービー卿CT GIII 芝1600m(良) 18 30.7 (10人) 7着 1:33.6 (33.8) 0.3 後藤浩輝 59 ブリッツェン
4. 17 阪神 マイラーズC GII 芝1600m(良) 18 62.8 (12人) 5着 1:32.8 (33.6) 0.5 横山典弘 59 シルポート
5. 14 東京 京王杯SC GII 芝1400m(良) 17 17.9 (8人) 14着 1:21.3 (34.4) 1.1 後藤浩輝 59 ストロングリターン

血統表[編集]

ショウワモダン血統テスコボーイ系 / Hyperion5×5=6.25%、Nasrullah5×5=6.25%)

エアジハード
1995 栗毛
サクラユタカオー
1982 栗毛
*テスコボーイ Princely Gift
Suncourt
アンジェリカ *ネヴァービート
スターハイネス
アイシーゴーグル
1987 栗毛
*ロイヤルスキー Raja Baba
Coz o'Nijinsky
シャダイアイバー *ノーザンテースト
*サワーオレンジ

ユメシバイ
1990 黒鹿毛
*トニービン
Tony Bin
1983 鹿毛
*カンパラ Kalamoun
State Pension
Severn Bridge Hornbeam
Priddy Fair
ヨドセンリョウ
1975 黒鹿毛
*エルセンタウロ Sideral
Planetaria
*リリーオブザナイル Never Bend
Nile Lily F-No.10-a

主な近親[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 父エアジハードもスプリングステークスで4着に敗れ、皐月賞の優先出走権を逃している。
  2. ^ 安田記念勝利までの39戦のうち、重、不良馬場では3-1-2-2と安定した成績を残していた。
  3. ^ 2着馬のシルポートが次走のエプソムカップでハナ差の2着に入り、3着馬のブライティアパルスが次走のマーメイドステークスを勝ち、10着のドモナラズが次々走の七夕賞を勝っている。
  4. ^ 39戦目でのJRA主催G1初制覇は、グルメフロンティアの35戦を上回るJRA史上最多キャリア。海外G1を含めた場合はステイゴールドの50戦目が最多。
  5. ^ 当時の芝1600mの日本レコードは、同年のNHKマイルカップダノンシャンティが記録した1分31秒4である。
  6. ^ ショウワモダン号が競走馬登録抹消”. JRA - 日本中央競馬会 (2011年6月8日). 2011年6月8日閲覧。
  7. ^ ショウワモダン号が死亡”. JRA - 日本中央競馬会 (2011年12月2日). 2011年12月2日閲覧。

外部リンク[編集]