スリング・ブレイド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スリング・ブレイド
Sling Blade
監督 ビリー・ボブ・ソーントン
脚本 ビリー・ボブ・ソーントン
製作 ブランドン・ロッサー
デヴィッド・L・ブシェル
製作総指揮 ラリー・メイストリッチ
出演者 ビリー・ボブ・ソーントン
ルーカス・ブラック
音楽 ダニエル・ラノワ
撮影 バリー・マーコウィッツ
編集 ヒューズ・ウィンボーン
配給 アメリカ合衆国の旗 ミラマックス
日本の旗 アスミック
公開 アメリカ合衆国の旗 1996年11月27日
日本の旗 1997年12月20日
上映時間 135分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $1,000,000[1]
興行収入 $24,444,121[1]
テンプレートを表示

スリング・ブレイド』(Sling Blade)は、1996年制作のアメリカ映画。ビリー・ボブ・ソーントンが一人舞台として制作し、後に短編映画が製作され、さらにこの長編映画が製作された。ソーントンはこの作品でアカデミー脚色賞を受賞した。

ストーリー[編集]

カイザー・ナイフとも言われるスリング・ブレイドで、自分の母親とその愛人を殺害し病院に入れられたカールは、拘束期間が過ぎ退院することになった。

故郷に戻った彼は、フランクという少年と知り合う。フランクと別れ、町を散策した後病院に戻る。院長のウールリッジは、そんな彼を見て知り合いの修理屋に紹介してくれることになった。町に戻ったカールは、再びフランクと会い、2人でスーパーに行く。カールはそこで店長のヴォーンと、フランクの母親のリンダと会う。フランクから事情を聞いたリンダは、カールが家に泊まることを承諾した。フランクと町を散策し、リンダの愛人であるドイルが粗暴であることやヴォーンがゲイであることを聞く。リンダの家を訪れたカールは、ドイルに会う。ドイルは詩人のモリスたちを招くが、酒に酔った彼はモリスたちを追い出し、リンダに手を上げる。ヴォーンたちは、ドイルを追い出す。次の日、リンダからスーパー店員のメリンダを紹介される。

フランクと散歩に出かけたカールは、両親に弟を捨てさせられたことをフランクに言う。フランクとフットボールをした後、カールは自分の生家に行き、父親と会う。父親に弟を殺した理由を聞き、その後、弟を供養する。次の日、洗礼を受けたカールだったが、ドイルに家を追い出される。カールはリンダやフランクたちに挨拶をしたあと、スリング・ブレイドを持ってリンダの家を訪れる。ドイルに警察の呼び方を聞いた後、彼を殺害し、カールは再び病院に送られることとなった。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
カール・チルダース ビリー・ボブ・ソーントン 山本龍二
フランク・ウィートリー ルーカス・ブラック 内澤祐豊
リンダ・ウィートリー ナタリー・キャナディ 宮寺智子
ドイル・ハーグレイヴズ ドワイト・ヨアカム 手塚秀彰
チャールズ・ブッシュマン J・T・ウォルシュ 佐々木勝彦
カールの父親 ロバート・デュヴァル 中庸助
ヴォーン・カニンガム ジョン・リッター 福田信昭
ウールリッジ ジェームズ・ハンプトン
ファーストフード店の店員 ジム・ジャームッシュ 牛山茂

出典[編集]

  1. ^ a b Sling Blade (1996)” (英語). Box Office Mojo. 2010年9月28日閲覧。

外部リンク[編集]