テイクオーバーターゲット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
テイクオーバーターゲット
品種 サラブレッド
性別 (セン)
毛色 鹿毛
生誕 1999年9月27日
Celtic Swing
Shady Stream
母の父 Archregent
生国 オーストラリアの旗 オーストラリア
生産 Meringo Stud Farm
馬主 Joe Janiak
調教師 Joe Janiak(オーストラリア)
競走成績
生涯成績 41戦21勝
  オーストラリア:29戦18勝
  イギリス:8戦1勝
  日本:2戦1勝
  シンガポール:2戦1勝
獲得賞金 約391万オーストラリア・ドル(換算値)
  238万1700オーストラリア・ドル
  +15万1255ポンド
  +1億2285万4000
テンプレートを表示

テイクオーバーターゲット (Takeover Target) はオーストラリア競走馬2006年スプリンターズステークスなど、G1競走を7勝した。2012年オーストラリア競馬名誉の殿堂に選定された。

北半球に位置する日本競馬では、1月1日から12月31日を1シーズンとするが、南半球に位置するオーストラリアでは8月1日から翌年7月31日までを1シーズンとするため、年齢表記も8月1日で切り替わる。本馬はオーストラリアの競走馬であるので、以下、本稿での年齢表記は同国での表記に従う。よって、1月から7月の年齢については日本での表記と異なり、日本より1歳若い表記となる。

来歴[編集]

2003年/2004年 - 2004年/2005年シーズン[編集]

すでに3歳の暮れを迎えていた2003年7月18日にオーストラリア・ニューサウスウェールズ州で行われたセリ市「ウインター・サラブレッド・セール」で、馬主調教師のジョセフ・ジャニアック(Joseph Janiak、1947年6月13日[1] - )によって1250オーストラリア・ドル(約11万円[1])の安値で購入された[2][1]の故障を抱えていた[1]ためデビューは4歳の2004年4月[1]と遅かったが、以来7連勝でG1優勝馬に登りつめた[1]。なお、その後は4連敗する。

2005年/2006年シーズン[編集]

シーズン開始後に2連敗し、前シーズンから合計で6連敗を喫する[1]が、2005年12月のG3競走に6馬身差で勝利[1]すると、2006年グローバル・スプリント・チャレンジ(以下GSC)初戦のライトニングステークス (G1) まで3連勝し[1]、G1競走2勝目を挙げ、オークレイプレートの3着[1]をはさんで、ニューマーケットハンデキャップを制しG1競走3勝目を挙げる[1]。その後は国内では走らず、イギリスに初の国外遠征を行い、GSCの第3戦・キングズスタンドステークス (G2) と第4戦・ゴールデンジュビリーステークス (G1) に中3日で出走し、その20日後にはジュライカップ (G1) にも出走し、それぞれ1着・3着・7着でイギリス遠征を終えた[1]

2006年/2007年シーズン[編集]

GSCの総合優勝を目指し、シリーズ第5・6戦が行われる日本に遠征し、初戦となったセントウルステークス先行してシーイズトウショウの2着になると、スプリンターズステークスではスタートして先頭に立つとそのまま逃げ切り、2着のメイショウボーラーに2馬身2分の1差で勝利し[3]、シリーズ最終戦の香港スプリントを待たず、2006年GSCの総合優勝を決めた[3][4]

11万円という破格の安値で購入された本馬はこれまで3億円あまりを稼ぎ、出走を予定していた香港スプリントに勝利した場合、同競走の1着賞金である684万香港ドル(約1億300万円)に加え、GSCのボーナス100万アメリカドル[4](約1億1700万円)の合計約2億2000万円をさらに獲得することができたが、レース当日の薬物検査で禁止薬物である黄体ホルモンステロイドホルモンの一種)が検出されたため[5]出走取消となった[5][4]。帰国後は5つのレースで走り、ドゥームベン10000を制した[6]。国内の競馬シーズンが終わるとふたたびイギリスへ遠征し、キングズスタンドステークス (G2) では4着、ゴールデンジュビリーステークス (G1) では2着となった。

2007年/2008年シーズン[編集]

帰国後は休養し、12月1日のアローフィールドスタッドスプリント、12月22日のレザーシャープクオリティハンデキャップ(準重賞)を連勝、その後ヴィリエステークス (G2) に出走し、2着となった。続く4月26日のTJスミスステークス (G1) では3着に入った。国内のシーズン終了後、ふたたび国外遠征を決行。シンガポールへ遠征し、5月18日のクリスフライヤー国際スプリントを制した。その後イギリスへ遠征し、キングズスタンドステークス (G1) は2着、ゴールデンジュビリーステークス (G1) は4着という結果だった。

2008年/2009年シーズン[編集]

帰国し、休養したのち11月29日のウインターボトムステークス (G2) に出走、ひさびさの勝利を挙げた。続く12月13日のスカヒルステークス (G3) も勝利した。休養をはさみ、年が明けて4月18日に施行されたTJスミスステークス (G1) に出走。主戦のJ.フォード騎手からN.ロウィラー騎手に乗り替わってのレースとなったが勝利を収め[7]、G1・7勝目を挙げた。続く5月2日のグッドウッドハンデキャップ (G1) では鞍上がフォードに戻って出走、ここでも勝利し[7]G1・8勝目を挙げた。その後シンガポールに遠征して、5月17日のクリスフライヤー国際スプリントに出走したが8着[7]と敗れた。7月10日にはジュライカップに出走するも7着に敗れ、レース後管骨の骨折が判明[8][7]し、そのまま現役引退となった[9]。なお、2010年に一時復帰が模索された[7]が、関節が摩耗していたために断念している。

競走成績[編集]

出走日 競馬場 競走名 距離 着順 騎手 着差 1着(2着)馬
2004.04.23 クインビヤン 未勝利 芝1200m 1着 J.フォード 7馬身 (Ras Tafari)
2004.05.06 ワガワガ 一般競走 芝1200m 1着 J.フォード 7馬身 (Devour)
2004.05.19 ケンジントン 一般競走 芝1200m 1着 J.フォード 3馬身 (Bibury Court)
2004.06.05 ローズヒル 一般競走 芝1200m 1着 J.フォード 6馬身 (Spinjester)
2004.06.24 ゴスフォード ペースセッターS 準重 芝1200m 1着 J.フォード 3/4馬身 (Mustard)
2004.07.14 グラフトン ラモーニーH 準重 芝1200m 1着 J.フォード 2馬身 (Devil)
2004.10.30 フレミントン サリンジャーS G1 芝1200m 1着 J.フォード 1 1/2馬身 (Recurring)
2005.04.30 ドゥームベン ブリスベンターフクラブC G2 芝1200m 4着 J.フォード 2馬身 Spark of Life
2005.05.21 ドゥームベン ドゥームベン10000 G1 芝1350m 3着 J.フォード クビ Red Oog
2005.06.11 イーグルファーム ストラドブロークH G1 芝1400m 10着 J.フォード 3 1/2馬身 St.Basil
2005.06.25 イーグルファーム カールトンドラフトS G3 芝1200m 2着 J.フォード アタマ Poetic Papal
2005.10.29 フレミントン サリンジャーS G1 芝1200m 4着 J.フォード 5馬身 Glamour Puss
2005.11.05 フレミントン エイジクラシック G2 芝1200m 7着 S.アーノルド 10馬身 Glamour Puss
2005.12.10 ドゥームベン サマーS G3 芝1200m 1着 J.フォード 6馬身 (Picardi Run)
2005.12.24 ドゥームベン ドゥームベンS 準重 芝1350m 1着 J.フォード 3馬身 (Impaler)
2006.02.04 フレミントン ライトニングS G1 芝1000m 1着 J.フォード アタマ (God's Own)
2006.02.25 コーフィールド オークレイプレート G1 芝1100m 3着 J.フォード 4馬身 Snitzel
2006.03.11 フレミントン ニューマーケットH G1 芝1200m 1着 J.フォード 1/2馬身 (Snitzel)
2006.06.20 アスコット キングススタンドS G2 芝5f 1着 J.フォード ハナ (Benbaun)
2006.06.24 アスコット ゴールデンジュビリーS G1 芝6f 3着 J.フォード 2 1/2馬身 Les Arcs
2006.07.14 アスコット ジュライC G1 芝6f 7着 J.フォード 1 3/4馬身 Les Arcs
2006.09.10 中京 セントウルS G2 芝1200m 2着 J.フォード 0.5秒 シーイズトウショウ
2006.10.01 中山 スプリンターズS G1 芝1200m 1着 J.フォード 0.4秒 メイショウボーラー
2007.04.14 ランドウィック オールエイジドS G1 芝1400m 5着 J.フォード 4 1/4馬身 Bentley Biscuit
2007.05.12 ドゥームベン BTCカップ G1 芝1200m 2着 J.フォード 短首 Bentley Biscuit
2007.05.26 ドゥームベン ドゥームベン10000 G1 芝1350m 1着 J.フォード 1/2馬身 (Gold Edition)
2007.06.20 アスコット キングススタンドS G2 芝5f 4着 J.フォード 2 1/2馬身 Miss Andretti
2007.06.24 アスコット ゴールデンジュビリーS G1 芝6f 2着 J.フォード アタマ Soldier's Tale
2007.12.01 ランドウィック アローフィールドスタッドスプリント 芝1200m 1着 J.フォード アタマ (Dance Hero)
2007.12.22 ランドウィック レザーシャープクオリティ 準重 芝1200m 1着 J.フォード ハナ (Alverta)
2008.01.05 ランドウィック ヴィリエS G2 芝1200m 2着 J.フォード 1位入選降着 Honor in War
2008.04.26 ランドウィック TJスミスS G1 芝1200m 3着 J.フォード 2 3/4馬身 Apache Cat
2008.05.18 クランジ クリスフライヤーインターナショナルスプリント 芝1200m 1着 J.フォード 1/2馬身 (Magnus)
2008.06.21 アスコット キングススタンドS G1 芝5f 2着 J.フォード 1/2馬身 Equiano
2008.06.24 アスコット ゴールデンジュビリーS G1 芝6f 4着 J.フォード 4 1/4馬身 Kingsgate Native
2008.11.29 豪アスコット ウィンターボトムS G2 芝1200 1着 J.フォード ハナ (Apache Cat)
2008.12.13 豪アスコット スカヒルS G3 芝1400m 1着 J.フォード 3 3/4馬身 (Tarzi)
2009.04.18 ランドウィック TJスミスS G1 芝1200m 1着 N.ロウィラー 2 3/4馬身 (Northern Meteor)
2009.05.02 モーフェットビル グッドウッドH G1 芝1200m 1着 J.フォード 1馬身 (I am Invincible)
2009.05.17 クランジ クリスフライヤーインターナショナルスプリント 芝1200m 8着 J.フォード Sacred Kingdom
2009.07.10 アスコット ジュライC G1 芝6f 7着 J.フォード Fleeting Spirit

エピソード[編集]

本馬を管理するジョセフ・ジャニアックは調教師ながらタクシードライバーでもあった[10][1]。オーストラリアでは、専業調教師として生活できるのはごく一部の人間だけであり、ほとんどの場合ほかの職業と兼業するのが普通である。ジャニアックも例外ではなく、一時期は朝はパン屋、昼は馬の調教、夜はタクシードライバーとして生活するほど苦しく、調教師を辞めることすら考えたほどである。しかしテイクオーバーターゲットの賞金で、馬を厩舎に10頭所有できるほどになった[10][1]。ジャニアックは「テイクが人生を変えてくれた」と語っている。

血統表[編集]

テイクオーバーターゲット血統ミスタープロスペクター系アウトブリード

Celtic Swing  1992
黒鹿毛  イギリス
*ダミスター
Damister  1982
黒鹿毛  アメリカ
Mr. Prospector Raise a Native
Gold Digger
Batucada Roman Line
Whistle a Tune
Celtic Ring  1984
鹿毛  イギリス
Welsh Pageant Tudor Melody
Picture Light
Pencuik Jewel Petingo
Fotheringay

Shady Stream  1994
栗毛  オーストラリア
Archregent  1981
鹿毛  カナダ
Vice Regent Northern Dancer
Victoria Regina
Respond *カナディアンチャンプ
Reply
Merry Shade  1989
芦毛  オーストラリア
Spectacular Spy Spectacular Bid
Lassie Dear
Parasol Sostenuto
Mary Poppins F-No.22-b[11]

父・セルティックスウィング(Celtic Swing、おもな勝ち鞍:1995年ジョッケクルブ賞)の父であるダミスターは、2001年スプリンターズステークスを制したトロットスターを輩出している。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n セントウルステークス(GII)外国馬プロフィール テイクオーバーターゲット号(日本中央競馬会、2006年9月1日) - ウェイバックマシン(2007年2月20日アーカイブ分)
  2. ^ 本馬が購入されたセリの結果 - William Inglis and Son Limited〜ロット番号284を参照
  3. ^ a b 過去GI成績 第40回 スプリンターズステークス” (日本語). 競走成績データ. 日本中央競馬会 (2006年). 2012年3月29日閲覧。
  4. ^ a b c テイクオーバーターゲットに罰金300万円” (日本語). netkeiba.com (2007年1月22日). 2012年3月29日閲覧。
  5. ^ a b 本馬の出走取消を伝える記事 - 日経ラジオ社
  6. ^ テイクオーバーターゲット復活のV” (日本語). 新着情報. Japan Horse Navigation System (2007年5月30日). 2012年3月29日閲覧。
  7. ^ a b c d e テイクオーバーターゲット、11歳も現役続行(オーストラリア)[その他]” (日本語). 海外競馬ニュース. ジャパン・スタッドブック・インターナショナル (2010年10月14日). 2012年3月29日閲覧。
  8. ^ ジュライカップ後の記事 - Racing and Sports
  9. ^ 引退を伝える記事 - Sporting Life
  10. ^ a b Interview with Joseph Janiak, trainer of Takeover Target” (英語). News & Photo. 日本中央競馬会 (2006年9月30日). 2012年3月29日閲覧。
  11. ^ 血統表 - Pedigree Online Thoroughbred Database

参考文献[編集]

外部リンク[編集]