ドナルド・マクドナルド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ドナルド・マクドナルド
ドナルド・マクドナルド

ドナルド・マクドナルド(Donald McDonald)はファーストフードチェーン店マクドナルドマスコットであるピエロ。英語での原名はロナルド・マクドナルド(Ronald McDonald)であるが、この項目では日本での正式名称である「ドナルド・マクドナルド」に統一して記述する。モデルは道化師ウィラード・スコットであり、初代ドナルドはウィラード自身が演じた。

概要[編集]

人物像[編集]

タイ王国のマクドナルド。
ロナルドがワイ合掌)をしている。

マクドナルドが1960年代に生み出した。『ファストフードが世界を食いつくす』(2001年)によればアメリカ合衆国の児童の96%は彼を知っており、米国一知られたファーストフードの宣伝キャラである。アメリカではドナルドは人気者。

テレビCMにおいてこのピエロは架空の世界マクドナルドランドに住んでいて、後述の仲間たちと冒険を繰り広げる。近年ではこの「子供じみた」ドナルドは次第に消えていき、日常生活での子供たちとのふれあいが描かれるようになった。途中から等身大のアニメで描かれるようになる。

ドナルドは31の違う言語を使うとされ、日本語北京官話オランダ語タガログ語ヒンディー語などを話す[1]

多くの人々が常勤でドナルドの衣装を着て病院の子供たちを訪れる。またドナルド・マクドナルド・ハウスでは近くの長期療養施設に入院する子供に会いに行く親が宿泊することができる。

ファストフードをめぐる論争で、ドナルドはタバコブランドのキャメルの元マスコットジョー・キャメルになぞらえて批判された[2]

2003年平成15年)8月からドナルドはマクドナルドの「最高幸福責任者 (Chief Happiness Officer) 」に任命された。

2010年(平成22年)5月24日、企業活動の監視を行う非営利団体がマクドナルドに対し、同社名物のピエロのキャラクター「ドナルド」の引退を含む販促活動の自粛を要求した。同団体は、ドナルドなど子供に人気のキャラクターを使ったマクドナルドの販促活動が、不健康な高カロリー食品の需要をあおったと主張。一方マクドナルドは、「ドナルドはバランスがとれた食生活を提案している。彼の存在は永遠だ」として活動自粛要請を拒否した。

1980年代までのマクドナルドのCMではドナルドは頭に帽子をかぶっており、今のイメージとはまったく異なるものであった。

顔のメイクなどは国ごとに違いが見受けられるものの、赤いアフロ、赤と白の縞模様の服、赤くて大きい靴などは万国共通である。

本名・正式名称[編集]

上記のとおり、このマスコットの本名(正式名称)はロナルド・マクドナルドであるが、日本ではドナルド・マクドナルドとなっている。これは、マクドナルドが初めて日本に進出した際、日本人にとって「ロナルド」という単語は発音しにくく「ドナルド」の方が発音しやすいという意見が出たためである。

このため、日本国内ではドナルドダックと混同することがしばしばあるが、近年『トリビアの泉 〜素晴らしきムダ知識〜』で「ロナルド」という本名が紹介された後も、区別をつけるために「ロナルド」と呼ぶパターンはほとんど存在しない[3]

なお、日本マクドナルドは「『ドナルド』と『ロナルド』、どちらも正しい名称である」と公言している[4]。そのため、日本国内でも容器のデザインに関する版権表記の部分などにはロナルド (Ronald McDonald) の表記が見られる。


日本での活動[編集]

ドナルドは子供たちに心と体の元気を伝える存在として全国各地で活動している。その活動内容は主に「ドナルドパーティ」「ハロー!ドナルド」「ドナルドエクササイズ」などがある。

また、テレビCM内でも「毎日朝ごはんを食べるように」、「外で遊ぶように」、「夜は早く寝るように」などの元気で健康な生活を子供たちに呼びかける活動を行っていた。

他に日本マクドナルド社が清水エスパルスのマッチデースポンサーをしたホームゲームではスタジアムのイベントに登場し、試合勝利後に選手とサポーターが一緒になって行う勝ちロコにも参加した。

ドナルドの仲間たち[編集]

ドナルドには以下のような仲間たちがいる。かつてはドナルドと共にハッピーセットおまけの玩具になることも多かったが、近年[いつ?]の日本国内ではほとんど姿を見かけなくなった。

()内は英名・正式名称。

  • メイヤーチーズマック (Mayor McCheese)
    その名の通りチーズバーガーをイメージしたキャラクター。マクドナルドランドの市長。
  • ハンバーグラー (the Hamburglar)(日本語版CM声=肝付兼太)
    ハンバーガーをイメージしたキャラクター。ハンバーガーを盗むイタズラ者という設定。当初は初老の男性でいかにも悪役らしい風貌であったが、1980年代後半に現在の少年の姿になった。(本当は悪い人ではない)なお、"burglar"とは英語で「夜盗」の意。ハンバーガーが大好物。盗みに成功することはないが、CMのラストではいつもハンバーガーをもらって食べている。
  • グリマス (Grimace)
    マックシェイクをイメージした紫色のキャラクター。マックシェイクが大好物。
  • バーディー (Birdie the Early Bird)
    英名に含まれるアーリーバード(Early Bird、意訳: 鳥の早起き)が意味する通り朝マックをイメージしたキャラクター。鳥の女の子。
  • フライキッズ (The Fry Kids)
    マックフライポテトをイメージしたキャラクター。フライガールとフライガイの2つのキャラクターのコンビ名。ポンポンに足が生えたような格好をしている。
  • ビッグマックポリス (Big Mac Police)
    ビッグマックをイメージしたキャラクター。ドナルドにお仕置きされたハンバーグラーを連行する役割。現在は全世界で使用が中止されている。これは警官であるビッグマックポリスがドナルドなどを監視する印象を与えるためと公式説明がされている。

ドナルドのウワサ[編集]

『ドナルドのウワサ』は2004年(平成16年) - 2007年(平成19年)初頭ごろに放送されていたテレビCMのシリーズ。CMではドナルドに関する疑問が提示され、回答はマクドナルドのオフィシャルサイトに掲載されていた。現在は、新CM(ダンスCM)開始で、ドナルドルームがリニューアルしたため、すべて削除されているが、オフィシャルサイトのドナルドのプロフィールページには現在も質問の一部の回答にあたるような文章が存在する。このCMシリーズで、ドナルドに関する様々な事例が明らかになった。

  • ドナルドの髪は、なんで赤いの?
    どこにいても、子供達がドナルドをすぐ見つけ出せるようにするため。なお、初期の髪形は今のアフロヘアーと異なり、帽子をかぶっていた。髪形については、試行錯誤の結果、今のアフロヘアーとなり、「最も気に入っている髪形」という。
    CMはドナルドと子供達が綱引きをしている様子を上から映しており、ドナルドの頭(髪)がクローズアップされるものだった。
  • ドナルドの名字って、マクドナルド?
    「ドナルド」が名前で「マクドナルド」が苗字。ただし、前述の通り日本以外での正式名称は「ロナルド・マクドナルド」である。
    CMは日本プロ野球風にウグイス嬢がドナルドの名前をコールし、それにあわせてオーロラビジョンにドナルドが現れ、最後に投球するものだった。撮影は東京ドームで行われていた。
  • ドナルドは、スポーツにはまってる?
    ドナルドは様々なスポーツをこなす。過去にはシンクロナイズドスイミングや、スキージャンプに挑戦しているCMもあった。
    CMはドナルドがサッカーバスケットボール野球スケートボードをしているものだった。
  • ドナルドって、しゃべるの?
    ドナルドの回答「もちろんさ!ドナルドはお喋りが大好きなんだ。今度一緒に、お話しようよ」
    日本では1990年代前半までは、ドナルドが喋っているCMが多かったが、1990年代末期からドナルドは喋らなくなり、「ドナルド=喋らないキャラクター」という印象が一般的となった。よってこのCMは、喋らないキャラクターという印象を持っている世代には不思議な感覚を与えるCMとなった。
    CMは唯一2種類あった。いずれも野外でベンチに座って本を読んでいるもので、読書中に携帯電話に着信が来てそのまま通話を始め、(着メロi'm lovin' itの曲)最後に「へっはっはっは」と笑っているものと、「この本、前に読んだな……」と独り言をつぶやき、最後にベンチから転倒し「アラー!」と言うもの。 また、この質問も含め、これ以降に掲載している質問に対しては映像でドナルド本人が回答しているほか、冒頭の「ドナルドのウワサ」という部分の赤が明るくなっている。
  • ドナルドは、ダンスにはまってる?
    ドナルドの回答「ドナルドは今、ダンスに夢中なんだ。ほらね、自然に体が動いちゃうんだ」
    なお、マクドナルドのオフィシャルサイト内には「ドナルドエクササイズ」なるダンスが存在するほか、現在は子供と踊るCMが放送されている。
    CMはドナルドが踊りながら鏡の前でポーズを考えているものだった。
  • ドナルドのくつって、なんセンチ?
    ドナルドの回答「ドナルドのくつはね、んーー、これくらい。ハンバーガーが、4個分ぐらいかな」
    「何センチ」と質問しているのに対し、ドナルドは上記のように全く異なる単位で回答しており、結局靴の長さが「何センチ」なのかは未だに不明である。
    ちなみにハンバーガー自体は高さ約5cm(≒2インチ)、直径約10cm(≒4インチ)くらいであるので、推定で高さのことなら約20cm(≒8インチ)くらい、直径のことなら約40cm(≒16インチ)くらいであり、明らかに子供の足より大きいので後者のことだろう。
    CMはドナルドと子供達がフォークダンスをしている様子を足元のみ映しており、ドナルドの足(靴)がクローズアップされるものだった。
  • 「ランランルー」って、なんなんだー?
    ドナルドの回答「ランランルー!ドナルドは嬉しくなると、ついやっちゃうんだ! みんなも一緒にやってみようよ、いくよ! ランランルー!」
    「ランランルー」とは、ドナルドが日本国内の宣伝活動で発している言葉である。なぜ「ランランルー」なのかは不明だが、恐らくは彼が嬉しい気分になった際に発する、掛け声に近い言葉であると思われる。「この言葉を大きな声で叫ぶと、嬉しい気持ちが2〜3倍にもなる」という情報もある[4]
    上記の「ドナルドエクササイズ」の中にもこの動きが取り込まれている。また、2008年10月24日から11月6日まで、ハッピーセットに「ポケモンランランルーラー」(「ランランルー」と「ルーラー(定規)」をかけている)という玩具が付属していた。過去には似たようなものとして「ドナルドマジック」という言葉もあった。
    CMはドナルドと子供達がひたすら「ランランルー!」の掛け声にあわせ、腕を挙げる動作が繰り返されているものだった。

ドナルドに手紙を書こう!![編集]

『ドナルドに手紙を書こう!!』は、マクドナルドのオフィシャルサイトの中の「ドナルドルーム」に掲載されている、ドナルドに手紙を書くコーナー。自分の名前は書くことができるが、質問内容については好きな文章を書くことは出来ない(メッセージ内容などを選ぶ方式)。

画面上の指示に沿ってドナルドへのメッセージ内容を選択すると、ドナルドが音声で返答してくれる。

  • 挨拶
おはよう
「やぁ! おはよう! お手紙ありがとう! ドナルドは今日、早起きしたよ。きみはいつも、何時に起きるの?」
こんにちは
「やぁ! こんにちは! お手紙ありがとう! ドナルドは今日、公園でサッカーをしてあそんだよ。きみはサッカーやるのかな?」
こんばんは
「やぁ! こんばんは! お手紙ありがとう! ドナルドは今日、お花の絵をかいたよ。絵をかくのがとくいなんだ! きみはどんな絵をかくのかな?」
  • メッセージ
ドナルド元気?
「ドナルドはいつも元気いっぱい! 外であそぶのが大好きなんだ。でもね、本をよむのも好きなんだよ。きみはどっちが好き?」
ドナルドは何が好きなの?
「ドナルドは音楽やスポーツが大好き! ダンスもおどるし、スケボーにものれるんだよ。きみはどんなことが好きなのかな?」
ドナルドが大好きだよ!
「ドナルドのことが大好きだなんて、うれしいな!! ドナルドはきみのことも知ってるよ! おどろいた? もちろんドナルドも、きみのことが大好きだよ!!」
ドナルドは今何をしているの?
「ドナルドは今ね〜、歌を作っているんだ! はやくみんなといっしょに歌いたいな!」
ドナルドといっしょに遊びたいな!
「ドナルドも、きみといっしょにあそびたいな!! なにをしてあそぼうか? たのしみだな!」

登場するマクドナルド公式ゲーム作品[編集]

テレビCMのドナルドの声[編集]

参照[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]