文化放送グループ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

文化放送グループ(ぶんかほうそうグループ)とは、株式会社文化放送を中心とする企業グループである。

関連会社[編集]

子会社[編集]

文化放送及びその子会社は、「文化放送グループ」としてフジサンケイグループに名を列ねている[1][2]

  • 株式会社セントラルミュージック
    • 音楽出版ならびにラジオ放送番組制作会社。通称・JCM。
  • 株式会社文化放送開発センター
    • 主な事業
      各種プロメディア販売(番組収録用テープ類・各種データメディア・ケース類等)
      文化放送の学習教室 - 1975年より関東一円で実施している家庭塾のネットワーク。対象は小学校1年生~中学校3年生の国語・算数(数学)・英語(中学)。
      全国共通ゆうえんち券 - 全国加盟の遊園地等の遊戯施設で利用可能の商品券。利用期限あり。
      文化放送ラジオショッピング - 1973年開始のラジオショッピングの草分け的存在。
      ミュージカル体験塾・中国健康講座 - 文化放送主催のカルチャーセンター
  • 株式会社文化放送メディアブリッジ
    • ラジオとインターネットを中心としたクロスメディア事業を行っている。
  • 株式会社文化放送エクステンド[3]
    • ラジオから生まれたコンテンツの収益化事業。

その他関連会社[編集]

フジサンケイグループとの関係[編集]

1967年株式会社フジテレビジョン(現在の株式会社フジ・メディア・ホールディングス)、株式会社産業経済新聞社、株式会社ニッポン放送(株式会社ニッポン放送ホールディングスを経て当時のフジテレビジョンに吸収合併消滅)らとフジサンケイグループを結成しており、文化放送グループもフジサンケイグループの一部とされている。ただし、フジサンケイグループ共通の目玉マークはつけていない。

関連項目[編集]

  • おたっきぃ佐々木(佐々木伸)- 元セントラルミュージック社員でサブカル関係のラジオ番組プロデューサーをしていた人物。現在は独立してフリー
  • フジスタッフ - 源流の一つである旧文化放送ブレーン(のちブレーンドットコム)が当時の同グループ主導で設立(のちエイブルが主要株主に)。
  • 聖パウロ修道会 - 文化放送の母体である日本文化放送協会(NCB)に深く関わり、現会社設立当初から今日に至るまで主要株主として残る。
  • アトミックモンキー - A&Gゾーン関連番組のスタッフ・出演者数名が設立に関与。
  • 株式会社MAGES. - ドワンゴ子会社。文化放送がJCMと共に、ドワンゴと共同で設立したアニメ関連企業「株式会社AG-ONE」を前身とするが、2013年12月2日にドワンゴが全ての株式を買収し、文化放送の関連会社から除外された[5]。現在は文化放送とAnimelo Summer Liveを毎年共催する関係が残っている。また、AG-ONE設立時にJCMより文化放送A&Gゾーン番組(一部除く)の制作が移管されているが、ドワンゴの100%子会社となった現在も制作を担当し続けているかは不明。
  • エス・エム・エス - 看護雑誌ナース専科を発行。ナース専科は、文化放送ブレーンにより創刊され、ブレーンドットコム (21巻3号-21巻11号)→ ディジットブレーン(21巻12号-24巻7号)→ メガブレーン(24巻8号-25巻4号)→ アンファミエ (25巻5号-29巻9号)→ エス・エム・エス (29巻10号-)と発行元を変えている。現在は、文化放送ナースナビで競合関係にある。

脚註[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ フジサンケイグループ一覧” (日本語). 2011年4月25日閲覧。
  2. ^ 文化放送キャリアパートナーズや文化放送iCraftなど他社合弁のその他関連会社は、文化放送グループには含まれるがフジサンケイグループには含まれない。
  3. ^ 文化放送全額出資企業であるが、フジサンケイグループには含まれていない。
  4. ^ ブレーンドットコム株式会社、株式会社ディジットブレーン、株式会社メガブレーン、SBIパートナーズ株式会社を経てSBIホールディングス株式会社に吸収合併し消滅した嘗ての株式会社文化放送ブレーンに代わる位置付けである。
  5. ^ 株式会社MAGES.の株式の取得(子会社化)に関するお知らせ-株式会社ドワンゴ(2013年10月30日)、2013年11月10日閲覧

外部リンク[編集]