アベル・フェラーラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アベル・フェラーラ
Abel Ferrara
Abel Ferrara
第61回カンヌ国際映画祭にて (2008年
別名義 ジミー・レイン
生年月日 1951年7月19日(63歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニューヨーク
民族 イタリア系アメリカ人
職業 映画監督脚本家
活動期間 1971年 -
公式サイト Abel Ferrara.com
主な作品
バッド・ルーテナント/刑事とドラッグとキリスト

アベル・フェラーラAbel Ferrara, 1951年7月19日 - ) は、アメリカ合衆国映画監督

来歴[編集]

アベル・フェラーラ (2008年

1951年7月19日ニューヨークブロンクス区イタリア系アメリカ人として生まれ、カトリックの家庭で育った。10代の頃からスーパー8mmフィルムを使って映画を自主製作していた。

1970年代から数本の短編映画を製作した後、1976年に初の長編となったポルノ映画『エレクトガール』を発表した。2作目のスプラッター映画『ドリラー・キラー』(1979年)と3作目のスリラー映画『天使の復讐』(1981年)は批評家に高く評価された。以後、カルト映画の監督として名を馳せていった。

その後、1992年ハーヴェイ・カイテルを主演に起用した『バッド・ルーテナント/刑事とドラッグとキリスト』が第45回カンヌ国際映画祭ある視点部門に出品され、国際的に注目されるようになった。同作は2009年ヴェルナー・ヘルツォーク監督、ニコラス・ケイジ主演で『バッド・ルーテナント』としてハリウッドでリメイクされた。1993年には『ボディ・スナッチャーズ』が第46回カンヌ国際映画祭、『スネーク・アイズ』が第50回ヴェネツィア国際映画祭のコンペティション部門にそれぞれ出品された。1995年の『アディクション』は第45回ベルリン国際映画祭に出品された。翌1996年の『フューネラル』は第53回ヴェネツィア国際映画祭で国際カトリック映画事務局賞を受賞し、1998年の『ニューローズ・ホテル』も第55回ヴェネツィア国際映画祭で2つの賞を受賞した。

2005年ジュリエット・ビノシュフォレスト・ウィテカーを起用した『マリー ~もうひとりのマリア~』が第62回ヴェネツィア国際映画祭審査員特別賞を受賞した。

2011年ロカルノ国際映画祭名誉豹賞を受賞した。2014年ウィレム・デフォーを主演に、ピエル・パオロ・パゾリーニの最期の一日を描いた『Pasolini』 を発表。第71回ヴェネツィア国際映画祭のコンペティション部門で上映された。

監督作品[編集]

長編映画のみ記載。
  • エレクトガール 9 Lives of a Wet Pussy (1976年)
  • ドリラー・キラー The Driller Killer (1979年)
  • 天使の復讐 Ms. 45 (1981年)
  • 処刑都市 Fear City (1984年)
  • グラディエーター/怒りの爆走 The Gladiator (1986年) テレビ映画
  • クライム・ストーリー Crime Story (1986年) テレビシリーズの一話
  • チャイナ・ガール China Girl (1987年)
  • The Loner (1988年) テレビ映画
  • キャット・チェイサー Cat Chaser (1989年)
  • キング・オブ・ニューヨーク King of New York (1990年)
  • バッド・ルーテナント/刑事とドラッグとキリスト Bad Lieutenant (1992年)
  • ボディ・スナッチャーズ Body Snatchers (1993年)
  • スネーク・アイズ Dangerous Game (1993年)
  • アディクション The Addiction (1995年)
  • フューネラル The Funeral (1996年)
  • ブラックアウト The Blackout (1997年)
  • ニューローズ・ホテル New Rose Hotel (1998年)
  • クライム・クリスマス ~ニューヨークの白い粉~ 'R Xmas (2001年)
  • マリー ~もうひとりのマリア~ Mary (2005年)
  • Go Go Tales (2007年)
  • Chelsea on the Rocks (2008年) ドキュメンタリー
  • Napoli, Napoli, Napoli (2009年)
  • Mulberry St. (2010年) ドキュメンタリー
  • 4:44 地球最期の日 4:44 - Last Day on Earth (2011年)
  • Welcome to New York (2014年)
  • Pasolini (2014年)

外部リンク[編集]