サーフビバレッジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
株式会社サーフビバレッジ
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
151-0051
東京都渋谷区千駄ヶ谷3-60-5
設立 1992年9月3日
業種 食料品
事業内容 清涼飲料水製造販売
代表者 播野 裕史(代表取締役社長
資本金 1億円
従業員数 約170名
外部リンク http://www.surf-bev.com/
テンプレートを表示

株式会社サーフビバレッジとは、サーフブランドの飲料水や各量販店・飲食店のPB商品製造を行っている日本清涼飲料メーカーである。

概要[編集]

この会社の特色としては大手のメーカーとは違い、小規模の商品製造をするため多品種・小ロット生産方式で製品を作っており、必要な時に必要な分だけ生産することにより在庫コストを最小限にすることを実現している[1]。環境面では新エネルギー・産業技術総合開発機構の協力で木材チップを活用したバイオマスエネルギーを山梨工場で使用しており、二酸化炭素を72%削減に成功した[2]

商品[編集]

サーフブランドでは自然水、バナジウム80ウォーター、とうもろこしのひげ茶、緑茶烏龍茶スポーツドリンクを製造してる。その中には消費者庁に許可を得て、ラベルや製造メーカーが一切無い飲料水も販売している[3]

東日本大震災[編集]

2011年3月11日東日本大震災が発生して消費者が買占めにより飲料水が品不足となった。そのため24時間体制で飲料の製造を行い、時には包装資材を被災の被害を受けてない所で調達をするなどをして、宮城県庁福島県双葉町役場ごと一時的に避難したさいたまスーパーアリーナなどに届けた[4]

沿革[編集]

  • 1992年 (株)モスフードサービスの子会社として(株)モスヴィバレッジを設立する。
  • 1995年 (株)モスフードサービスから独立し、現在の(株)サーフビバレッジに社名を変更。
  • 2009年 ISO22000を取得。

工場[編集]

  • 御坂工場
  • 石森工場
  • 山梨工場

脚注[編集]

  1. ^ [1]
  2. ^ [2]
  3. ^ ロケットニュース24
  4. ^ 日本スーパーマーケット協会

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

公式ホームページ