フニクリ・フニクラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
みんなのうた
登山電車

フニクリフニクラ
歌手 デューク・エイセス(*1)
ひばりが丘少年少女合唱隊(*2)
作詞者 ジュゼッペ・トゥルコ
清野協/青木爽(訳詞)
作曲者 ルイージ・デンツァ
編曲者 服部公一
映像 影絵(*1)
アニメーション(*2)
映像制作者 かかし座(*1)
福島治(*2)
初放送月 1961年4月 - 5月(*1)
1970年6月 - 7月(*2)
再放送月 2006年6月 - 7月(*2、ラジオ)
2006年9月5日
2006年12月28日
2007年1月3日(以上*2、懐かし
2013年4月 - 5月(*2)
テンプレートを表示

フニクリ・フニクラ」(ナポリ語: Funiculì funiculà)はイタリアの古い大衆歌謡。

概要[編集]

1880年ヴェズーヴィオ山の山頂までの登山電車ケーブルカー、イタリア語では「フニコラーレ(Funicolare)」)の「ヴェズヴィアナ鋼索線イタリア語版」が敷設されたが、当初は利用者が少なかった。そこで、運営会社が宣伝曲を作ることを考え、同社の依頼を受けた作曲家のルイージ・デンツァが作曲し、ジャーナリストのジュゼッペ・トゥルコイタリア語版1846年 - 1907年)が作詞したのがこの曲である。世界最古のコマーシャルソングともいわれる。フニクリ・フニクラは、このフニコラーレの愛称である。

この曲を聞いたリヒャルト・シュトラウスは、これがイタリアに古くから伝わる民謡であると勘違いし、1886年に作曲した交響的幻想曲『イタリアから』(Aus Italien) に「フニクリ・フニクラ」のメロディーを取り込んでしまった。それを知ったデンツァはシュトラウスを訴えて勝訴し、以降この曲が演奏されるごとにシュトラウスはデンツァに対して著作権料を支払っていた。またニコライ・リムスキー=コルサコフも「ナポリの歌」という名前で管弦楽曲に編曲している。アルフレード・カゼッラが「イタリア 作品11(1909)」で原曲の和声も改変し、編曲した箇所がある。

なお題材となったフニコラーレは1944年に起きたヴェズーヴィオ山の噴火によって破壊され、運行を終了した。

歌詞[編集]

歌詞はナポリ語で書かれている。内容は、男性が登山鉄道に乗りつつ意中の女性に告白するかどうか悩んでおり、なかなか決断できないでいる、というものである。

日本におけるフニクリフニクラ[編集]

日本語版歌詞は1961年4月に開始して間もない『みんなのうた』で紹介された、青木爽清野協による訳詞のものが知られる。登山電車のコマーシャルソングとしての原作の意図に忠実なものである。なお当初は「登山電車」というタイトルで放送されていたが、1970年6月にリメイクされた時に、原題通りの「フニクリ・フニクラ」と改題された。

この結果、(原則としてコマーシャルを放送しない)内幸町時代のNHKがCMソングを放送したような格好となっている(「ちゃっきり節」も同様)。

そのほかに1929年二村定一が「となり横丁」(作詞:時雨音羽)の題で吹き込んだり、子ども向けの替え歌として鬼の穿いているパンツが丈夫であることを歌っている「鬼のパンツ」という歌がある(1980年田中星児がシングル曲として発売)。この「鬼のパンツ」はJASRACには作詞者不詳として登録されており、『おかあさんといっしょ』でも「作詞者不明」として紹介されたが、2010年12月22日に発売された『いないいないばあっ!』のDVD『どうよういっぱい!』には田中が作詞者としてクレジットされている。尚、「鬼のパンツ」の歌詞は1976年に発行された少女漫画雑誌『週刊フレンド』に連載されていた漫画『はいからさんが通る[1]』に掲載されており、少なくとも1976年より以前に歌詞は存在していた事が確認できる。当漫画は時事ネタが多いので1975年から1976年にかけて何らかの形で放送されていたのを作者大和和紀が気にいってコマに入れたと思われる。

テレビ番組・CMなどへの曲の利用[編集]

以下は、替え歌として使われている。

脚注[編集]

  1. ^ はいからさんが通るコミック第6巻118ページ参照(1977年2月15日)初版。雑誌掲載は1976年22号〜1977年4号で何れも昭和51年に発売された

関連項目[編集]