上士幌町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
かみしほろちょう
上士幌町
日本の旗 日本
地方 北海道地方
都道府県 北海道 十勝総合振興局
河東郡
団体コード 01633-1
面積 694.09 km²
総人口 5,005
住民基本台帳人口、2013年12月31日)
人口密度 7.21人/km²
隣接自治体 新得町鹿追町士幌町
本別町足寄町上川町
北見市置戸町
町の木 しらかば
町の花 すずらん
町の鳥 かっこう
上士幌町役場
町長 竹中貢
所在地 080-1492
北海道河東郡上士幌町字上士幌東3線238番地
外部リンク 上士幌町役場

日本地域区画地図補助 01630.svg

上士幌町位置図

― 政令指定都市 / ― 市 / ― 町・村

 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

上士幌町(かみしほろちょう)は、北海道十勝総合振興局管内の河東郡にある北海道遺産に選定された、「旧国鉄士幌線コンクリートアーチ橋梁群」がある。

町名の由来は、アイヌ語の「シュー・オル・ペツ」(鍋を漬ける川)から。伝説によれば、昔この地に忍び込んだ盗賊が村人に見咎められ、鍋を水に漬けたままで逃げたからという。(山田秀三著 『北海道の地名』より)

地理[編集]

十勝総合振興局北部に位置し、南北に長い地形。 南部は平野が広がり、畑作地帯となっている。 北部は山岳地帯、国道273号三国峠(1,139m)を通じて上川地方と接し、多くの山岳を有する。

隣接している自治体[編集]

人口[編集]

Demography01633.svg
上士幌町と全国の年齢別人口分布(2005年) 上士幌町の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 上士幌町
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性
上士幌町(に該当する地域)の人口の推移
1970年 9,135人
1975年 8,143人
1980年 7,571人
1985年 7,042人
1990年 6,380人
1995年 5,936人
2000年 5,634人
2005年 5,229人
2010年 5,078人
総務省統計局 国勢調査より

歴史[編集]

  • 1931年昭和6年)4月 士幌村(現士幌町)から分村。上士幌村となる。
  • 1954年(昭和29年)4月 町に昇格、上士幌町となる。

経済[編集]

産業[編集]

農業林業酪農が盛ん。 小麦類、馬鈴薯テンサイなどを生産する。

立地企業[編集]

農協[編集]

  • 上士幌町農業協同組合(JA上士幌町)

金融機関[編集]

郵便局[編集]

  • 上士幌郵便局(集配局)
  • ぬかびら源泉郷郵便局

宅配便[編集]

公共機関[編集]

警察[編集]

姉妹都市・提携都市[編集]

教育[編集]

  • 高等学校
  • 中学校
    • 1校(上士幌)
  • 小学校
    • 5校(上士幌、北居辺、北門、糠平、萩ヶ岡)

交通[編集]

空港[編集]

鉄道[編集]

かつては国鉄士幌線が通っていたが、国鉄民営化直前の1987年(昭和62年)3月に廃止されている。

バス[編集]

  • 都市間バス:旭川 - 帯広間の「ノースライナーみくに号」が停車する。町内には、上士幌・ぬかびら温泉・五ノ沢・幌加温泉入口・十勝三股のバス停がある。上士幌バス停から帯広方面および、ぬかびら温泉までの乗車はできない。予約が必要である。所要時間は、上士幌バス停から層雲峡温泉までは約85分、旭川駅前までは約170分である。

道路[編集]

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事[編集]

文化財[編集]

登録有形文化財
  • 旧国鉄士幌線勇川橋梁
  • 旧国鉄士幌線第三音更川橋梁
  • 旧国鉄士幌線第五音更川橋梁
  • 旧国鉄士幌線十三の沢橋梁
  • 旧国鉄士幌線第六音更川橋梁
  • 旧国鉄士幌線音更トンネル
その他
  • 然別湖のオショロコマ生息地 - 道指定天然記念物
  • 「音更山道」碑 - 町の文化財
  • 嶋木遺跡 - 町の文化財
  • 三股永久凍土 - 町の文化財
  • 丸山噴泉塔群 - 町の文化財

レジャー[編集]

観光[編集]

祭り[編集]

  • 北海道バルーンフェスティバル(8月)

その他[編集]

出身有名人[編集]

外部リンク[編集]