カルチャーセンター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

カルチャーセンターは、社会人のための社会教育の機会を提供する民間の教養講座である。カルチャースクール文化教室(ぶんかきょうしつ)とも呼ばれる。1980年代以降に一般的な呼称として定着していった。

概要[編集]

特に新聞社放送局などマスメディアが提供する講座が規模が大きく、教室の数も多い。代表的なものは、産経新聞社の協力で開講した日本初のカルチャーセンター「産経学園」(1955年3月12日開講)をはじめ、朝日新聞社系列の「朝日カルチャーセンター」(1973年11月開講)、NHKの関連企業である「NHK文化センター」(1979年4月開講)、読売新聞グループの「読売文化センターユニオン」(1981年4月開講)などがある。こうした大規模に運営されているものは、講師も大学教授や評判の高い専門家などが多く、生徒数も多い。他にもマスメディア以外の企業(小売業鉄道会社のグループ企業・団体など)や生活協同組合によるもの、カルチャーセンターを専門に手がける企業によるものなどもある。

内容は主に文化史・文学歴史などの教養外国語書道手芸生花絵画陶芸などの美術音楽ダンスヨーガなどの運動が挙げられる。大学や専門学校と違い、就業年限にとらわれず好きなものを短期で学べることが特徴。また世間で評判の話題もいち早くコースのテーマに取り入れられるなど、時代のニーズに対応して、カリキュラムを編成することが出来る。

関連項目[編集]

  • 公民館 - カルチャーセンターなどの呼称を用いるところもある。