ラシック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ラシック
LACHIC
ラシック(久屋大通沿いから望む)
ラシック(久屋大通沿いから望む)
店舗概要
所在地 460-0008
愛知県名古屋市中区3-6-1
開業日 2005年(平成17年)3月9日[1]
施設管理者 名古屋三越
敷地面積 6,348.80m²
※栄三丁目ビルディングに同じ
商業施設面積 29,000m²[2]
建築面積 5,609.83m²
※栄三丁目ビルディングに同じ
延床面積 69,969.17m²
※栄三丁目ビルディングに同じ
店舗数 170店[2]
駐車台数 281台
最寄駅 地下鉄栄駅名古屋鉄道栄町駅
外部リンク ラシック
栄三丁目ビルディング
Lachic1.JPG
ラシック(大津通沿いから望む)
情報
用途 店舗事務所駐車場[3]
設計者 日建設計[3]
施工 清水建設大成建設鹿島大林組三井住友建設五洋建設大木建設矢作建設工業錢高組[3]
建築主 栄三丁目6番街区市街地再開発組合[3]
構造形式 鉄骨造(一部鉄骨鉄筋コンクリート造鉄筋コンクリート造[3]
敷地面積 6,348.80m²[3]
建築面積 5,609.83m²[3]
延床面積 69,969.17m²[3]
階数 地上14階、地下3階、塔屋1階[3]
駐車台数 281台[4]
着工 2002年7月[4]
竣工 2005年2月[4]
所在地 460-0008
愛知県名古屋市中区3-6-1
備考 第13回愛知まちなみ建築賞受賞[5]
第37回中部建築賞受賞[6]
テンプレートを表示
STUDIO LACHIC

ラシック(LACHIC)とは、愛知県名古屋市中区栄三丁目ビルディング内にある複合商業施設である。三越伊勢丹専門館事業部の店舗。 2014年9月13日福岡三越にラシック福岡天神が開店した[7]

概要・名称の由来[編集]

「ラシック」とは、「自分らしく」という言葉からの造語である。

本来「ラシック」とは最大テナントである名古屋三越の運営部分を指すが、オフィス部分を含むビル全体の愛称としてと呼ぶ場合もある。また、セールなどのプロモーションや広告展開において「三越」の名称は一切使用されていない。ビルは、三越が中心となって設立した栄三丁目6番街区市街地再開発組合が建設と所有を担当している。

三越系列の百貨店直営の専門館では、三越伊勢丹直営の専門館である新宿三越ALCOTT(アルコット)が、百貨店そのものから転換した(かつての三越新宿店)こともあり日本百貨店協会会員店として扱われているが、「ラシック」は会員店としては扱われていない。ただし、百貨店共通商品券は三越営業部分では使うことができる。

沿革[編集]

当地には以前、旧オリエンタル中村栄本店(名古屋三越栄店の前身)の駐車場や大垣共立銀行名古屋支店(現在は同ビル1階・7階に入居)、寺院などがあった。

  • 1988年12月 - 栄三丁目再開発協議会発足
  • 1990年2月 - 栄三丁目地区市街地再開発準備組合設立
  • 1999年2月 - 栄三丁目6番街区市街地再開発準備組合設立
  • 2001年11月 - 都市計画決定
  • 2002年3月 - 組合設立認可
  • 2002年6月 - 権利変換計画認可
  • 2002年7月 - 着工
  • 2005年3月9日 - 栄三丁目ビルディング完成。三越経営の「ラシック」が開店。

周年広告[編集]

毎年3月に迎える周年広告は、年数に掛けた駄洒落と組み合わせたものを使うのが恒例となっている。

  • 2006年 - 1歳(サイ)と掛けて、サイをキャラクターに開業1周年を祝う。
  • 2007年 - 2歳(サイ)ダー!と掛けて、2本のサイダーで開業2周年を祝う。
  • 2008年 - 3歳(さんさい)と掛けて、JR東日本信越本線三才駅が広告に登場し開業3周年を祝う。キャッチコピーは「ここは、ずっと前から三才。ラシックは、今年三才。」(「ここ」とは三才駅のことを指す)
  • 2009年 - 4(ヨン→ヨーン)と掛けて、石垣島を走る東運輸バスの「ヨーン停留所」が広告に登場し開業4周年を祝う。なお「ヨーン」は石垣島の方言で「暗い場所」という意味。
  • 2010年 - 5歳(ゴサイ→ゴーサイ)と掛けて、西郷(サイゴー)隆盛像が広告に登場し開業5周年を祝う。キャッチコピーは「ゴーサイでごわす。」店内には発泡スチロール製の西郷像のレプリカも展示。
  • 2011年 - 6(ロク)ダと掛けて、6匹のラクダをキャラクターに開業6周年を祝う。キャッチコピーは「ろくだ。」
  • 2012年 - 7(ナナ→ニャニャ)周年と掛けて、浅草今戸神社招き猫が広告に登場し開業7周年を祝う。店内には今戸神社の招き猫のレプリカも展示。
  • 2013年 - 8(エイト)と掛けて、フルタ製菓の「ハイエイトチョコ」が広告に登場し開業8周年を祝う。キャッチコピーは「ハイ! エイト。」。店内にはハイエイトチョコの巨大レプリカも展示。なおハイエイトチョコは発売開始から45年を超えている。
  • 2014年 - 9歳(9さ〜い)と掛けて、チャーリー浜をキャラクターに、自身の持ちギャグを使用したキャッチコピー「ごめん9さ〜い♥」で開業9周年を祝う。

店舗[編集]

愛・地球博の開幕に伴って名古屋が世界的に注目される中、名古屋における新たな注目拠点として開店した。

1階にはZIP-FM STUDIO LACHICがあり、ZIP-FMのサテライトスタジオとしてここからも番組が生放送されている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “中部地区外食産業特集:続々誕生中部の新スポット=ラシック/サンシャイン栄”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (2005年4月22日)
  2. ^ a b 2005年3月9日(水) 三越 名古屋新店舗「ラシック」オープン (PDF)”. 株式会社三越伊勢丹. 2014年9月1日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i 栄三丁目ビルディング・LACHIC”. 一般財団法人東海建築文化センター. 2014年9月1日閲覧。
  4. ^ a b c 栄三丁目ビルディング”. 株式会社日建設計. 2014年9月1日閲覧。
  5. ^ 第37回 中部建築賞 受賞作品名”. 一般財団法人東海建築文化センター. 2014年9月1日閲覧。
  6. ^ 第13回愛知まちなみ建築賞”. 愛知県. 2014年9月1日閲覧。
  7. ^ http://www.m.iwataya-mitsukoshi.co.jp/real/news/lachic/

外部リンク[編集]

座標: 北緯35度10分2.9秒 東経136度54分27.9秒