清水町 (北海道)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
しみずちょう
清水町
日本の旗 日本
地方 北海道地方
都道府県 北海道 十勝総合振興局
上川郡 (十勝国)
団体コード 01636-5
面積 402.18 km²
総人口 9,946
住民基本台帳人口、2013年12月31日)
人口密度 24.7人/km²
隣接自治体 十勝国上川郡:新得町
河東郡:鹿追町
河西郡:芽室町
沙流郡:日高町
空知郡:南富良野町
町の木 ナナカマド
町の花 スズラン
他のシンボル 町の鳥 : ウグイス
開町記念日 : 10月1日
清水町役場
町長 高薄渡
所在地 089-0192
北海道上川郡清水町南4条2丁目2番地
清水町役場
外部リンク 北海道清水町

日本地域区画地図補助 01630.svg

清水町 (北海道)位置図

― 政令指定都市 / ― 市 / ― 町・村

 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

清水町(しみずちょう)は、十勝管内西部、上川郡にあるである。

町名の由来は、アイヌ語「ペケレペツ」(明るく清らかな川)から。

ベートーヴェン交響曲第9番(第九)を全国町村で初めて合唱した事から「第九の町」としても知られる[1]

地理[編集]

十勝総合振興局西部に位置する。道央と道東の峠である日勝峠の東側に位置する道東玄関口となる町。

隣接している自治体[編集]

人口[編集]

Demography01636.svg
清水町と全国の年齢別人口分布(2005年) 清水町の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 清水町
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性
清水町(に該当する地域)の人口の推移
1970年 16,162人
1975年 14,026人
1980年 13,352人
1985年 13,281人
1990年 12,033人
1995年 11,325人
2000年 10,988人
2005年 10,464人
2010年 9,967人
総務省統計局 国勢調査より

歴史[編集]

経済[編集]

産業[編集]

農業は畑作、酪農が盛ん。

立地企業[編集]

農協[編集]

  • 十勝清水町農業協同組合(JA十勝清水町)

郵便局[編集]

  • 清水郵便局(集配局)
  • 御影郵便局(集配局)
  • 熊牛郵便局
  • 人舞郵便局

宅配便[編集]

公共機関[編集]

警察[編集]

  • 新得警察署清水交番
  • 新得警察署御影駐在所
  • 新得警察署熊牛駐在所

姉妹都市・提携都市[編集]

国内[編集]

医療[編集]

  • 清水赤十字病院
  • 前田クリニック
  • だい内科医院
  • 御影診療所
  • 啓仁会病院

教育[編集]

高等学校
中学校
  • 2校(清水、御影)
小学校
  • 2校(清水、御影)

2004年平成16年)3月に北熊牛、美蔓、2005年(平成17年)3月に松沢、熊牛、下人舞、下佐幌の各校が閉校。

交通[編集]

空港[編集]

鉄道[編集]

バス[編集]

十勝バスによる中心部を走る一般路線バスは廃止されている。

道路[編集]

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事[編集]

レジャー[編集]

  • アイスアリーナ
  • しみず温泉フロイデ
  • 清水公園 ペケレの森

観光[編集]

祭り[編集]

  • 清流祭り
  • 秋祭り
  • まるごとしみず 食の安全・安心まつり

イベント[編集]

  • 冬ほたる
  • 全十勝やきもの市
  • みかげふぇすてぃばる
  • みかげ冬まつり
  • 町民芸術文化祭
  • 芸術文化祭 (御影)
  • みんなの消費生活展
  • 清水元気まつり

食文化[編集]

その他[編集]

出身有名人[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 1980年より5年ごとに開催している
  2. ^ 1935年(昭和10年)12月13日、北海道庁告示第1796号「町制施行」
  3. ^ 同日、総理府告示第486号「町村の廃置分合」
  4. ^ 同年3月22日、北海道告示第366号「境界変更」
  5. ^ 同年6月21日、清水町条例第43号「清水町役場の位置を変更する条例」
  6. ^ 清水町コミュニティバス (PDF)”. 北海道拓殖バス. 2012年9月20日閲覧。

外部リンク[編集]