テリヤキバーガー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
モスバーガーのテリヤキバーガー

テリヤキバーガーは、主にテリヤキソースで味付けしたハンバーガーパテを用いた、日本生まれのハンバーガーの一種。1973年モスバーガーで誕生し、日本にあるファーストフードチェーンにおいてはごく一般的なメニューであるほか、日本以外でもサムライバーガーなどの名で販売されていることもあるが、アメリカ資本のハンバーガー店の本国のチェーン店では販売されてはいない。元祖モスバーガーは1989年にアメリカに進出したが、2005年に撤退している。

ここでは、ハンバーグではなく鶏の一枚肉を用いたものや、照り焼き肉のサンドイッチについても記述する。

概要[編集]

日本マクドナルドのメガテリヤキ
バーガーキングのテリヤキワッパー

タレがパンにしみ込みすぎないように、また、味がくどくならないように、レタスを多めに使うなどの工夫がなされている。モスバーガー創業者の櫻田慧が、アメリカで照り焼き風ハンバーグを食べたことがヒントになったという(当時、アメリカでもテリヤキソースが浸透しつつあった)[1]。モスバーガーがチェーンを拡大する上での大きな足がかりとなった大ヒット商品であり、その後、日本マクドナルドを始めとする外資系を含めた他チェーンも追随。日本のファーストフードチェーンでは何処でも見られる商品となった。また、日本国外でも香港マカオのマクドナルドでは将軍バーガー(将軍漢堡)の名で1989年から期間限定で販売され[2]2007年からは通常メニューとして販売されている[3]シンガポールタイのマクドナルドではサムライバーガー(Samurai Burger)の名で販売されている。

モスバーガーでは、レタスの上にマヨネーズが添えられている。また、日本マクドナルドの「てりやきマックバーガー」は2種類のソース(テリヤキソースとスイートレモンソース)を使用しており、それぞれエバラ食品工業ケンコーマヨネーズが製造している。

鶏肉の照り焼きを用いたもの[編集]

モスバーガーでは、ハンバーグではなく直火焼きの鶏の一枚肉を用いたテリヤキチキンバーガーを販売している。

鶏肉の照り焼きを用いたサンドイッチは、日本サブウェイドトールコーヒーなどで販売されている。

また、マクドナルドで期間限定で発売されたてりやきチキンフィレオは揚げたチキンパティをテリヤキソースに潜らせたものなのでこれには当てはまらない。

脚注[編集]

  1. ^ 「モスフードサービス編」日本発の美味しいハンバーガーを!~独自性にこだわるモスの商品戦略~|外食ドットビズ
  2. ^ どこまで知ってる?世界のマクドナルド事情 - 美食の旅(海外)All About
  3. ^ Mcdonald's - 将軍漢堡