ビリーヴ (競走馬)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ビリーヴ
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 1998年4月26日(16歳)
サンデーサイレンス
グレートクリスティーヌ
母の父 Danzig
生国 日本の旗 日本北海道鵡川町〈現:むかわ町〉)
生産 上水牧場
馬主 前田幸治
調教師 松元茂樹栗東
厩務員 吉田政弘
競走成績
生涯成績 28戦10勝
獲得賞金 4億6031万3000円
テンプレートを表示

ビリーヴとは日本競走馬で、現在は繁殖牝馬である。馬名は英語のbelieve(信念)に由来する。能力が高いと距離の融通が利く馬の多いサンデーサイレンス産駒としてはめずらしく、競走成績は通算10勝すべてが1200メートルという生粋のスプリンターであった。

戦績[編集]

4歳(2002年)の夏前から本格化し、短距離路線の有力馬として名を馳せるようになった。4歳夏に1600万下条件に降級したが、佐世保ステークス、北九州短距離ステークスと条件戦を2連勝し岩田康誠を背にセントウルステークスに出走、そこで勝って重賞を初制覇し、GIスプリンターズステークスに駒を進める。この年は新潟での開催で、鞍上には武豊で出走。ここまで3連勝の勢いを評価されてか、同年の高松宮記念を制したショウナンカンプや、安田記念を制したアドマイヤコジーンを上回る1番人気であった。レースでは終始最内を進み、直線で進路が狭くなりかけたが、逃げ粘るショウナンカンプと差してきたアドマイヤコジーンを半馬身差抑えて優勝した。この勝利は、同年に急逝した父サンデーサイレンスにとって、初のスプリントGIのタイトルだった。続いて12月にショウナンカンプとともに香港スプリントに出走したが、そこでは初の直線競馬や輸送などもあり12着に敗れた。

この年のJRA賞の選考で、ビリーヴは唯一古馬牝馬でGIを勝っているが、最優秀4歳以上牝馬のタイトルを受賞はならなかった[1]

2003年2月に阪急杯で復帰。そこでは前々から騒がれていた気性難を露呈してしまい、9着に敗れる。不安が囁かれる中、続くレースは春のスプリント王決定戦・高松宮記念。この年からJRAの騎手となった安藤勝己が初めての騎乗。しかし前走・阪急杯での惨敗があってか、3番人気に甘んじた。1番人気はその阪急杯を制した前年の覇者ショウナンカンプ、2番人気は4歳馬のサニングデールであった。レースは圧倒的人気のショウナンカンプが逃げ、ビリーヴは3番手での競馬。かなりのハイペースとなり、逃げたショウナンカンプは直線脚色が悪くなる。4コーナーでは2番手にいたビリーヴがそこから抜け出し後続を寄せ付けず見事に優勝。名実ともにスプリント女王となった[2]。また、騎乗した安藤勝己にとってのJRAのGIはうれしい初勝利となった。その後は京王杯スプリングカップ、続く安田記念に出走したが、やはり距離が長いのか敗戦が続いたものの、得意距離に戻った函館スプリントステークスでは貫禄を見せ、久々の勝利を挙げた。

秋緒戦となったセントウルステークスではテンシノキセキに差されハナ差の2着、そして引退戦となったスプリンターズステークスではスプリント女王として1番人気に支持をされた。レースは4コーナーで早くも先頭に立ち、有終の美を飾れるかと思われたが、大外強襲をしたデュランダルとの写真判定の結果、わずか15cmの差で2着に敗れた。同年のJRA賞では最優秀4歳以上牝馬のタイトルを受賞し、これを土産に繁殖入りすることとなった。

繁殖入り後[編集]

2004年よりアメリカに渡り、ケンタッキー州レキシントン近郊のレーンズエンドファーム・オークリースタッドで繁殖牝馬となり、2005年1月28日に父キングマンボ牡馬出産した。その仔は2007年9月13日付でファリダット[3]という名前でJRAに競走馬登録された。同馬は2007年12月1日阪神競馬場で行われた2歳新馬戦で勝利し、ビリーヴ産駒の初勝利を挙げている。2007年3月11日にも、父・キングマンボの牡馬をアメリカケンタッキー州・レキシントン近郊のレーンズエンドファーム・オークリースタッドで再度出産させた。こちらは、カザンリク[4]と命名され、こちらも中央競馬でデビューしている。

2010年4月7日にも、今度は、父・エーピーインディの牡馬を、アメリカケンタッキー州・レキシントン近郊のレーンズエンドファーム・オークリースタッドで無事に出産、2012年8月9日付で、ヴレロワ[5]という競走名で命名されており、JRAに新規登録された。

繁殖成績[編集]

馬名 厩舎 馬主 戦績
第1子 ファリダット キングマンボ 栗東松元茂樹 前田幸治 42戦5勝
第2子 カザンリク キングマンボ 栗東・松元茂樹→西脇小牧毅 前田幸治 13戦1勝
第3子 Corundum エーピーインディ ・Paulo Lodo→米・Todd Pletcher→米・Flint W. Stites 前田幸治 16戦1勝
第4子 ヴレロワ エーピーインディ 栗東・中竹和也→園田・高馬元紘 前田幸冶 2戦0勝
  • 2013年3月4日現在

血統表[編集]

ビリーヴ血統サンデーサイレンス系ヘイルトゥリーズン系〉 / (Nearctic4×4=12.5%〈母内〉 Almahmoud4×5=9.38%、Native Dancer5×5=6.25〈母内〉)

*サンデーサイレンス
Sunday Silence
1986 青鹿毛
Halo
1969 黒鹿毛
Hail to Reason Turn-to
Nothirdchance
Cosmah Cosmic Bomb
Almahmoud
Wishing Well
1975 鹿毛
Understanding Promised Land
Pretty Ways
Mountain Flower Montparnasse
Edelweiss

*グレートクリスティーヌ
Great Christine
1987 鹿毛
Danzig
1977 鹿毛
Northern Dancer Nearctic
Natalma
Pas de Nom Admiral's Voyage
Petitoner
Great Lady M
1975 芦毛
Icecapade Nearctic
Shenanigans
Sovereign Lady Young Emperor
Sweety Kid F-No.22-d

脚注[編集]

  1. ^ 受賞したのはダイヤモンドビコー。また、同年のエリザベス女王杯は3歳馬のファインモーションが優勝した。
  2. ^ 高松宮記念・スプリンターズステークスを制覇したのはフラワーパークトロットスター以来3頭目である。
  3. ^ アラビア語で、ダイヤモンド(宝石)という意味。
  4. ^ ブルガリアにある、薔薇祭りが行われる町の名前。
  5. ^ フランス語で、真の王という意味

外部リンク[編集]