ポンポン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ポンポンを使ったブルガリアの飾り

ポンポンは、玉房状の飾りである。服飾の用語としては毛糸やリボン、毛皮などで作った小さな飾り玉のこと。切り玉である。英語ではボンボンとも呼ぶ[1]

玉房状の飾りであるポンポンは室内装飾のほか、キーホルダー携帯ストラップニット帽マフラーシュシュなどにも用いられている。

語源[編集]

一般にはフランス語のpomponからの外来語と考えられている[2][3]。フランス語では、玉房(たま・ぶさ)をポンポン(pompon)と呼ぶ[4]。玉房とは先を丸くした房(ふさ)である。房とは花や実が実り垂れている様子、糸などを束ね先をたらした飾りである[5]

派生[編集]

チアリーダーが使用するポンポン
運動会でのポンポンを使った踊りによる集団演技
ポンポンダリア

上記の用法から派生して、各種の玉房状のものを「ポンポン」と呼ぶことがある[6]

  • チアリーダーが応援などで使用する用具[7]
    • 光沢色あるいは半透明色のポンポンが市販されている。また、スズランテープなどで手作りされることもあり、容易に製作できるようにしたポンポンメーカーも販売されている。
  • ダリアの品種[7]

擬音語・擬態語[編集]

フランス語由来と考えられている上記のポンポンとは別に、日本語では「ポンポン」は物や人の状態をさす擬音語擬態語として用いられる[3]。具体的には「跳ねる音」「無造作に言葉が出る様子」「膨らんだ様子」を指す[7]

また、擬音から派生して、焼玉エンジンを使った小型の船舶は「ポンポン船」と呼ばれる[3][7]

静岡県の方言では、ポンポンはオートバイを指す[8]。詳しくは、本田技術研究所 (旧)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 同文書院『新 田中千代 服飾辞典』
  2. ^ 新村出編『広辞苑』第六版、岩波書店
  3. ^ a b c 日本国語大辞典第二版編集委員会・小学館国語辞典編集部編『日本国語大辞典』第二版、小学館
  4. ^ 大修館書店『スタンダード和佛辞典』
  5. ^ 集英社『国語辞典』
  6. ^ 『現代用語の基礎知識』1999年版、自由国民社
  7. ^ a b c d 講談社『くらしの言葉 擬音擬態語辞典』山口仲美著 p536
  8. ^ 静岡新聞社『えーらしぞーか ―静岡方言誌』