三国山 (石狩山地)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
三国山
Gthumb.svg
画像募集中
標高 1541.4 m
所在地 日本の旗 日本 北海道北見市
上川郡上川町
河東郡上士幌町
位置 北緯43度35分43秒
東経143度08分47秒
座標: 北緯43度35分43秒 東経143度08分47秒
山系 石狩山地
テンプレートを表示

三国山(みくにやま)は、北海道北見市上川郡上川町河東郡上士幌町の境界にある標高1,541mの山。石狩山地に属する。

概要[編集]

名前の由来は旧制の国名で、北見国石狩国十勝国の3つの国の境界付近にあったため。

三国の境は「北海道大分水点」の標柱が設置されたピークで、日本海に注ぐ石狩川、太平洋に注ぐ十勝川、オホーツク海に注ぐ常呂川の本支流の源流域である。このピークから約300m東が、三角点(点名は「三国嶺」)のある最高地点(1541.4m)である。

登山ルート[編集]

三国峠の下を貫く「三国トンネル」の上川側から、北海道大分水点を経由し最高地点に至るコースがある。

関連項目[編集]