ゴールドカード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クレジットカード > ゴールドカード

ゴールドカード(Gold card)は、クレジットカードの一つである。

概要[編集]

ゴールドカードは、クラシックカード(一般カード)より価値の高いサービスを付帯したクレジットカードである。一般カードの会員は利用する事が出来ないサービスが提供されているが、近年ではこの一部を省く事で典型的なゴールドカードより年会費の安いゴールドカードを発行するものもある。また、年齢や年収などの面で申込に制限を設けているものが多いが、近年ではそのような制限を設けないゴールドカードの発行も行われている。

利用限度額は一般カードより高く設定されていることが多い。

日本に於いては、 American Express International (アメリカン・エキスプレス・インターナショナル)日本支社が「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」を1980年に発行した(一般カードである「アメリカン・エキスプレス・カード」の発行は1983年)。その後、他社も同様のゴールドカードを発行するようになったとされる(この様な状況は世界各国においても同様である)。

「ゴールド」と称している通り、カードの券面のはゴールド()であるほか、交通系IC乗車券を内蔵したエンボスレスカードを除いて会員番号部分も金色に塗られている。

年会費[編集]

日本で発行されるゴールドカードの年会費は、税込10000円程度のものが多かったが、近年では年会費の安いゴールドカードの発行も行われている。但し、年会費の安いゴールドカードはサービスの一部が制限されているものが多い。

審査基準[編集]

日本で発行されるゴールドカードの審査は、一般カードと同様に、年齢、年収、勤務先企業の規模・経営の状況・在籍年数などを基に行われる場合が多いが、具体的な基準についてはカードによって異なる。

年収に関しては、概ね400万円以上などとされているが、近年は安定継続収入があれば申し込めるものもある。また、年齢に関しては、原則30歳以上としている場合、年齢の面で通常のゴールドカードを取得する事が出来ない20代の若年層に発行するゴールドカードを別に設けているものもある。しかし、20代でも原則30歳以上としているゴールドカードが発行されることもあるので、年齢についても目安条件にすぎない。例えば、国家公務員共済、私学共済などとの提携カードでは、本来30歳以上発行のカードと同様のカードであっても、年齢に関係なく発行されている(年会費永年無料)。

ゴールドカードのサービス[編集]

カードによって若干異なるが、概ね次の様なサービスが受けられる。

  • 一般カードより高額の保険補償額
  • ゴールド会員専用デスク
  • 日本や海外の空港ラウンジの無料利用
  • ホテルや航空券、劇場などの各種手配
  • 医師・看護師・保健師などへの無料電話相談
  • ゴールド会員専用会報誌(一部の無料提携カードの場合は有料)

など

主なゴールドカード[編集]

新規の申込を受け付けているゴールドカードを挙げる。但し、ここではプロパーカードを挙げ、提携カードは省略する。

ゴールドカード[編集]

年会費無料のゴールドカード[編集]

年会費が無料で発行されているゴールドカードを挙げる。イオンカードやセブンカードは、既存の会員のうち一定の基準を満たした者に発行され、自ら申し込むことは出来ない。

一定額以上利用で年会費無料になるゴールドカード[編集]

  • 三菱東京UFJ銀行
    • 三菱東京UFJ-VISAゴールド (年間100万円決済)
    • 三菱東京UFJ-VISAゴールド プレミアム (年間100万円決済)
  • シティカードジャパン
    • シティバンク シティゴールドカード(年間30万円決済)
    • シティバンク ダイナースクラブカード(年間30万円決済)
※シティカードジャパンへの申し込みではなく、シティバンク銀行経由での申し込みが必要。

低価格ゴールドカード[編集]

一般的なゴールドカードに比べて年会費が安いゴールドカード。ゴールドカードのサービスの一部を省く代わりに、一般的なゴールドカードより安い年会費となっている。

  • 三菱UFJニコス
    • MUFGカード ゴールド
  • セディナ
    • セディナカードゴールド
  • シティカード
    • シティ エリート

若年者用ゴールドカード[編集]

20代の若年層に発行されるクレジットカードである。

このカードの会員は、更新の際に審査の上、そのカードと同じブランドの通常のゴールドカードに切り替えられるので、ゴールドカード又はそれ以上を目指す場合はこのカードが近道となる。

将来の上顧客となる可能性のある20代の若年層を取り込む為のクレジットカードであるが、近年では20代の若年層にも通常のゴールドカードを発行しているところもある。

年会費は通常のゴールドカードより安い。また、サービスは、通常のゴールドカードのサービスと一部異なる場合がある。

尚、こうしたヤングゴールドカードは、すでにKKRメンバーズカードや法人ゴールドカードなどを持ってはいるが、提携ゴールドに飽き足らずにプロパーゴールドカードを持ちたいと考える人に好んで持たれている[要出典]

  • ジェーシービー
    • JCB GOLD EXTAGE - 初回更新時に審査の上「JCBゴールド」に切り替えられる[1][2]
  • 三井住友カード
    • 三井住友VISAヤングゴールドカード20s - 30歳以降の最初の更新時に審査の上「三井住友VISAゴールドカード」に切り替えられる[3]
    • 三井住友マスターヤングゴールドカード20s - 30歳以降の最初の更新時に審査の上「三井住友マスターゴールドカード」に切り替えられる。
    • 三井住友VISAプライムゴールドカード - 30歳以降の最初の更新時に審査の上「三井住友VISAゴールドカード」に切り替えられる[4]
    • 三井住友マスタープライムゴールドカード - 30歳以降の最初の更新時に審査の上「三井住友マスターゴールドカード」に切り替えられる。
  • クレディセゾン
    • UCカードヤングゴールド - 30歳以降の最初の更新時に審査の上「UCカードゴールド」に切り替えられる[5]

チタンカード[編集]

チタンカードは、ゴールドカードとプラチナカードの中間に位置付けられるクレジットカードである。

MasterCardの「Titanium MasterCard」[6]がこれに当たり、日本ではシティカードジャパンが「シティ リワードカード」を発行している。

アメリカのクレジットカード会社であるアメリカン・エキスプレス発行の最上位クレジットカード「センチュリオン・カード」はチタン製であるが、チタンカードと呼ばれることは少なく、一般にブラックカードと通称される。

その他[編集]

シティカードジャパンが発行する「ダイナースクラブカード」は、一般カードであるが、ゴールドカード又はそれ以上の位置付けとされる(「ダイナースクラブ」も参照)。

脚註[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ JCB GOLD EXTAGE” (日本語). 2009年12月20日閲覧。
  2. ^ 「JCBゴールド」の申込資格は、原則として20歳以上である。
  3. ^ 三井住友VISAヤングゴールドカード20s” (日本語). 2009年12月20日閲覧。
  4. ^ 三井住友VISAプライムゴールドカード” (日本語). 2010年10月2日閲覧。
  5. ^ 「UCカードゴールド」の申込資格は、原則として25歳以上である。
  6. ^ Titanium MasterCard” (日本語). 2011年10月11日閲覧。

関連項目[編集]