バッドサンタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バッドサンタ
Bad Santa
監督 テリー・ツワイゴフ
脚本 グレン・フィカーラ
ジョン・レクア
製作 サラ・オーブリー
ジョン・キャメロン
ボブ・ワインスタイン
製作総指揮 イーサン・コーエン
ジョエル・コーエン
出演者 ビリー・ボブ・ソーントン
トニー・コックス
ローレン・グレアム
バーニー・マック
ブレット・ケリー
音楽 デヴィッド・キティ
撮影 ジェイミー・アンダーソン
編集 ロバート・ホフマン
配給 アメリカ合衆国の旗 ディメンション・フィルムズ
日本の旗 ワイズポリシー
公開 アメリカ合衆国の旗 2003年11月26日
日本の旗 2004年12月4日
上映時間 91分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $23,000,000[1]
興行収入 $76,488,889[1]
テンプレートを表示

バッドサンタ』(原題: Bad Santa)は、2003年製作のアメリカ合衆国の映画

サンタに仮装した中年ダメ男が繰り広げるブラック・コメディ。監督はテリー・ツワイゴフ。製作総指揮プロデューサーはコーエン兄弟。日本では劇場公開時PG-12指定になっている。

あらすじ[編集]

ウィリー・T・ストークス(ビリー・ボブ・ソートン)は前科一犯、離婚歴二回、重度のアルコール依存症で酒に溺れる毎日を送る中年男。収入源は金庫破りで、毎年クリスマスには相棒のマーカス(トニー・コックス)とショッピングモールに侵入して大金を盗み出す。11万ドルの現金を盗んだその夜、ウィリーは引退を決意。酒をやめて結婚し、まともな商売を始めようとマイアミに移り住む。翌年の12月、案の定マイアミ・ビーチで酒に溺れ借金まみれの生活を送っていたウィリーは、マーカスのオファーであっさり泥棒に復帰。 2人はアリゾナ州フェニックスのとあるショッピングモールで、サンタの仕事に就く。そこへ現れた少年・サーマンは、ウィリーを本物のサンタと信じ込み付きまとうようになる。ひょんなことからウィリーは、サーマンの家に勝手に居候を始める。

スタッフ[編集]

  • 監督:テリー・ツワイゴフ
  • 製作総指揮:イーサン・コーエン、ジョエル・コーエン
  • 製作:サラ・オーブリー、ジョン・キャメロン、ボブ・ワインスタイン
  • 脚本:グレン・フィカーラ、ジョン・レクア
  • 音楽:デヴィッド・キティ
  • 撮影:ジェイミー・アンダーソン

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ウィリー・T・ストークス/サンタ ビリー・ボブ・ソーントン 磯部勉
マーカス/エルフ トニー・コックス 高木渉
少年(サーマン・マーマン) ブレット・ケリー 坂本千夏
スー ローレン・グレアム 水谷優子
ジン・スラゲル(警備主任) バーニー・マック 大塚芳忠
ボブ・チペスカ(マネージャー) ジョン・リッター
  • 日本語吹替スタッフ
演出:蕨南勝之、翻訳:徐賀世子、制作:HALF.H.P.STUDIO

豆知識[編集]

  • アメリカのショッピングモールは、毎年クリスマスの時期にサンタクロースの家が設置される。子どもたちはサンタの膝に乗って写真撮影をしたり「何が欲しい?」と聞かれるのが定番になっている。
  • ビリー・ボブ・ソーントンは酒を飲むシーンが多々あったせいか撮影中、何度も酔っぱらってしまったと話している。
  • ボブ役のジョン・リッターは撮影直後に他界。最後のクレジットで「この映画をジョン・リッターに捧げる」と旨が記されている。

参考文献[編集]

  1. ^ a b Bad Santa”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2012年9月23日閲覧。

外部リンク[編集]