三井家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
三井家
家紋
四つ目結
本姓 藤原北家御子左流庶流
家祖 三井高久
種別 地下人
華族男爵
出身地 近江国
主な根拠地 伊勢国松坂
江戸
山城国
著名な人物 三井高利
支流、分家 三井十一家
凡例 / Category:日本の氏族

三井家(みついけ)は、日本氏族江戸時代の豪商であり、三井財閥の当主の一族。

歴史[編集]

三井家の家伝によると、藤原道長の六男長家の五代孫藤原右馬之介信生近江国に土着し、武士になったのが三井家の始まりとされるが、史料の裏付けはない[1][2]。12代三井出羽守乗定が近江半国守護六角氏から養子高久を迎え、以降六角氏に仕えるようになり、「高」を通字とした。しかし高久の五代孫越後守高安の代、織田信長の上洛によって六角氏とともに三井氏は逃亡し、伊勢国松坂近くの松ヶ島に居住するようになったとされる。

慶長年間には高安の子高俊武士を廃業して松阪に質屋酒屋を開き、商人としての三井家が創業された。屋号の「越後屋」は高安の受領名に基づく。高俊の後は嫡男俊次が継いだが、実際の商売は高俊の妻殊宝が取り仕切り、越後屋を発展させた。寛永年間始め頃江戸本町四丁目に小間物店「越後屋」を開き、後に呉服屋となった。この家は釘抜三井家と呼ばれる。高俊の次男弘重と三男重俊も江戸や松坂で自らの店を開いている。

一方で高俊の四男三井高利は俊次の元で手代同様に働きながら経験を積み、一時は本町四丁目の店を任されるほどになったが、母の看病のため松坂に帰った。しかし俊次の死後1673年(延宝元年)に再起し、長男高平を江戸に送り込んで本町一丁目に呉服屋「越後屋」を出店した。高利自身は本拠を松坂から京に移し、彼の指図で越後屋は急速に業績を拡大し釘抜三井家を上回る大商店へと発展した。1687年(貞享4年)には幕府の納戸御用、1689年(元禄2年)には元方御用を承っている。また両替商もはじめ、1690年(元禄3年)には幕府の為替御用を受けるようになった。こうして高利・高平の北家が三井家惣領の座を確立した。高利は嫡子で10人、庶子1人の男子を儲け、本家と6つの庶家を創設した。しかし高利は死にあたって兄弟中の「身代一致」を遺言し、身代を惣領の指導に基づく兄弟の共有財産とすることで財産の分割を防いだ。この事で三井家は強固な結束を持つ共同組織となり、江戸時代を通じて豪商としての地位を保ち続けた[3]。また、兄弟達は1694年(元禄7年)に、家政家業の統括機関である「三井大元方」を設立するとともに、利益の一部から生活費として賄料が各家に対して支給され各家の家政と三井家の事業の分離が図られた。

北家3代高房以降、代々当主は三井八郎右衛門を名乗った。高房は豪商達の興隆・衰亡を記した『町人考見録』を著して地道な商売の必要性を唱えて大名貸などの派手な取引を禁じている事で有名である。ただし、破産した取引先が持っていた大名貸債権を引き受けさせられたりしたため、三井家と言えども大名貸とは無縁と言うわけには行かなかった。また、高房は贅沢を戒めることも説いているが、皮肉なことに北家と八郎右衛門を継いだ長男高美は美術品の蒐集や信仰していた西教寺への寄進などのために大元方からの多額の負債を抱え、1747年(延享4年)には隠居していた父の意向で八郎右衛門の返上に追い込まれた。その後、出家して実際の高清(後に八郎右衛門を継承)に北家を譲った高美は三井家からの離脱を申し入れるものの、実際には秘かに借財を続けていたことが発覚して、1756年閏11月には義絶(一族からの追放)処分を受けている。もっとも、高美の例は極端なものであり、他の三井諸家でも賄料を越える奢侈な生活によって負債を抱えており、1774年(安永3年)には三井家は3集団(三越越後屋を担う北・新町・家原・長井家と両替店・糸絹問屋を担う伊皿子・室町・南・小石川家と松坂の店舗を担う松坂・鳥居坂・小野田家)に分裂するとともに一族の借財や大名貸による負債を清算した。その後、1797年(寛政9年)に再統合されるものの、その後も一族の借財や内紛は度々発生した[4]

幕末には幕府への上納金で苦しむが、番頭三野村利左衛門の活躍によって危機を乗り切った。維新後は明治政府と接近することで、三井家はさらに成長した。1872年明治5年)には呉服業を分割して金融業の三井組を設立し、1893年(明治26年)に「三井家同族会」と「三井元方」を設立して「三井財閥」の指揮に当たった。1896年(明治29年)に北家当主高棟華族に列せられ、男爵に叙された。また南家当主三井高弘は1910年(明治43年)に、室町家当主三井高保は1915年(大正4年)に男爵となっている。1909年(明治42年)三井元方は三井合名会社となり、1940年(昭和15年)には三井物産と形式的に合併したが、財閥の指導権は当主を議長とする「三井総元方」が握っており、1944年(昭和19年)には本部機能は「三井本社」へと分離された。1946年(昭和21年)9月の財閥解体によって三井家はグループの経営権を失った。以後は三井報恩会などの関連団体の役員などを務めている。

「三井十一家」[編集]

高利の死後、その遺産は嫡男高平以下子供たちの共有とされ、各家は1694年に、家政と家業の統括機関である「三井大元方」を設立すると共に、『宗竺遺書』(江戸時代。宗竺は高平の隠居名)、『三井家憲』(明治以降)の下に、一体となって三井家を盛りたてた。これがいわゆる「三井十一家」である。

江戸時代の三井家は、

  • 長男高平の子孫「北家」
  • 高利の男系子孫
    • 伊皿子家(次男高富の子孫)
    • 新町家(三男高治の子孫)
    • 室町家(四男高伴の子孫)
    • 南家(六男高久の子孫)
    • 小石川家(九男高春の子孫)
  • 女系子孫

の九家から成り、のち、

  • 長井家(高利の四女かちの子孫)、
  • 家原家(北家3代目高房の長女りくの子孫)

が加わって十一家となった。このうち北家・伊皿子家・新町家・室町家・南家・小石川家を「本家」、松坂家・永坂町家・小野田家・長井家・家原家を「連家」と呼び、本家の中でも北家を「惣領家」としていた。

明治に入り小野田家・長井家・家原家は途絶し、代わって、

  • 五丁目家(北家8代目高福次男高尚の子孫)、
  • 一本松町家(伊皿子家6代目高生次男高信の子孫)
  • 本村町家(小石川家7代目高喜次男高明の子孫)

が連家として興った。

代替わりするごとに十一の家同士の血縁が薄くなるのを防ぎ、家間の血縁関係を強固にするため、三井一族同士で結婚するケースも多かった[5]。これは江戸時代からあったが明治以降も三井一族同士による結婚は多い[5]

財閥解体と三井家[編集]

1947年3月14日、内閣総理大臣吉田茂持株会社整理委員会の上申に基づき、三井十一家の当主をいわゆる「財閥家族」に指定した。対象は次のとおりであった。

  • 八郎右衛門高公(北家(惣領家)当主)
  • 高長(たかひさ、伊皿子家)
  • 高遂(たかなる、新町家)
  • 高大(たかひろ、室町家)
  • 高陽(たかはる、南家)
  • 高修(たかなが、小石川家)
  • 高周(たかかね、松阪家)
  • 高篤(たかあつ、永坂町家)
  • 高昶(たかあきら、五丁目家)
  • 高義(一本松町家)
  • 高孟(たかおさ、本村町家)

三井家の親族・姻戚関係[編集]

三井家は十一の家が共同で事業を所有・運営していたため、その親族・姻戚関係は著しく広範囲である。ここでは、明治に入ってからの三井十一家の主要な親族・姻戚関係について述べる。

系譜[編集]

実線は実子、点線(縦)は養子、点線(横)は婚姻関係。
藤原長家
 
 
 
(5代略)
目賀田信俊
 
 
 
 
 
 
 
(2代略)
 
 
 
 
定義 三井信尭1
 
 
 
 
信良2
 
 
 
 
定良3
 
 
 
 
定道4
 
 
 
 
定乗5
 
 
 
 
乗定6
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
定条
 
 
鯰江(三井)高久7[16]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
定仍 鯰江尚昌 三井実忠8
 
 
 
 
 
 
 
 
乗綱 鯰江氏 安隆9
 
 
 
 
 
 
藤堂虎高 高安10
 
 
 
 
 
 
藤堂氏 高俊11
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
高次 高利12
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
高平13 高富 高治 高伴 高久 高春 高賢 高古
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
惣領家 伊皿子家 新町家 室町家 南家 小石川家 松坂家 永坂町家

備考[編集]

東京都中野区上高田に財団法人三井文庫がある。これは、三井家の膨大な社会経済史料を保管するために1965年(昭和40年)設立されたものである。1985年(昭和60年)には同じ中野区上高田に博物館である三井文庫別館が開館した。同館は、2005年平成17年)に中央区日本橋室町三井本館へ移転し「三井記念美術館」と改称された。北家(総領家)伝来品をはじめとする貴重な文化財が収蔵展示されている。

また、東京都港区西麻布(旧・麻布笄町)にあった総領家三井八郎衛門高公邸(1952年(昭和27年)築)は、東京都小金井市にある江戸東京たてもの園に移築され、一般公開されている。

参考文献[編集]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 三井広報委員会:三井家の由来
  2. ^ 『日本の上流社会と閨閥』 52頁。
  3. ^ 『成熟する江戸 日本の歴史 17』 93-94頁。
  4. ^ 賀川隆行「近世商人の同族組織」(初出:『日本の社会史』第6巻(岩波書店、1988年)/改題所収:賀川「三井家の同族組織」『近世江戸商業史の研究』(大阪大学出版会、2012年) ISBN 978-4-87259-392-1 P331-363)
  5. ^ a b 『門閥』 252-253頁。
  6. ^ a b c d 『門閥』 252頁。
  7. ^ 『門閥』 253頁。
  8. ^ a b 『門閥』 254頁。
  9. ^ a b c 『昭和人名辞典 第1巻 東京編』
  10. ^ 『現代天文学講座 別巻 天文学人名事典』 284頁。
  11. ^ a b c 『財界家系譜大観』 第6版 - 第8版
  12. ^ 『閨閥』 320-321頁、324-326頁。
  13. ^ 『門閥』 255頁。
  14. ^ 『閨閥』 320-321頁、324頁。
  15. ^ 『閨閥』 320-321頁、325-326頁。
  16. ^ 六角満綱の3男。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]