ブラックカード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クレジットカード > ブラックカード

ブラックカードとは、クレジットカードの一つである。

概要[編集]

ブラックカードは、クレジットカードに於いて最上位のグレードに位置付けられるものの通称である。このグレードのクレジットカードの券面のがブラック()である場合が多い為、こう呼ばれるが、提携カードなどは必ずしも券面の色が黒であるとは限らない。

アメリカン・エキスプレスが、アメリカ合衆国では1999年から、日本では2002年から発行を開始した。その後、他社もこれを模倣し、プラチナカードより上位に位置するクレジットカードとして同様に発行するようになった。また、ブラックカードは、限度額無しで無制限で使えるカードであるとの誤解があるが、実際は個人ごとに個別の上限額が存在する。

入手方法[編集]

一般からは申し込みが出来ず、カード会社からの招待による場合が多い。カード会社の判断でバインダーなどが送付されその中に入っているインビテーションの案内状からカード会社に連絡をすると使用可能になるといったものが多い。

国際ブランド別のブラックカード[編集]

American Express[編集]

日本ではアメリカン・エキスプレス・インターナショナル(日本支社)が発行している「センチュリオン・カード」がブラックカードに当たる。詳しくは「アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カード」の項目を参照。

Diners Club[編集]

日本ではシティカードジャパンが発行している「ダイナースクラブ プレミアムカード」がブラックカードに当たる。詳しくは「ダイナースクラブ プレミアムカード」の項目を参照。

MasterCard[編集]

MasterCardブランドでは「World MasterCard」がブラックカードに当たり、日本ではプロパーカードをSBIカード[1]およびシティカードジャパンが、提携カードをアプラス[2]がそれぞれ発行している。

なお、楽天カードが発行している「楽天ブラックカード」は、「ブラック」と称しているが、「World MasterCard」でなく券面では「Platinum」であり、マスターカード発表では楽天カード株式会社はWorld MasterCard®発行会社としても、Platinum MasterCard®発行会社、Titanium MasterCard®発行会社としても認められていない。つまるところブラックカードではなくプラチナ、チタンカードでさえなく、ゴールドカードに当たる。

Visa[編集]

Visaブランドでは「Visa Infinite カード」がブラックカードに当たり、日本ではスルガ銀行が発行している。

JCB[編集]

日本でジェーシービー(JCB)が発行している「JCBザ・クラス」がJCBブランドの最上級カードであり、券面は黒(ブラック)を基調とするデザインであるが、年会費と一部サービスの制限から、狭義ではプラチナカードと分類される場合もある。なお、入会は原則としてJCBからの案内となる。[3]

脚註[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “国内初、富裕層向けマスターカードブランド国内最上級カードの「SBIワールドカード」発行” (プレスリリース), SBIホールディングス株式会社、SBIカード株式会社, (2007年2月1日), http://www.sbigroup.co.jp/news/2007/0201_1060.html 2011年8月7日閲覧。 
  2. ^ ポルシェファイナンシャルサービスジャパンと提携し「ポルシェカード」を発行している。
  3. ^ JCBザ・クラス サービスのご案内” (日本語). 2010年11月19日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]