アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アメリカン・エキスプレス > アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カード
香港センチュリオン招待キット

アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カード(American Express Centurion Card)は、アメリカクレジットカード会社であるアメリカン・エキスプレス社が発行する最上級クレジットカード。通称ブラックカード

歴史[編集]

「プラチナ・カード」[編集]

アメリカン・エキスプレスが上位カードとして導入した「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」は、もともと一定以上の属性を持つ富裕層を中心とした上級顧客をターゲットとして発行されていたものであり、ステイタスの高いカードであるとされてきた。

しかし、ゴールド・カードのアメリカ市場をはじめとする先進諸国市場における成功により、「ゴールド・カード」のコンセプトやその名称を模倣する同業他社が相次ぎ、そのステイタスが相対的に低下したことや、更に高度な会員向けサービスを求める富裕層を中心とした上級顧客の要求を受けて、ゴールド・カードの上位カード(当時は最上位カード)として、アメリカン・エキスプレスが1984年に「プラチナ・カード」をアメリカ市場で発行した。

「センチュリオン・カード」の登場[編集]

しかしその後、富裕層を中心とした上級顧客の囲い込みを画策した多くの競合他社が、これを模倣したコンセプトのカードを発行したことや、より質の高いサービスを提供することで更なる富裕層の囲い込みを画策したアメリカン・エキスプレスは、1999年にさらに上位の「センチュリオン・カード」を発行するに至った。日本市場においては2003年に導入されたが、「プラチナ・カード」と同じく、その後多くの競合他社が、これを模倣したコンセプトのカードを発行している。

概要[編集]

名称[編集]

センチュリオンとは古代ローマ兵士重装歩兵)の「百人隊長」のこと(ラテン語で「CENTURIO(ケンテュリオ)」。百人隊についてはケントゥリアを参照)。

年会費[編集]

まず、初年度に入会金として、36万7500円が必要。年会費は36万7500円である。

2007年までは16万8000円であった。 ちなみにプラチナカードの年会費は13万6500円である。

入手方法[編集]

「センチュリオン・カード」は、同社のカード会員の中から利用実績及び利用店舗、職業や資産額(年収)などで審査を受けたうえで選定された人に、招待(インビテーション)が送られるとされているが、どのような基準で選ばれているかは明らかにされていない。 利用金額だけではインビテーションは送られて来ない。ライフスタイルを重視するようである。

インビテーションは、センチュリオンのサポートデスクのフリーダイヤルから電話があり資料が必要かどうかを聞かれる。 希望すれば資料が送られてくる形。署名後2週間以内に通常のカードが送られてくる。チタンカードは更に10〜14日後くらいに発送される。

家族カード[編集]

配偶者にはブラックカード、そのほかの家族にはプラチナかゴールドカードが無料で発行される。

チタンカード[編集]

通常のプラスチックのカードのほか、チタンが使われているカードも配布されている。アメリカオランダなどでは以前からチタン製が配布されていたが、日本でのチタン製カードの配布は2006年から。現在ではチタンカードは日本でしか発行されていない。日本で最初に発行されたチタンカードは厚過ぎてATMに入らない欠点が有ったが、現在のチタンカードは改良されて薄くなりATMを使用できる。カード番号や名前などは、通常のプラスティックカードの場合凸版になっている部分は機械加工による1枚ずつ削りだし加工されている。

マーケティング[編集]

アメリカン・エキスプレス及び日本支社は、「センチュリオン・カード」のメンバー以外に対する広告などのマーケティング活動を全く行なわない。なお、同じく招待制を取っている下位の「プラチナ・カード」については、公式サイトにてカードの存在自体は正式に公にされているものの、それ以外(広告など)のマーケティング活動と呼べるものは、原則として行なわれていない。

会員サービス[編集]

「センチュリオン・カード」には、アメリカン・エキスプレスの他のカードを質も数も大きく上回る多くの会員サービスが存在するが、そのサービス内容は会員以外に正式に公開されていないため、各所マスコミなどにおいてアメリカン・エキスプレス日本支社が公式にその存在を認めているサービスのみを記載する。

コンシェルジュ・サービス[編集]

カード会員専属のテレフォン・コンシェルジュが存在しており、専用のフリーダイヤルで24時間365日カード会員からの各種サービスの問い合わせや要望に対応している。2008年1月20日ごろのセンチュリオン・カード年会費の大幅値上げに伴い各会員に専属担当者がアサインされたが、専属担当者へのアクセスは10:00〜18:30という時間制限がある。 海外からは国によってはフリーダイヤルに対応しているが、基本的にコレクトコールでかけることが出来る。

お誕生日プレゼント[編集]

センテュリオンカード会員には毎年誕生日にプレゼントが送られてくる。レアな物が多いが、あまり役に立つものは無い。[要出典]

会報誌[編集]

「プラチナ・カード」と同じく「DEPARTURES」が隔月で提供されていたが、2013年4月よりセンチュリオン会員専用雑誌(季刊)が発行されている。

ポイント[編集]

カードで買い物をすると付く「メンバーシップ・リワーズ・ポイント」の有効期限が無い。

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]