広尾町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ひろおちょう
広尾町
日本の旗 日本
地方 北海道地方
都道府県 北海道 十勝総合振興局
広尾郡
団体コード 01642-0
面積 596.16 km²
総人口 7,401
住民基本台帳人口、2014年6月30日)
人口密度 12.4人/km²
隣接自治体 大樹町浦河町様似町
えりも町
町の木 オンコ
町の花 つつじ
他のシンボル 町の鳥 : カモメ
開町記念日 : 9月20日
広尾町役場
町長 村瀬優
所在地 089-2692
北海道広尾郡広尾町西4条7丁目1
外部リンク 広尾町

日本地域区画地図補助 01630.svg

広尾町位置図

― 政令指定都市 / ― 市 / ― 町・村

 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト
広尾町市街地
広尾町中心部周辺の空中写真。1977年撮影の8枚を合成作成。
国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成。
楽古岳より俯瞰する札楽古川のV字谷と十勝港

広尾町(ひろおちょう)は、北海道十勝総合振興局南部にある

町名の由来はアイヌ語の「ピロロ」(陰になったところ)、「ピ・オロ」(石があるところ)、「ピルイ・ペツ」(砥石の川)、「ピラ・オロ」(崖のところ)など諸説ある。

地理[編集]

十勝総合振興局の最南端に位置する。 西部は日高山脈に由来する山岳、東部は太平洋に接する。 地震の多いところである。

  • 山: 野塚岳(1353 m)、楽古岳(1472 m)、十勝岳(1457m)、広尾岳(1231 m)
  • 河川: 豊似川、野塚川、楽古川、広尾川
  • 湖沼:

隣接している自治体[編集]

人口[編集]

Demography01642.svg
広尾町と全国の年齢別人口分布(2005年) 広尾町の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 広尾町
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性
広尾町(に該当する地域)の人口の推移
1970年 13,436人
1975年 11,399人
1980年 11,512人
1985年 11,285人
1990年 10,346人
1995年 9,593人
2000年 8,975人
2005年 8,325人
2010年 7,884人
総務省統計局 国勢調査より

歴史[編集]

経済[編集]

基幹産業は漁業、農業(畑作)、酪農。

十勝港(国の重要港湾)がある。

立地企業[編集]

農協・漁協[編集]

  • 広尾町農業協同組合(JAひろお)
  • 広尾漁業協同組合

金融機関[編集]

郵便局[編集]

  • 広尾郵便局(集配局)
  • 豊似郵便局
  • 十勝野塚郵便局
  • 音調津郵便局
  • 広尾本通簡易郵便局

公共機関[編集]

行政機関[編集]

警察[編集]

姉妹都市・提携都市[編集]

教育[編集]

閉校された学校

  • 音調津小学校 2007/03
  • 音調津中学校 2007/03
  • 野塚中学校 2007/03
  • 広尾第二小学校 2011/03

広尾と広尾第二を統合。旧広尾第二小の校舎を広尾小として継続使用。

交通[編集]

空港[編集]

港湾[編集]

1996年から定期航路として近海郵船のフェリーが寄航していたが、1999年(平成11年)11月に廃止されている。

鉄道[編集]

かつては広尾線が通っていたが、1987年(昭和62年)2月2日に廃止されている。町内には豊似駅野塚駅新生駅広尾駅が設置されていた。

道路[編集]

バス[編集]

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事[編集]

文化財[編集]

道指定有形文化財[編集]

  • 東蝦新道記 - 十勝神社蔵、非公開
  • 円空作観音像 - 禅林寺蔵、非公開

町の文化財[編集]

  • 円空仏「厨子」、広尾学校扁額、トカチ陣屋の井戸枠、十勝神社の石灯籠など有形文化財13件
  • 仙台藩トカチ陣屋跡
  • 杉の樹林地 - 十勝神社

観光[編集]

祭り[編集]

  • つつじ祭り(6月第1日曜日)
  • 十勝港海上花火大会(8月第1土曜日)
  • ふるさと夏まつり(8月14日
  • サンタランドイルミネーション点灯式(11月第2土曜日)
  • サンタの街イルミネーションコンテスト(11月第2土曜日~12月25日)
  • 海鮮山鮮まんぷくまつり(12月第2日曜日)

その他[編集]

出身有名人[編集]

外部リンク[編集]