代々木公園駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
代々木公園駅
4番出入口(2010年5月)
4番出入口(2010年5月)
よよぎこうえん - Yoyogi-koen
C 01 代々木上原 (1.0km)
所在地 東京都渋谷区富ヶ谷一丁目3-9
駅番号 C 02
所属事業者 東京地下鉄(東京メトロ)
所属路線 C 千代田線
キロ程 20.9km(綾瀬起点)
電報略号 ヨキ
駅構造 地下駅
ホーム 1面2線
乗降人員
-統計年度-
23,581人/日
-2013年-
開業年月日 1972年昭和47年)10月20日
代々木八幡方面改札(2005年6月12日)

代々木公園駅(よよぎこうえんえき)は、東京都渋谷区富ヶ谷一丁目にある、東京地下鉄(東京メトロ)千代田線である。駅番号C 02

歴史[編集]

  • 1962年昭和37年) - 都市交通審議会答申第6号において、東京8号線が規定される。
  • 1964年(昭和39年)12月6日建設省告示3379号で、第6号答申の東京8号線は東京9号線として確定し、代々木八幡駅(仮称)の設置が正式に決定。
  • 1972年(昭和47年)10月20日 - 帝都高速度交通営団(営団地下鉄)千代田線、霞ケ関 - 当駅間開通により、千代田線の終着駅「代々木公園駅」として開業。小田急電鉄代々木八幡駅との乗換業務を開始。
  • 1978年(昭和53年)3月31日 - 営団地下鉄千代田線、当駅 - 代々木上原間開業。千代田線の途中駅となる。小田急電鉄代々木八幡駅との連絡運輸を解消。
  • 2004年平成16年)4月1日 - 営団地下鉄民営化。当駅は東京メトロに継承。

駅構造[編集]

島式ホーム1面2線を有する地下駅。ホーム全体が若干湾曲している。当駅の明治神宮前寄り・代々木公園の直下には留置線がある。明治神宮前寄りには両渡り線があり、留置線への出入庫や、輸送障害で代々木上原駅での折り返しができない場合に使われる。

のりば[編集]

番線 路線 行先
1 C 千代田線 代々木上原唐木田方面
2 C 千代田線 大手町北千住綾瀬取手方面

駅構内設備

  • 改札口は地下1階に2か所(西側代々木八幡方面出入口1と東側外代々木公園方面出入口2 - 4)、ホームは地下2階にある。
  • トイレは地下1階両側改札外にある。八幡口方面には多機能トイレが併設されている。
  • エレベーターはホーム階から改札階、改札階と地上間に設置されている。地上の出入口は代々木公園側の4番出入口脇にある。
  • エスカレーターは地下1階西側と地下2階を連絡している。

利用状況[編集]

2013年度の1日平均乗降人員は23,581人である[1]。近年の1日平均乗車人員推移は下表のとおり。

年度 一日平均
乗車人員
出典
1992年 8,959 [2]
1993年 8,910 [3]
1994年 8,789 [4]
1995年 8,656 [5]
1996年 8,625 [6]
1997年 8,699 [7]
1998年 8,622 [8]
1999年 8,708 [9]
2000年 8,926 [10]
2001年 9,014 [11]
2002年 9,142 [12]
2003年 9,440 [13]
2004年 9,545 [14]
2005年 9,707 [15]
2006年 9,981 [16]
2007年 10,210 [17]
2008年 10,542 [18]
2009年 10,748 [19]

駅周辺[編集]

出入口1

出入口2

出入口4

バス路線[編集]

駅付近にある井ノ頭通り上の代々木公園駅富ヶ谷が最寄り停留所となる。東京都交通局京王バス東により運行される以下の路線が発着する。

代々木公園駅

富ヶ谷

隣の駅[編集]

東京地下鉄
C 千代田線
代々木上原駅 (C 01) - 代々木公園駅 (C 02) - 明治神宮前〈原宿〉駅 (C 03)

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]